TTトレーディング: 2016年4月アーカイブ

indexb160430.jpg

 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載の第3回が歴史史料ネットワークのブログに掲載されました。記録映画『フィレンツェのために』を通じてアルノ川の氾濫の翌日の様子を語っています。

 

1966114日、フィレンツェ」の第3回「天使の誕生」:

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-03/

1966114日、フィレンツェ」の第2回「あふれた川-114日」:

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-02/

1966114日、フィレンツェ」の第1回:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2016/01/1966114.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

Defaultb160428.jpg

 

日本図書館協会の図書館災害対策委員会が熊本地震による被災図書館の方へ、安全確保後の施設・資料の保全、サービスの再開について注意するポイントを掲載しています。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

<被災図書館の方へ>

図書館内の点検

資料の保全

復旧作業・資料レスキュー

市民の読書環境の確保、サービスの再開

震災の記録

<被災地周辺地域の図書館の方へ>

 防災マニュアルや事業計画を確認しましょう

 余震に注意し、防災・減災の対策をとりましょう

 貴重資料は中性紙の保存箱や封筒に入れるなどして安全な場所に置きましょう

<図書館の地震対策の参考になる図書>

<リンク>

<ご相談は>

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日本図書館協会 図書館災害対策委員会:

http://www.jla.or.jp/committees//tabid/600/Default.aspx

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

SCN_0001160428.jpg

 

「東京大学経済学部資料室年報」第6号(平成27年度)が刊行されました。東京大学経済学図書館で閲覧することができます。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

論説

 シラバスからみた米国の資料保存教育 上田修一

 東京大学経済学図書館が所蔵する神聖ローマ皇帝カール6世による同職組合規則の認可証について:モノとして、また史料としてみる西洋古文書 森脇優紀

 ベトナムの神勅: 九州国立博物館所蔵資料の概要と基礎データ 矢野正隆

 

研究ノート

近世雁皮「複層紙」の復元実験研究 小島浩之・森脇優紀・本多俊彦

海外報告

 York Antiquarian Book Seminar2015参加記 森脇優紀

資料紹介

 門多道別洋行日誌 小島浩之

彙報

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「東京大学経済学部資料室年報」第6号(平成27年度)」(非売品)

発行日: 2016331

編者: 東京大学経済学部資料室

発行者: 東京大学経済学部資料室

http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=6376

判型: A4版、90

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

school160425.jpg

 

一橋大学では、西洋社会科学古典研究、西洋書誌学、西洋社会科学古典資料の保存・管理などをテーマに、第17回西洋古典資料講習会を2016629日(水)~71日(金)に開催。受講希望者を募集しています。定員は10名です。

 

会場は、一橋大学(東京都国立市中2-1)です。

受講料: 12,000

応募締切日: 2016513日(金)必着。

受講対象者: 国公私立大学図書館及び大学その他研究機関に所属する者で、西洋古典資料の

整理または調査研究に従事している者。ただし、応募者多数の場合は西洋社会

科学古典資料講習会終了者を優先。

内容: 西洋古典資料をはじめとする資料の修復保存の実習を中心にした講習。

WEB上では過去の講習会テキストを読むことができます。

 

お申込み詳細は:

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/school.html#top

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  indexb160425.jpg

 

414日(木)に発生した熊本地震ののち423日(土)に「熊本被災史料レスキューネットワーク(熊本史料ネット)」が設立されました。設立にかかわった神戸市の歴史資料ネットワークの代表者らが426日(火)に現地に入り、熊本史料ネット事務局と今後に向けた協議をすることになりました。これを受け、緊急報告会を下記の通り開催することになりました。

 

日時: 2016428日(木)19002000

場所: 神戸市勤労会館 会議室409

    兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目1-2

参加費無料、事前申し込みは不要です。

 

詳細は:

http://siryo-net.jp/disaster/1st_reports_of_kumamoto2016/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

data_list160425.jpg

 

このたびの熊本地震をうけて、全国美術館会議(加盟375館、建畠 晢会長)が、熊本地震に関する全国美術館会議連絡本部(略称 連絡本部)を設置し、会員館の被災状況の情報収集を開始しました。連絡本部は、全国美術館会議事務局(国立西洋美術館内)に置かれるとのことです。

 

詳細は:

http://www.zenbi.jp/data_list.php?g=91&d=470

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160424.jpg

 

このたびの熊本地震をうけて、歴史資料ネットワークと現地関係者が連絡を取り合い、「熊本被災史料レスキューネットワーク」(略称「熊本史料ネット」)の設立が決定したそうです。事務局は、熊本大学文学部附属永青文庫研究センターです。

 

熊本史料ネットの連絡先など詳細は:

http://siryo-net.jp/disaster/kumamoto_siryonet/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc160422.jpg

 

『映画探偵 失われた戦前日本映画を捜して』(河出書房新社)の著者 高槻真樹さんの刊行記念トーク&上映会が下記の通り開催されます。

 

日時: 201658日(日)1500

会場: 東京都文京区千駄木5-17-3 谷根千〈記憶の蔵〉

主催: 不忍ブックストリート(http://sbs.yanesen.org/

入場料: 2,500

 

お申込み詳細は:

https://www.facebook.com/events/613227045498717/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

b20160421.jpg

 

神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会による講演会が下記の通り開かれます。

           

日 時:  平成28 5 12 日(木) 14 30 分~ 16 30

会 場:  神奈川県立公文書館2階大会議室

講演者:  吉川 容氏((公財) 三井文庫・上席研究員)

タイトル: 「ビジネス・アーカイブズの現状と課題-三井文庫の事例より-」

参加費:  無料(非会員の方でもご参加いただけます)

申込み:  不要(当日、会場受付にお越しください)

  

※講演会に関する最新情報は、神奈川県立公文書館ホームページでご覧ください。

 http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f1040/

 

問い合わせ先は

神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会(事務局:神奈川県立公文書館内)

241-0815 横浜市旭区中尾1-6-1 電話 0453644463

 

講演会の詳細:

http://www.jsai.jp/ibbs/b20160421.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

225601b.jpg

 

このたびの熊本地震に関連して、九州歴史科学研究会が史料ネット(歴史資料ネットワーク)と連携し、九州地区の文化財や歴史資料の被害状況に関する情報収集を開始しました。多くの方からの情報を募っています。

 

「被災文化財・歴史資料情報の収集についてのお願い」:

http://kyurekiken.hatenablog.com/entry/2016/04/21/225601

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb160422.jpg

 

特定非営利活動法人 映画保存協会の災害対策部が熊本地震で被災した8mmフィルムやビデオテープの洗浄について相談を受け付けています。

 

問い合わせ先詳細:

http://filmpres.org/whatsnew/6734/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index160422.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申込制で参加費無料、定員約80名です。

 

開催日時: 平成28514日(土)14:0016:0013:30受付開始)

会場: 東京文化財研究所セミナー室

    (〒110-8713 東京都台東区 上野公園13-43

主催: アート・ドキュメンテーション学会 美術館図書館SIG・東京文化財研究所

後援: 神奈川県立近代美術館・公益財団法人吉野石膏美術振興財団

使用言語: 日本語、英語(通訳あり)

 

プログラム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

研究発表

14:0014:20  前田富士男(中部大学客員教授/慶應義塾大学名誉教授)

「芸術図書館とアーティスト・アーカイヴ――ドイツの伝統と<アイコニック・ターン>」

14:2015:20 ビルギト・ヨース(博士/ドクメンタ・アーカイヴ所長<次期>)

「ドイツにおけるアート・アーカイヴ――その概要」

(英語による講演、日本語要約付)

全体討論 15:3016:00

(モデレーター:川口雅子(国立西洋美術館) 通訳:枝村泰典)

申込締切: 平成2857日(土)

 

お申込み詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/info/artdoc/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

170115.jpg

 

著者は、創価大学創価教育研究所講師。学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻博士後期課程単位取得退学。博士(アーカイブズ学)。国文学研究資料館アーカイブズ研究系機関研究員、京都大学大学文書館助教を経て2016年より現職。

 

近年、沖縄返還の際に結ばれた「密約」など、戦後の重要文書が米国国立公文書館から「発見」されました。戦後第一級の資料がなぜ日本国内では入手できないのか、日米両国の文書公開の度合いになぜ差異が生じるか、など米国型記録管理システムの形成の歴史を分析し、日本の公文書館制度について論じています。

 

主な内容、

はしがき

序章 本書の課題

1部 米国型文書検索システムの形成:シカゴ万博から第二次世界大戦後まで

 第1章 検索手段としての文書整理法とその改革

 第2章 米国型文書整理法の普及と教育

 第3章 米国国立公文書館における検索手段の誕生:文書整理法との関係を中心に

2部 第二次世界大戦前後の米国における文書選別処分・配置システム

 第4章 米国連邦政府における文書選別処分システムの確立

 第5章 レコード・マネジメントの成立と文書配置システム

3部 近現代日本における米国型記録管理システムの導入

 第6章 米国型文書検索・配置システムの受容と変容:集中から分散へ

 第7章 日本占領と米国型記録管理システム:GHQ/SCAP によるアーカイブズ調査

 第8章 戦後の文書管理改善運動における保存と廃棄:選別処分システムの視点から

終章 文書管理とアーカイブズの連携に向けて

あとがき

索引

 

『アーカイブズと文書管理―米国型記録管理システムの形成と日本』 

著者: 坂口貴弘

発行日: 2016420

発行: 勉誠出版株式会社

http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100601

判型: A5判、400

価格: 6,000円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index160420.jpg

 

光ディスクの積層記録膜を両面で6層化し、ディスク一枚で300GBの記憶容量を実現、市場推定価格は18,000/1枚との発表です。別売りの第2世代ドライブユニット「ODS-280U」(希望小売価格は税別120万円)と組み合わせて使います。日本国内の展開は未定だそうです。

保存寿命は10℃~30/30%~70%RHの温湿度環境で100年以上とのことです。(ISO標準に基づいた自社加速試験による推定)

 

今回の発表は、ソニーとパナソニックが共同開発した業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)です。

http://news.panasonic.com/jp/press/data/2014/03/jn140310-1/jn140310-1.html

 

「第18回データストレージEXPO」(2016511日~13日・東京ビッグサイト)に出展するとのことです。

 

詳細は:

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201604/16-038/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  10121712_1958.jpg

 

2016320日(日)に国立新美術館(東京・六本木)で開催されたシンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える~大阪新美術館建設準備室所蔵『具体美術協会』関係資料を中心に~」のレポートが、美術館・アート情報のWebマガジン"artscape"に掲載されました。

 

シンポジウムの目的は、「大阪新美術館建設準備室が所蔵する「具体美術協会」関係資料の事例を契機として、同様のアーカイブズ資料を日本の美術館が収集・公開・活用していくために必要な条件や課題を整理し、特に美術館関係者と共有することにあった。」とのことです。

 

デジタルアーカイブスタディ「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」:

http://artscape.jp/study/digital-achive/10121712_1958.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

11098.jpg

 

株式会社資料保存器材がアーカイバル容器制作の長期アルバイトスタッフを募集しています。募集人数は若干名です。試用期間3か月で、契約社員への登用制度もあるそうです。

応募締め切りは513日(金)。

 

詳細は:

http://www.hozon.co.jp/2016/04/18/11098

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

training_order160420.jpg

 

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センターが災害対策専門研修「マネジメントコース」を開催します。対象は、地方公共団体の防災担当職員等です。受講料は無料ですが、資料代5,000円がかかります。

 

期間: 

ベーシック 2016531日(火)~63日(金) 

93017453日目、4日目は1730終了)

エキスパートA 201667日(火)~10日(金)

 93017454日目は1730終了)

エキスパートB 2016614日(火)~17日(金)

 93017454日目は1730終了)

 

定員(原則):

ベーシック 50名、エキスパートA 20名、エキスパートB 20

 

開催場所:

神戸市中央区脇浜海岸通1-5-2 人と防災未来センター東館

4階兵庫県立大学大教室もしくは6階会議室(予定)

 

カリキュラム(ベーシックの場合のタイトル):

1日目)

開講式

オリエンテーション

被災者対応総論

センター展示施設見学ワークショップ

レポートタイム

2日目)

行政における災害対応業務の実際

災害をもたらす自然現象の理解(地震・津波)

災害をもたらす自然現象の理解(風水害)

地域防災計画論

レポートタイム

3日目)

災害史と社会

危機管理総論

我が国における災害対応の動向

都市の復興概論+復興まちあるき

4日目)

災害関連法体系基礎

災害と男女共同参画

災害過程論

全体討論会

レポートタイム

閉校式

 

募集要項:

募集期限 2016425日(月)正午1200必着

応募資格:

i.ベーシック地方公共団体の防災部局職員等

(特に経験年数等による制限はない)

ii.エキスパートA・Bの各コース

次の条件のいずれかを満たした者

ベーシック修了者

防災消防業務に通算2年以上従事した者

当センターの研修以外の研修受講経験等を勘案して、同等の知識があると

認められる者(防災スペシャリスト養成研修:内閣府主催など)

 

お申込み詳細は:

http://www.dri.ne.jp/training/training_order

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  saigai8.jpg

 

2016414日に熊本県全域で発生した地震により甚大な被害がもたらされました。亡くなられた方々にお悔み申し上げますとともに、被災された多くの方々に心よりお見舞い申し上げます。

 

地震や災害に関する書籍が、出版社や著者のご厚意により無償、もしくは一部無償で公開されています。公開期間は期間限定や無期限などさまざまです。各種データベースや刊行前の書籍もリストアップしました。(順不同)

 

・ヨミドクター 「熊本地震」

https://yomidr.yomiuri.co.jp/feature/2016kumamoto-earthquake/

・ピースマインド・イープ株式会社 「震災時のケアに役立つ情報」

http://www.peacemind-jeap.co.jp/seminar_and_topics/disaster_mental_care

・岩手医科大学附属図書館 「被災地向け支援サービス」

http://www.lib.iwate-med.ac.jp/emergency.html

・ひなぎく NDL東日本大震災アーカイブ

http://kn.ndl.go.jp/static/support

・日本医師会 「東日本大震災に関連する情報」

http://www.med.or.jp/jma/eq201103/index.html

・国立保健医療科学院 「災害に関する保健医療関連情報提供サイト」

http://www.niph.go.jp/topics/earthq_index.html

・金原出版 「震災関連記事無料公開のご案内」

http://www.kanehara-shuppan.co.jp/shinsai/20110421_index.html

・南山堂 「震災関連記事無料公開のご案内」

http://www.nanzando.com/announce/20110328/index.php

・医中誌(特定非営利活動法人 医学中央雑誌刊行会)「東日本大震災に関する文献情報」

http://www.jamas.or.jp/news/news_earthquake.html

・『実務ガイドブック震災復興のまちづくりと法』 

神戸弁護士会震災復興対策本部編、199681日発行、三省堂、377ページ

http://www.sanseido-publ.co.jp/sp/

・シュプリンガー 

「東日本大震災から5年 災害・防災に関する研究を特集 

  世界中の研究者による論文を無料公開」

http://www.springer.com/jp/about-springer/media/press-releases/japan-press/news-from-tokyo/7819226?token=prtst0416p

・岩波書店 「世界」(一部無料)

http://www.iwanami.co.jp/sekai/

・メディカ出版 「医療従事者のみなさまへ:災害医療関連記事のご提供」

http://www2.medica.co.jp/topcontents/saigai/

・株式会社じほう 「雑誌・書籍関連記事」

http://www.japan-medicine.com/jiho/zasshi/index.html

・『Q&A災害時の法律実務ハンドブック』改訂版 

関東弁護士会連合会 編集、2011630日発行、新日本法規出版株式会社、

5判、554ページ、3,672円(税込)

https://www.sn-hoki.co.jp/shop/product/book/detail_50746.html

・東日本大震災3.11から5年 学術論文特集 ワイリー・ジャパン

http://news.wiley.com/311GlobalJapan

・『印刷現場の予防保全』(一部抜粋)

川名茂樹著、20074月、印刷学会出版部、A5判、227ページ、3,024円(税込)

http://www.japanprinter.co.jp/pages/hozen-1.html

・『世界はどうなっちゃうの?』(電子版無料サンプル)

  キャロル・シューマン著、キャリー・ピロー絵、アン・ラスムッセン解説、

  上田勢子訳、2008220日、大月書店、B5判、32ページ、1,600円(税別)

http://www.otsukishoten.co.jp/news/n2147.html

・『災害対応ハンドブック』 (一部抜粋)

 室崎益輝・ 岡田憲夫・中林一樹監修 野呂雅之・ 津久井進・ 山崎栄一編、

 20165月、法律文化社、A5判、222ページ、2,400円(税別)

http://www.hou-bun.com/01main/01_03_027.html

・『災害と共に生きる文化と教育―〈大震災〉からの伝言(メッセージ)』

岩崎信彦・田中泰雄・村井雅清・林勲男編、20081月発行、株式会社昭和堂、

A5判、298ページ、定価2,415円(税込)

http://www.showado-kyoto.jp/news/n3488.html

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第6号/2014年冬号

http://www.slideshare.net/arg_editor/lrg-62014

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第6号/2014年冬号

 特別寄稿「東日本大震災と図書館-図書館を支援するかたち」(熊谷慎一郎)

http://www.slideshare.net/arg_editor/lrg-62014-60941171

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG) 第6号/2014年冬号

  特集「図書館で学ぶ防災・災害」

http://www.slideshare.net/arg_editor/lrg-62014-60941231

・『災害支援手帖』 

  荻上チキ著、201631日発行、木楽舎、A5判、106ページ、1,296円(税込)

http://books.kirakusha.com/saigaishien/

・『東京防災』 

東京都総務局総合防災部防災管理課編集・発行、

201591日発行、A5判、324ページ、140円(税込)

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/1002147/1002317/1002546.html

・地震・津波、放射線、心理学分野の書籍・本文無償公開 丸善出版株式会社

http://pub.maruzen.co.jp/index/kokai/

 ・南江堂 「災害看護」(改訂第2版)ほか。(4/21追加)
http://www.nankodo.co.jp/pages/saigaishien2016.aspx

・全国美術館会議「東日本大震災 文化財レスキュー事業記録集」PDF16.2MB(4/26追加)
http://www.zenbi.jp/data_list.php?g=93&d=17

・神奈川県立公文書館「陸前高田市被災公文書レスキュー報告書」PDF3.95MB(4/26追加)
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f100108/p611747.html

・人と防災未来センター「所蔵資料図録―暮らしのなかの震災資料―」PDF62MB(4/26追加)
http://www.dri.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/books/books02.pdf

・赤十字原子力災害情報センター「東日本大震災 - 救護活動から復興支援までの全記録- 」PDF20MB(4/26追加)
http://ndrc.jrc.or.jp/notice/20150428/#message

・東京文化財研究所 報告書「これからの文化財防災―災害への備え」(4/26追加)
http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue/report_h27/index.html

・和歌山県立博物館 小冊子『先人たちが残してくれた「災害の記憶」を未来に伝えるⅠ』『先人たちが残してくれた「災害の記憶」を未来に伝えるⅡ』(4/26追加)
http://www.hakubutu.wakayama-c.ed.jp/

・「国立国会図書館 吉田家文書修復 Facebook公式ページ(2012.10~2014.9)PDF1.36MB(4/26追加)
http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/coop/spt_yoshidake2.html
・奈良県防災統括室「歴史から学ぶ 奈良の災害史」(4/26追加)
http://www.pref.nara.jp/item/118509.htm#moduleid23196

・東京文化財研究所「東北地方太平洋沖被災文化財等救援事業 報告」(4/26追加)
http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue/rescue_report.html

・国立公文書館「被災公文書等修復マニュアル」PDF1.75MB(4/26追加)
http://www.archives.go.jp/top/pdf/syuhukumanual.pdf

・映画保存協会「被災した家庭用ビデオテープの応急処置」(4/26追加)
http://filmpres.org/project/sos/saigai08/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

18-25.jpg

 

沖縄県公文書館は沖縄県公文書館研究紀要の第18号(平成27年度)を発行しました。

 

主な内容は下記の通りですが、吉嶺 昭氏による「資料保存の取り組み~一筆地調査図の代替化を中心に~」では、琉球政府から日本復帰後に沖縄県で実施された地籍調査の過程で作成された一筆ごとの地調査図について、媒体変換前の修復や実際のデジタル化の手順などが詳しく述べられています。

 

「沖縄県公文書館研究紀要 第18号」・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・沖縄戦に関する新資料の紹介~援護業務関係文書を中心に~仲本 和彦

・県文書の利用状況から考察する評価選別のあり方福地 洋子

・資料保存の取り組み~一筆地調査図の代替化を中心に~吉嶺 昭

・公文書館の展示業務を考える豊見山 和美

・沖縄県公文書館ホームページのアクセス解析仲宗根 良江

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

沖縄県公文書館研究紀要の第18号(平成27年度):

http://www.archives.pref.okinawa.jp/publication/research/141

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

shinnsaishiryoushuu2.jpg

 

阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター(神戸市)が「所蔵資料図録―暮らしのなかの震災資料―」を発刊しました。阪神・淡路大震災から21年経過、この間に、人と防災未来センターが所蔵したモノ資料1,400点以上を整理、写真撮影と目録作成し、一冊にまとめたものです。

 

本書資料編によれば、震災一次資料と呼ばれるモノ資料は、午前546分で止まった時計類や電化製品、仮設住宅の表札や手作りマットなど私たちの身の回りのさまざまな立体的なものです。これらを写真撮影、目録作成し、大半の資料は「モノ箱」(内径470X350X250mm)と「モノ大箱」(内径600X450X100mm)の2タイプの中性紙箱に収めて、センター7階の書庫に保存しているそうです。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

発刊にあたって

まえがき

阪神・淡路大震災の概要

人と防災未来センター資料室からの報告

1部 [特集]モノ思慮へのまなざし

2部 モノ資料写真一覧

3部 目録

『所蔵資料図録―暮らしのなかの震災資料―』に寄せて

資料編

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「所蔵資料図録―暮らしのなかの震災資料―」(pdf 62MB135ページ):

http://www.dri.ne.jp/wordpress/wp-content/uploads/books/books02.pdf

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

jouhounokagaku160412.jpg

 

一般社団法人 情報科学技術協会が発行する月刊誌「情報の科学と技術 20164月号」が「歴史学の転回」と題し、資料の管理と保存を特集しています。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

•会誌「情報の科学と技術」J-STAGEでの公開にあたって 中村 美里

•特集:「歴史学の転回」の編集にあたって会誌編集担当委員

•歴史文書の保存体制について-経営文書の利用者の立場から- 和田 一夫

•大学アーカイブズの可能性~個人文書を中心に~ 小池 聖一

•アーキビストは書誌情報検索システムをどう活用しているか 

 記述標準から考える 齋藤  歩

•メディアの保存に関する試論:デジタル・メディアを手掛かりとして 矢野 正隆

•歴史と記録・記憶を後世に伝える-古い博物館員のくりごと 佐々木利和

•連載:検索技術者検定問題解説シリーズ 第4回 医療用医薬品情報

•連載:インフォプロのための著作権入門 

 第4回 著作権が働かない場合(1) 権利制限規定(その1

 南  亮一

•連載:情報分析・解析ツール紹介 

 第4回 特許・非特許文献解析ツール STN AnaVist  塩永由紀子

•第29回情報活動研究会(INFOMATES)開催報告 企業図書館の栄枯盛衰

•情報科学技術協会(INFOSTA)新春見学会&セミナー参加報告

INFOSTA Forum (289)

 河合 郁子

2015年度検索技術者検定 合格者(その2

•行事予定表

•協会だより

•編集後記

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「情報の科学と技術」20164月号 (664).

http://www.infosta.or.jp/journals/201604-ja/

発行所: 一般社団法人 情報科学技術協会

判型: A448ページ

定価: 1,792円(本体1,660円、税132円)

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  article160411.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

タイトル: 「史料保存利用問題シンポジウム2016

日 時:  2016625日(土)13301730

会 場:  駒澤大学 駒沢キャンパス1号館 1204教場

主 催:  日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会

後 援  全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(予定)・日本アーカイブズ学会(予定)

 

テーマ 被災史料・震災資料の保存利用と公文書管理

報 告

1.青木  睦(国文学研究資料館准教授)

「被災した組織アーカイブズの消滅と救助・復旧に関する検証 ―東日本大震災の基礎自治体と常総市の事例―」

2.川内 淳史(歴史資料ネットワーク事務局長)

「阪神・淡路大震災被災地における震災資料の現状と課題 ―民間資料と行政文書について―」

3.井上 正也(成蹊大学法学部准教授)

「公文書管理と個人情報保護」

 

次 第

13301335 開会挨拶(高埜利彦 日本学術会議会員)

13351345 趣旨説明(佐藤孝之 日本歴史学協会史料保存利用特別委員会委員長)

13451425 第1報告(青木 睦 日本学術会議連携会員)

14251505 第2報告(川内淳史)

15051545 第3報告(井上正也)

15451600 休 憩

16001725 質 疑

17251730 閉会挨拶(木村茂光 日本歴史学協会会長・日本学術会議連携会員)

          ※司会・進行:大友 熊本 

 

詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=264

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb160408.jpg   

 

静嘉堂文庫・美術館が展覧会「よみがえる仏の美~修理完成披露によせて~」に合わせて下記の通り講演会を開催します。

 

展覧会「よみがえる仏の美 ~修理完成披露によせて~」

会場: 静嘉堂文庫・美術館

期日: 2016年4月23日(土)~6月5日(日)

 

講演会「文化財修理の現状~静嘉堂絵画の修理から~」

日時:2016514日(土)午後130分より開始

場所:地下講堂

題目:「文化財修理の現状~静嘉堂絵画の修理から~」

講師:

坂田雅之氏((一社)国宝修理装?師連盟理事長)半田昌規氏(㈱半田九清堂代表取締役社長)

坂田さとこ氏(㈱坂田墨珠堂代表取締役社長)吉岡宏氏(㈱文化財保存代表取締役社長)

人数: 先着120名様(開館時より整理券配布予定)

 

詳細は、和紙文化研究会会員情報から:

http://washiken.sakura.ne.jp/%e4%bc%9a%e5%93%a1%e6%83%85%e5%a0%b1/3172/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160408.jpg

 

京都大学は、近年の国家財政状況や少子化、教育のグローバル化などさまざまな環境変化から、高い教育研究水準を維持・発展させることを目標に、2007年に京都大学基金を設立しました。基金は、教育・研究支援で「こころの未来基金」や「iPS細胞基金」など10件を設置しています。このほかにも課外活動支援や記念事業・資料保全事業で5件の基金がありましたが、新たに「文学研究科所蔵貴重資料修復基金」を設けました。

 

基金の用途は資料保存で、約100万冊あるといわれる文学研究図書館の蔵書のうち保存状態のよくない貴重資料の修復費用に充てられるとのことです。

 

京都大学基金 文学研究科所蔵貴重資料修復基金:

http://www.kikin.kyoto-u.ac.jp/contribution/letters/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa160407.jpg

 

東京文化財研究所が昭和51930)年の創立以来の刊行物一覧をウェブサイトに掲載しました。刊行物の一部はPDFなどで読むことができます。

 

東京文化財研究所刊行物一覧:

 http://www.tobunken.go.jp/japanese/publication/index.html

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  07160407.jpg

 

国立国会図書館の情報誌「びぶろす」平成284月号が発行され、昨年12月に開催「平成27年度国立国会図書館長と行政・司法各部門支部図書館長との懇談会」の「図書館の保存環境整備に関する基礎知識」佐野千絵氏特別講演の要旨が掲載されました。佐野氏は独立行政法人国立文化財機構保存修復科学センター副センター長です。

 

「図書館の保存環境整備に関する基礎知識」佐野千絵氏特別講演の要旨

主な内容は、

1)    図書館資料の特徴

2)    立地と保存環境つくり

3)    フィルムの保存

4)    資料保存の基本

質疑応答です。

 

「図書館の保存環境整備に関する基礎知識」佐野千絵氏特別講演の要旨:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/biblos/2016/4/07.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

#section1-2160404.jpg

 

米国映画技術アカデミー(The Academy of Motion Picture Arts and Sciences:AMPAS)は、2007年に"The Digital Dilemma "を発表しました。この論文は、デジタルデータの長期保存の危うさに警鐘を鳴らしたものです。主に米国における公的機関やハリウッドなど大手映画スタジオのデジタルデータ保存の現状を調査し、データの長期保存について取り組む必要性を訴えたものです。

 

"The Digital Dilemma "(原文):

https://www.oscars.org/science-technology/sci-tech-projects/digital-dilemma

"The Digital Dilemma "(邦訳版)慶應義塾大学 デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター(DMC)による:

http://www.dmc.keio.ac.jp/digitalarchives/ro3mup000000151z.html

 

"The Digital Dilemma 2"は、全米で上映されている長編映画作品の75%を占めているといわれる、ハリウッド大手スタジオ以外の「インディーズ映画」などの現状を調査したものです。近年のデジタル技術の進展により、映画製作は飛躍的に容易になりましたが、反面、デジタルデータの長期保存ははるかに難しくなったといわれています。デジタルデータのストレージ費用は下がり続けていますが、膨大なデータの長期にわたるアクセスの保証は未だにありません。

 

論文では、「時間は、現在もこれからも、デジタルデータへの将来的なアクセスに対する最大の敵である」と結んでいます。

 

"The Digital Dilemma 2"の主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まえがき

概要

1独立系映画製作者

2ドキュメンタリー映画製作者

3独立系映画のマーケティングと配給

4非営利視聴覚アーカイブ

5進捗レポートと当面の対応策

6結び

付録 ケーススタディ

巻末註

文献一覧

謝辞

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

"The Digital Dilemma 2"(原文):

https://www.oscars.org/science-technology/sci-tech-projects/digital-dilemma-2

"The Digital Dilemma 2"(邦訳版)東京国立近代美術館フィルムセンターによる:

http://www.momat.go.jp/fc/research/bdcproject/#section1-2

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

SCN_160907.jpg

 

本書は、東京都写真美術館の20周年史です。1990年の一次施設開館を含めると25年になります。内容は美術館の沿革とあゆみ、展覧会全記録、資料と東京都写真美術館の各部門(実験劇場、教育普及、保存科学研究室、所蔵作品の管理と貸出、図書室、広報、友の会、支援会員)の活動などです。

 

保存科学研究室の活動は、保存性において脆弱な写真の科学的な裏付けによる保存方法の検討や傷んだ作品の劣化の進行を遅らせる予防処置や修復作業が主です。本書によれば、保存科学研究室の研究課題は「古典写真の複製・復元方法」、「白黒プリント、カラープリント、デジタルプリントの暗所保存耐久性試験」「古典写真の解析」の3つだそうです。

以上ほか、部門の年間予算や収蔵環境、作業室、展示室の温湿度や展示の際の年間最大累積照度などの詳細なデータが載っています。保存科学研究室のその他の活動として、教育普及活動やセミナーワークショップなどの記録も挙げられています。

 

 

『東京都写真美術館総合開館20周年史 = The Tokyo Metropolitan Museum of Photography, 1990-2015 : 一次施設開館から25年のあゆみ』

執筆: 福原義春ら26

編集: タカザワケンジ/柴田尚子

発行: 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館

発行日: 2016331

判型: 190257mm、533

価格: 6,800円(税込み)

東京都写真美術館ミュージアムショップにて販売。

 

東京都写真美術館ナディッフ バイテン:

http://www.nadiff.com/?page_id=198

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事