• 製品ニュース
  • 特殊機能紙
  • 保護紙
  • 画材用紙
  • エレクトロニクス関連
  • その他
  • 製品Q&A
  • オススメ製品
HOME製品情報オススメ製品>紙とデザイン02

オススメ製品

紙とデザイン 第2回(2009.06.30) ▲オススメ製品トップへ
New特レーブル輝き×ブックデザイン 新上ヒロシ氏をたずねて  1/3 マンガとブックデザイン

本の手ざわり・見た感じ


ブックデザイン―とくにマンガ―の分野で活躍する新上ヒロシ氏。『モーニング・ツー』等のマンガ雑誌や、単行本の仕事が8割を占めるそうです。もともとマンガが大好きで、現在の事務所も江戸川橋という「マンガ文化圏」。


そんな新上氏にマンガのブックデザインについて伺いました。

  以前は、(マンガの単行本は)定型のスタイルがあって、たとえばカバーの紙はPP(ポリプロピレン)がけ、ビジュアルはタイトルとイラスト、出版社のロゴ…とフォーマットがありました。もとは編集者さんの仕事だったんだと思います。

特殊紙を使ったブックデザインは近年始まったばかりだそうです。どんな作品を手がけたのでしょうか?
たとえば、『新・ブラックジャックによろしく』です。カバーに触ったとき「白衣の感じ」が出るよう紙を選びました。目をつぶって触ってみてください(笑)。 「ミニッツGA」という細かい菱形エンボス紙にUV印刷でインクを盛りました。

『とろける鉄工所』は、カバー用紙に「OKいしかり」を使用し、印刷で見た目を「ダンボール」にしています。この本はとても軽く作っているんですよ。デザインはチェコのマッチ箱をイメージしています。

このカバーにはチェコ語で「生産するときは大量に!=量産第一!」というスローガンが書かれています。

▲ 講談社『モーニング・ツー』

▲佐藤秀峰『新・ブラックジャックによろしく』
6巻 小学館 BIG COMICS special

▲野村宗弘『とろける鉄工所』2巻
 講談社 イブニングKC

マンガのブックデザイン〜最初の読者として

どのようにデザインするのか、手順を聞きました。

僕は全部読んで、そして打ち合わせにのぞみます。常にあらゆるマンガ雑誌が送られてくるので、届いたらすぐに目を通しています。ほぼ毎日、いろんなジャンルのマンガを読んでいます。日頃からマンガに触れている、というのが、デザインの最初の手順かもしれません。

まず編集さんと打ち合わせます。漫画家さんと直に打ち合わせさせてもらうこともあります。主にどんなイラストを描いてもらうかですが、カバーの用紙なども決めます。漫画家さんに「この紙がイイ」と言ってもらうと通りやすいです(笑)。

単行本はカバーからデザインを始めます。それを基本に表紙、帯、扉、本文、奥付、予告へと進めます。とくにモーニングは本作りにこだわっているので、編集さんの力の入れ方はすごいです。たとえば本文中に「週刊誌」の絵が出てくると、原稿の段階でそこが空白になっていて、架空の表紙や本文のレイアウトをすることもあります(笑)。

ブックデザインについて新上氏のこだわりについて伺うと。
やっぱりそのマンガを読むことから、でしょうね。最初の読者として、「おもしろい!」「こわい!」「かなしい!」などのひっかかりを形にしていこうと思っています。

(2へつづく)

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル6階
TEL : 03-3273-8516 FAX : 03-3273-8518