• 製品ニュース
  • 特殊機能紙
  • 保護紙
  • 画材用紙
  • エレクトロニクス関連
  • その他
  • 製品Q&A
  • オススメ製品
HOME製品情報オススメ製品>紙とデザイン02

オススメ製品

紙とデザイン 第2回(2009.06.30) ▲オススメ製品トップへ
New特レーブル輝き×ブックデザイン 新上ヒロシ氏をたずねて 2/3 輝き×『聖☆おにいさん』の「聖(セイント)感」

『聖☆おにいさん』の「聖(セイント)感」


『聖☆おにいさん』は下界に降りた聖人イエスとブッタが、若者として立川で暮らすコメディです。
衝動買いを得意とする無邪気なイエスと、質素倹約を旨とするしっかり者のブッダの「バカンス」が1話読み切りでつづられています。

このシリーズのカバー用紙に「New特レーブル輝き」のシルバーが使用されています。採用の経緯をたずねました。

「聖(セイント)感」がある紙にしよう、ということでパール紙に注目しました。候補はベルネ、きらびき、そしてNew特レーブル輝き。漫画家さん編集さんと僕、「これだ!」と指したのが「輝き」でした。

主人公のブッダとイエスはすっとぼけているけど、聖人で、なんというか品の良さがあるんです。その「聖なる」感じを出したかったので、しっとりとした手ざわり、光り方も特別な感じがする「輝き」に全会一致で(笑)決まりました。

帯も「輝き」を使っています。
1巻目のデザインが、「聖」の字を下に配置しているので、帯もデザインの一部になっています。というわけで必然的に「輝き」を使うことになりました。

「輝き」を用いて狙った効果を教えてください。
やっぱり「聖(セイント)感」を…。
セールス的なことを言うと、書店でまわりの本は大体PP加工の中、パール紙は目立つんですよ。マンガ本は、ほとんどビニール袋でシュリンクされています。その中でパール紙はキラキラ目立ちます。

▲New特レーブル輝き
光の角度によってパール感が変化。色はシルバー・ゴールド・アクアブルー。

▲中村 光『聖☆おにいさん』 1巻
講談社 モーニングKC

▲中村 光『聖☆おにいさん』 2巻
講談社 モーニングKC

New特レーブル輝きの印刷や加工について

印刷や加工についてたずねました。

印刷はオフセット印刷でした。乾きは、若干おそいというくらい。折り作業については、紙目に逆らわなければ割れません。

発色にはこだわりました。各巻テーマカラーを決めていて、1巻は赤の発色を狙いました。マンガのカラーでは肌の色をよくするため、特色で蛍光ピンクを使うのですが、赤色の下に蛍光ピンクをひきました。



特殊紙にもかかわらず、色校は2回の校正でOKを出せたそうです。



(3へつづく)

▲中村 光『聖☆おにいさん』 3巻
講談社 モーニングKC

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル6階
TEL : 03-3273-8516 FAX : 03-3273-8518