TTトレーディング: 2015年7月アーカイブ

eastica2015b.jpg

 

国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA)第12回総会及びセミナーが福岡で開催されます。事前申込制で、参加登録料は18000円です。ただし、特別講演とセッション1341014日、15日の午後)のみご参加の場合は無料。お申込みの締め切りは2015913日(日)2400です。

 

会議概要

テーマ: 「デジタル時代のアーカイブ 再び」

 期 日: 平成272015)年1013日(火)~16日(金)

 会 場: ホテルオークラ福岡(福岡市博多区下川端町3-2

 主 催: 独立行政法人国立公文書館

       国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA

 

プログラム

10月13日(火)

 

EASTICA理事会

1014日(水)

開会式

EASTICA総会

昼食

特別講演 村井章介(立正大学)

セッション1

 

国立公文書館・福岡県主催夕食会

1015日(木)

セッション2

昼食

 

セッション34

閉会式

EASTICA主催夕食会

1016日(金)

福岡県内視察(太宰府天満宮、九州国立博物館など)

日本語と英語による同時通訳あり。

 

特別講演講師

 村井章介(立正大学文学部史学科教授)

「東アジアのなかの日本中世史料」

 

セッション1: 講師とタイトル

パメラ・ライト(米国国立公文書記録管理院最高イノベーション責任者)

「デジタル時代における一般市民との協働」

 

三輪眞木子(放送大学教養学部教授)

「情報検索の過去・現在・未来:システム志向からユーザー志向へ」

 

セッション2: 国・地域別報告

中国・日本・韓国・モンゴル・香港・マカオ

 

セッション3: 講師とタイトル

メアリー・グレッドヒル(英国国立公文書館商務・デジタル関係担当ディレクター)

「英国国立公文書館におけるボーンデジタル記録管理の課題」

 

 波多野澄雄(国立公文書館アジア歴史資料センター長)

「アジア歴史資料センターの取組と今後の展望」

 

セッション4: アーカイブズ機関からの報告

日本国内アーカイブズ関係機関からの報告

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会

日本アーカイブズ学会

2016ICA韓国大会について

韓国国家記録院

 

 

お申込み詳細は:

http://www.archives.go.jp/about/activity/eastica2015.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hakubutukannkennkyuu1507.jpg

 

公益財団法人 日本博物館協会が発行している雑誌「博物館研究」平成277月号が防災対策を特集しています。

 

主な内容は下記の通りです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

特集「博物館の防災対策―地震への備え」

巻頭エッセイ ミニ博物館・荒木集成館の軌跡  岩野見司

災害の想定規準が上がった時代における日本の博物館建築の立地戦略  安田幸一

「和歌山県博物館施設等災害対策連絡会議」設立の経過と課題  浜田拓志

文化財防災ネットワーク推進事業について  栗原祐司

大規模自然災害発災時における地域中核館の役割

―東日本大震災における救援活動を通して  赤沼英男

4回美術品梱包輸送技能取得士認定試験の実施について  遠藤啓

 

海外博物館だより シンガポールの動物園事情

―世界で一番美しい動物園の舞台裏を垣間見る  石田郁貴

ICOMレポート DEMHISTコンピエーニュ大会に参加して  邱君妮

ICOMレポート 

進行形の美術館:パブリックの関心とプライベートな資源?

CIMAM(国際美術館会議)年次総会報告

201411月、ドーハ(カタール)にて  片岡真実

コレクション 八幡市立松花堂庭園・松花堂美術館  川畑薫

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「博物館研究」平成27年7月号

編集発行人: 公益財団法人 日本博物館協会

判型: B5判、61

価格: 1,296円(税込、送料別)

https://www.j-muse.or.jp/03books/ms.php

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150723.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日程: 20151015日(木)~1016日(金)

会場: 国立オリンピック記念 青少年総合センター

151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3

大会のテーマ: 図書館は地域の広場 生きる力(仮)

 

大会概要:

■1015日(木)

12001300 受付

13301630 全体会 開会式・シンポジウム

17001900 懇親・交流会

 

■1016日(金)

830 受付

9001200 分科会(午前)

12001330 休憩

1300 受付

13301630 分科会(午後)

17001830 日本図書館協会 会員の集い

協会展示・企業展示は9001630

 

15分科会「資料保存」では下記のテーマでセミナーが行われます。

テーマ:デジタル化のリスクに向き合う~そのデータ、10 年後も使えますか?~

基調講演:本田伸彰(国立国会図書館関西館電子図書館課)

     テーマ「デジタルデータの長期保存とその課題」(仮題)

報  告:東京都立中央図書館「デジタル化データのマイグレーション(移行)について」(仮題)

報  告:藤井 徹(予定)(JIIMA 公益社団法人日本文書情報マネジメント協会)

     「長期保存用光ディスクについて」(仮題)

 

お申込み詳細は:

http://jla-rally.info/tokyo101th/index.php/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150721.jpg

 

近大姫路大学人文学・人権教育研究所(兵庫県姫路市)が下記の通り歴史資料の保存修復ワークショップを開催します。定員各20名、参加費無料ですが事前申し込みが必要です。

 

日付 時間はいずれも10001200

201585日(水) 松下正和(近大姫路大学)「水濡れ資料・図書の吸水乾燥方法」(定員20名)

201586日(木) 平田正和(工房レストア)「古文書の裏打ち体験」(定員20名)

201587日(金) 吉原大志(東京文化財研究所)「被災写真のクリーニング」(定員20名)

 

会場 近大姫路大学2号棟205教室(兵庫県姫路市大塩2042-2

 

お申込み詳細は:

http://siryo-net.jp/event/201508-kindaihimeji-u/

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

cleanlife150717.jpg

 

文化財の保護や環境保全、地球環境運動などの活動を行っている一般財団法人 環境文化創造研究所(東京都新宿区)は機関誌 「CLEAN LIFE」を発行しています。2015年の最新号はミュージアムIPMを特集しています。

 

CLEAN LIFE 2015ミュージアムIPM編」:

http://www.kanbunken.org/publication/cleanlife/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

photo1.jpg

 

公益財団法人 文化財虫菌害研究所(東京都新宿区)が小冊子「展示・収蔵施設で見かける虫―博物館・美術館・図書館などで働く人たちへ―」を発行しています。館内でよく見られる虫について、エントランスや展示室、収蔵庫など、エリアごとに写真入りで解説。各エリアの防除や駆除の方法についてもわかりやすく書かれています。後半には代表的な昆虫38種類が写真入りで載っています。

 

タイトル: 「展示・収蔵施設で見かける虫―博物館・美術館・図書館などで働く人たちへ―」

編集、発行: 文化財虫菌害研究所

発行: 20151

サイズ: A5判、29

頒価: 500円(非会員)

 

詳細は:

http://www.bunchuken.or.jp/publication/

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?eid=1615035.jpg

 

NPO法人歴史資料継承機構が下記の通り例会を開催します。事前予約は不要です。

 

日時: 201581() 16:0018:00(質疑応答含む)

報告者: 井上智さん(有限会社 伊藤平左エ門建築事務所)

タイトル: 伝統建築の設計事務所がやっていること

    都法など手続きが必要な地区の申請業務

    市指定文化財の現況調査

    県指定文化財の耐震診断・補強

など

場所: 学習院大学 東1号館801号室

    東京都豊島区目白1-5-1JR山手線目白駅下車徒歩1分)

参加費: 会員無料 / 非会員200

終了後懇親会が行なわれます。

 

お問い合わせ詳細は:

http://blog.rekishishiryo.com/?eid=1615035

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

p930773.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申込制。定員は100名です。

 

日 時: 201596日(日) 133016501300受付)

場 所: 神奈川県立公文書館 2階 大会議室(横浜市旭区中尾1-6-1

内 容:

  (1)「二俣川村合併騒動記 -県内の町村合併の一断面-」

  (2)「物騒でない鉄砲の話 -江戸時代から現代まで-」

  (3)館内見学

 

お申込み詳細は:

http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f7170/p930773.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

watch?v=-5OpL1sW51I&feature=youtu.jpg

 

米国のIPI(The Image Permanence Institute:画像工学研究所)6/8(月)に開催したセミナー"Building Envelopes and Moisture Control "を公開しました。約93分の英語音声とスライドです。セミナーはNEH(National Endowment for the Humanities:全米人文科学基金)の助成によるものです。

 

テーマは「収蔵環境管理のための持続可能な保存の実践」で、サブテーマは「建物の外装と湿度管理」です。主に歴史的な建物で小規模施設を対象にした内容となっています。

資料の収蔵環境は建物外の大環境から保存箱などの小環境まで6段階に分けられ、今回は建物の外周についての講座です。

 

前半では、外壁や窓などの構造を理解すること、温度の緩和や空気の流通、湿度管理、蒸気圧などの解説をしています。

 

湿度対策の一般論として

・優先順位をつける

・外装の改善検討

・建物の一部に適切な小環境を構築する

などを挙げています。

 

高湿度対策としては、

・湿気の発生源を抑制する

・入り口や窓、ドアなどから入る湿気を緩和する

・建物内部の湿度が外気より高い場合は、外の空気を入れる

・可能なら若干温度を上げることによって相対湿度を下げる

・扇風機やエアサーキュレータの活用

などを挙げています。

 

低湿度対策としては、

・建物の外壁を修理して、水蒸気が外に出ないようにする

・設定温度を少し下げて相対湿度を上げるようにする(温度を上げすぎないように)

などを挙げています。

 

IPI Webinar: Building Envelopes and Moisture Control(You Tube、 英語)

https://www.youtube.com/watch?v=-5OpL1sW51I&feature=youtu.be&hd=1

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150710.jpg

 

NHKの海外向け放送"NHK WORLD"201578日(水)に"Science View Secrets of the Tokyo National Museum"が放映されました。放送後一週間はNHKビデオオンデマンドで無料視聴できるそうです。第1回は Conservation Scienceがテーマでした。全編は29分の動画(英語)です。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

環境管理の中で、特に温湿度については、管理センターの集中管理だけでなく、デジタルで計測・収集する「データロガー」による、キメ細かい対応が必要であること。展示ケースの下に装着している調湿剤や強度があり透明度の高いガラスケース、文化財保存にふさわしいLED照明などの紹介。免震装置付き展示台に関連し、床免震装置メーカーのアイディ-ルブレ-ン㈱の技術研究所も取材しています。

 

後半は、浮世絵や掛け軸、インド更紗、刀剣など修理の現場を見学したり、ドラクロワの自由の女神や唐招提寺の盧舎那仏(国宝)など、移送の際の安全を確保する工夫などのビデオも挿入されています。

 

主な出演者は、筑波大学 水嶋英治、東京国立博物館 神庭信幸、和田 浩、土屋裕子、小野博柳、ナビゲーターは木村倫子、リポーターは山本ミッシェールのぞみ。(敬称略)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2回は714日(火)で、日本時間030分(UTC:世界標準時では、1530分)から29分間放映。その後、6:307:0012:3013:0018:3019:00と、 6時間ごとに、1日合計4回放映するとのことです。

 

Science View NHK WORLD On Demand

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/vod/scienceview/

NHK WORLD Science View(番組案内):

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/scienceview/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=715.jpg

 

ナショナルアーカイブの設立とデジタルアーカイブ振興法の制定を目指している文化資源戦略会議が2015126日(月)に千代田区立日比谷図書文化館で開催した「アーカイブサミット2015」の報告書をサイトに公開しました。A496頁、5.17MBpdfファイルです。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

・記録集発行にあたって

・アーカイブサミット2015の記録

・あいさつ

・総括シンポジウムのまとめ

 アーカイブ立国をめざす

・ミーティングのまとめ

・講演会 まとめ討論

・ワークショップのまとめ

・資料 当日配布したガイドブック

・アーカイブサミット2015を終えて

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「報告書(アーカイブサミット2015報告書)を公開しました」:

http://archivesj.net/?p=715

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150708.jpg

 

「ビジネス・アーカイブズが企業を変える!」と題して下記の通りアーカイブレコーディングセミナーが開催されます。参加費は無料、定員は65名です。

 

日時: 2015723日(木) 13301700(受付1300~)

会場: 富士フイルム㈱本社 201A会議室

     (〒107-0052 東京都港区赤坂9-7-3ミッドタウン・ウェスト)

内容:

講演1 『ビジネス・アーカイブズの整備と保全、迅速な利活用を実現するための取り組み、従業員エンゲージメントなどへの発展的活用の事例と今後の展望』~自社の「DNA」ともいえる歴史への着目~

講師 東京海上日動火災保険㈱経営企画部図書室 櫻井由佳氏

 

講演2 「重要データや歴史的価値ある資料」中・長期アーカイブのご提案~磁気テープ・マイクロフィルム媒体の有効活用~

講師 富士フイルム㈱記録メディア事業部 能勢博之氏

 

講演3 『企業イメージ向上、プロモーション活動につなげるビジネス・アーカイブズの効果的発信方法と、ニッカウヰスキー80周年を記念した「竹鶴とリタの写真展」の事例紹介』

講師 アサヒグループホールディングス㈱広報部門 兼 研究開発部門 藤澤聡子氏

 

講演4 『ビジネス・アーカイブズの整備・保全、DB構築支援と展示会企画支援の事例紹介』

㈱ニチマイ コンサルティング事業部

 

お申込み詳細は㈱ニチマイトップページの最新情報から:

http://www.nichimy.co.jp/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

press20150706-02.jpg

 

下記の通り開催されます。お申し込みは不要です。

 

「平成26年度特定プロジェクト研究成果報告会」

日時: 2015712日(日) 9:0017:00

会場: 東北大学青葉山新キャンパス 災害科学国際研究所棟

 

プログラム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8:30 開場

9:00 9:10 開会の挨拶(災害科学国際研究所 所長・今村文彦)

9:1011:50 口頭発表(午前の部6件)

11:5012:50 昼食休憩

12:5014:00 ポスターセッション・コアタイム(70, 87件)

         ※発表者がポスターの前に立ってご説明します.

14:0016:40 口頭発表(午後の部,6件)

16:4017:00 閉会の挨拶(災害科学国際研究所 副所長・奥村誠)

 

口頭発表の内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1. 広域被害把握・調査・解析に基づく被災地状況マッピングチームの創成

    災害リスク研究部門 越村 俊一

2. 日本・東南アジアの豪雨・台風被害の減災に向けた実践防災学的アプローチ

    災害リスク研究部門 呉 修一

3. 災害を生きる力とは?―8因子の認知脳科学的分析

    人間・社会対応研究部門 杉浦 元亮

4. ゲームを用いた災害教育の開発とその国際応用-どこでも・だれでも・たのしくできる実践的防災学の展開-

    人間・社会対応研究部門 野内 類

5. 石巻市(市街地部)の再・創生のための研究及び実践活動

    情報管理・社会連携部門 小野田 泰明

6. ニュージーランド・ヒクランギ沈み込み帯のプレート間相対運動の収支

    災害理学研究部門 日野 亮太

7. 東北地方太平洋沿岸域における段丘・埋没地形の分布高度・編年に基づく長期地殻変動の復元と巨大海溝型地震にともなう歪みの蓄積・解放過程の解明

    災害理学研究部門 丹羽 雄一

8. 災害に強い保健・医療供給体制に関する連携研究

    災害医学研究部門 江川 新一

9. エビデンスに基づいた災害精神医学の確立

    災害医学研究部門 富田 博秋

10. 研究所の実践的防災学の知見を国際防災政策に反映させるための研究

    情報管理・社会連携部門 小野 裕一

11. 被災地の女性が健康を維持するために:子宮がん検診受診率回復への方策と、災害後起こり得る女性疾患の検証

    災害医学研究部門 伊藤 潔

12. 「みちのく震録伝」の震災アーカイブ利活用基盤システムの構築と実践

    情報管理・社会連携部門 柴山 明寛

 

詳細は:

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/07/press20150706-02.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

81-1.jpg

 

下記の通り開催されます。定員80名、入場無料です。

 

「公文書講演会 私とアーカイブズ」

講師: 大田昌秀氏(特定非営利活動法人・沖縄国際平和研究所理事長)

日時: 201581日(土) 14001530

場所: 沖縄県公文書館 講堂

     〒901-1105 沖縄県南風原町字新川148番地の3

 

お申込み詳細は:

http://www.archives.pref.okinawa.jp/event_information/exhibition_course/4133

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150706.jpg

 

和紙文化研究会の月例会が下記の通り開催されます。参加のお申込み期限は716日(木)です。見学代は1,000円です。

 

月例会

日 時: 2015718日(土) 13301700

会 場: 小津和紙本社ビル 6階会議室

内 容:

13001330 フリートーク

13301445 特別講義

特別講義3「荼毘紙」(大聖武)のこと 宍倉佐敏 会員

14451500 休憩

15001640 会員発表

「和紙に光を...一枚の和紙から始まった灯り」 岡嶋利英 会員

16401700 事務連絡・片付け・退出

 

お申込み詳細は:

http://washiken.sakura.ne.jp/blog/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

news1150706.jpg

 

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の関東部会が下記の通り開催されます。

 

日時: 平成272015)年724日(金) 1400~(1330受付開始)

場所: 松本市文書館

   (390-1242 長野県松本市鎌田 2 丁目 8-25 電話 0263-28-5570)

内容:

 (1)松本市文書館(新館)の視察・見学

   閲覧室、収蔵庫(行政文書、地域資料)、講座室、整理作業室、撮影室など

(2)「松本市文書館開館から現在までの取り組み」

   松本市文書館特別専門員 小松芳郎氏

 (3)「松本市における統合文書庫整備事業と文書管理」

   松本市総務部行政管理課法制担当課長小西敏章氏

 (4)質疑応答

   ※終了後、有志による意見交換会を予定しています。

 

お申込み詳細は:

http://www.jsai-kanto.jp/news1.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150703.jpg

 

天理大学人間学部総合教育研究センター(図書館司書課程)の古賀 崇准教授が「国内公文書館紀要へのリンク集」のページを開設しました。「研究者」中心の研究人材双方向コミュニケーションサービスのresearchmapを利用しています。

 

「国内公文書館紀要へのリンク集」:

http://researchmap.jp/T_Koga_Govinfo/%E5%9B%BD%E5%86%85%E5%85%AC%E6%96%87%E6%9B%B8%E9%A4%A8%E7%B4%80%E8%A6%81%E3%81%B8%E3%81%AE%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF%E9%9B%86/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  indexc150701.jpg

 

千葉県浦安市は、東日本大震災に関連した行政文書や写真、動画に加え、学術資料や調査記録、市民の体験談などのデジタルアーカイブ「浦安震災アーカイブ」を公開しました。浦安市は、震災の発災時に市内の各所が液状化に見舞われました。液状化対策も含め、道路の復旧率は現時点でも69%とのことです。浦安市GIS(地理情報システム)との連携は8月からを予定しているそうです。

 

浦安震災アーカイブ:

http://urayasu-shinsai-archive.city.urayasu.lg.jp/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexb150701.jpg

 

国立国会図書館と東北大学災害科学国際研究所が2015111日に東北大学青葉山キャンパスで開催した「東日本大震災アーカイブシンポジウム 4年目の震災アーカイブの現状と今後の未来(世界)へ繋ぐために」の概要が、国会図書館月報の651号に掲載されました。

 

国立国会図書館月報のページ:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa150701.jpg

 

書籍や紙資料、紙作新などの修復をしている㈱Conservation for Identity(CFID)が酸性劣化した近代資料(冊子)への保存修復処置事例をウェブサイトに公開しました。

 

http://www.cfid.co.jp/example/titanic/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事