• 製品ニュース
  • 特殊機能紙
  • 保護紙
  • 画材用紙
  • エレクトロニクス関連
  • その他
  • 製品Q&A
  • オススメ製品
HOME製品情報オススメ製品>紙をまもる01

オススメ製品

紙をまもる 第1回(2008.04.01) ▲オススメ製品トップへ
AFハードボードでつくってみよう 2/3カイルラッパーの作り方

用意するもの

■材料
・AFハードボード(厚さ0.45mm)・両面粘着テープ
■道具
・カッター ・定規 ・カッターマット ・ヘラ(または目打ち) ・鉛筆 ・はさみ

(1)採寸

本の天地(H)、幅(W)、厚み(T)を定規で測ります。
*それぞれの寸法のもっとも大きなところを測定値とします。
 図中のαは材料ボードの厚みです。

(2)測定値をもとに、紙に印をつける



「内ぶた」「外ぶた」になる紙をつくります。図のように、測定値をもとに紙に印をつけます。
*「紙の目」の向きに注意してください。

(3)切り取る

太線と赤い部分を切り取ります。


▲用意するもの










折り曲げやすい方向に紙の目があります。











【ポイント】 ボードに折りスジを入れる前に「目打ち」で印をつけ、実際に本を乗せてみて、間違いがないか確かめてください。

(4)折りスジをつける

ヘラで折れスジをつけてゆきます。


(5)2つの紙を接着する

(2)の図の「内ぶたになる紙」の黒い部分に両面粘着テープをつけ、「外ぶたになる紙」を接着します。


(6)折り曲げる

上の図の①〜④の順番に折り曲げ、完成です。

①と②を折る ③と④を折る
④を内ぶたと外ぶたの間にはさむ 完成


(パンフレット製本は3へ)

【ポイント】
紙が堅くて「ヘラ」で折れスジを入れにくい場合は、「目打ち」を利用します。「目打ち」は寝かせながらスジを引くと、きれいに折れ線を入れることができます。










【ポイント】
2枚のボードを十字に重ね、本を上に置き、位置を確かめます。本をヨコに少しずらして、(本の重みで2枚のボードを固定したまま)両面テープの剥離紙をはがします。

〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1 ユニゾ八重洲ビル6階
TEL : 03-3273-8516 FAX : 03-3273-8518