TTトレーディング: 2014年6月アーカイブ

index140624b.jpg

 

国立国会図書館は平成25年度から、本の外箱やカバー、帯などを含む原装のままの保存用複本の収集を開始しました。当分の間は、国内の装幀関係コンクールに出品された図書を収集対象にし、一般の閲覧や複写などには供さず、公共的な展示会のみに貸し出すそうです。収集資料には、バーコードラベルや請求記号ラベルを貼らず、中性紙の袋に入れて関西館の書庫に保存しているとのことです。

詳しくは、国立国会図書館月報639号の1011頁「図書資料の原装保存について」をご覧ください。

 

関連して、「造本・装幀文化の保存と伝承」を絵本作家・画家の浜田桂子氏が寄稿。浜田氏は国内の造本装幀コンクールの審査に関わった経験から、造本・装幀について解説しています。奈良時代の巻子本(かんすぼん)に始まり、折本(おりほん)や袋綴(ふくろとじ)などの歴史を踏まえたうえで、原装保存の意義を「意匠の伝承」「物質としての素材の伝承」「技術の伝承」「時代感覚の伝承」の4つに分けて解き明かしています。(同49頁)

 

国立国会図書館月報はpdfファイルで読むことができます:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

background_tour.jpg

 

国立公文書館が主催する見学会が下記の通り開催されます。

小学生から中高生、教員向けのイベントです。(小学生向けは定員となったため受付終了)

 

■中高生向け

日時: 2014821日(木)・22日(金) 各13301530

場所: 国立公文書館(東京都千代田区北の丸公園3-2

対象: 中学生、高校生で教員の同伴は可能

定員: 各回20名(先着順)

内容: 

   (1)国立公文書館紹介

   (2)書庫見学

   (3)「私の夢法案」作成ゲーム

   (4)企画展説明・観覧

 

■教員向け

日時: 2014821日(木)・22日(金) 各10001200

場所: 国立公文書館(東京都千代田区北の丸公園3-2

対象: 小学校~高等学校までの教員

定員: 各回20名(先着順)

内容: 

   (1)国立公文書館紹介

   (2)所蔵資料等利用方法

   (3)基本展示「日本のあゆみ」説明・観覧

   (4)修復見学

   (5)書庫見学

 

お申込み詳細は「館主催見学会」のページ:

http://www.archives.go.jp/about/activity/background_tour.html

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140615b.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申し込み制(定員40名)、参加費無料です。

 

日時: 2014711日(金) 13301700

会場: 埼玉県立文書館 講座室(定員40名)

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

テーマ: 「地方公文書館実務の諸問題-レファレンス業務、資料防災の現在-」

 【第1部】地方公文書館におけるレファレンス事業の展開

   「尼崎市立地域研究史料館のレファレンス事業について

           久保庭 萌氏(尼崎市立地域研究史料館)

   「レファレンス事業に関わる館内業務システムの構築とその運用」

           西村 豪氏(同上)

 【第2部】地方自治体における資料防災について

   「埼史協専門研究報告書『地域資料の防災対策』について

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

終了後に浦和駅周辺で懇親会が開催されます。

 

http://www.jsai-kanto.jp/modules/bulletin2/index.php?page=article&storyid=39

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

iwai140613.jpg

 

絵画保存修復家の岩井希久子(いわいきくこ)さんの著書です。20134月に出版した『モネ、ゴッホ、ピカソも治療した絵のお医者さん 修復家・岩井希久子の仕事』(美術出版社)に次ぐ著作です。

聞き手・構成はフリーの編集者 中野照子さん。

 

『モネ、ゴッホ、ピカソも治療した絵のお医者さん 修復家・岩井希久子の仕事』:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2013/07/post-314.html

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

プロローグ

第一章    私の生い立ち。そして修業時代

私の家族と幼少時代

絵描きになりたいと夢見る頃

父が教えてくれた絵画修復という仕事

結婚。そして絵画保存修復の道へ

このままではだめだ。何とかしなきゃ

イギリスで絵画修復の仕事を探す

ギブ・アンド・テイクの精神を学ぶ

修復にもオリジナリティが必要

楽しかったロンドンでの生活

女性であってももっと自由に

第二章    絵画修復家として仕事を始める

◎絵画の保存修復の基礎知識

「修復」という言葉の意味

絵画修復の流れ

現代の絵画修復の考え方

イギリスから帰国して、仕事を始める

 ◎当時の時代背景

バブル景気時における絵画修復

      コンディション・チェックという仕事

       ◎コンディション・チェックの基礎知識

        展覧会に関わる職種

        岩井のコンディション・チェック

      絵を守る立場で、ときに厳しく

      経験から生まれたコンディション・レポート

      たくさんの人との出会いが生まれた

      忙しさは頂点に達し、バブル崩壊

第三章    私の絵画修復

もう一度学び直そうと決意

母親になり、子どもを預けて仕事を続ける

公私ともに充実したアメリカでの研修

次女の出産で考えたこと

絵画をよく観察することが基本

◎絵画修復の仕事場

アルチザンの誇りを持って

     修業時代のスモックを着て

     最初は汚れを取ること

     ニスを取り除く

     裏打ちを剥がして平面性を取り戻す

     もう一度張り替え直す勇気も必要

     日本の伝統技術を生かしたパネルを考案

     修復はあくまで謙虚でありたい

     作家のこだわりを知ることも大切

     地味だけど、やりがいのある仕事

第四章    修復から保存へ

最良の修復とは何か

劣化を遅らせる方法を考える

イギリスで共同研究を行う

親子水入らずのロンドン生活

モネの≪睡蓮の池≫との出会い

 ◎地中美術館の構想と制作現場

保存しながら展示する

修復して隔離密閉

モネ室が実現する

二〇〇四年という年

第五章    未来に向けて

山下清の貼り絵を修復

ディズニーのセル画のカビと戦う

ベトナムの絹絵に出会う

絹絵の裏打ちを絹で行う

作家の思いをどこまで伝えられるか

震災の爪痕を残す

美術館名品展で驚いたこと

もう一度、絵画保存修復について

重要なのはこれからの人材育成

夢はガラス張りの修復センター

これからが本番

 ◎岩井希久子をさらに知るために

修復家修業中の貴愛さん

「二人には負けられない」のゑさん

「母は絵に愛されています」

刊行に寄せて 浜田知明

ぼくの知っている希久子さん 野見山暁治

エピローグ

岩井希久子 自筆年譜

(本書で紹介した美術館)

(参考資料・取材協力)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『ソリストの思考術 岩井希久子の生きる力』 

著者: 岩井希久子

聞き手・構成: 中野照子

発行日: 201436日 

発行所: ㈱六曜社

https://www.rikuyosha.co.jp/products/detail4366/

判型: 四六判、206

定価: 1,600円(税別)

 

「ソリストの思考術」はシリーズで、医学者や作家、映画監督などさまざまな分野で活躍している専門家の方々を取り上げています。

「ソリストの思考術」:

https://www.rikuyosha.co.jp/products/detail4315/

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140613b.jpg

 

山形県の美術館・博物館の魅力や特色をPRするイベントが開催されています。

 

テーマ: 『山形日和。』ミュージアム体験

期間: 2014614日(土)~913日(土)

会場: 山形県内49の美術館・博物館

主催: やまがたアートライン実行委員会

取組例: 

・企画展、イベントの開催

・入館料無料期間の設定

・入館料の割引

など

 

詳細は:

https://www.pref.yamagata.jp/pickup/interview/pressrelease/2014/06/06144246/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140313+.jpg

 

お話をされる岩井希久子(いわいきくこ)さんは、絵画保存修復家です。1955年熊本市生まれで、大学受験の時に絵画修復に出会い、イギリスで修復を本格的に学びました。著名な油彩画をはじめ現代アートからアニメーションのセル画まで、幅広く絵画修復に携わっています。彼女がかかわってきた仕事を中心に語り、美術ジャーナリストの藤原えりみさんが聞きます。定員110名、受講料は1,944円です。

 

日時: 2014712日(土) 180020001730開場)

会場: 青山ブックスクール

(東京都渋谷区神宮前5-53-67 コスモス青山B2F青山ブックセンター本店内)

 

お申し込み詳細は:

http://www.aoyamabc.jp/culture/conservator/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
SCN_0002.jpg


文化財虫菌害研究所は3年前から文化財IPMコーディネータ資格制度を設け、九州国立博物館と共催で講習会や試験を実施してきました。本書は、このような活動の中で、現場に即したわかりやすい手引きが欲しいという要望から出版されたものです。

写真や図版も多く、これから文化財のIPMを始めたい方々にもわかりやすく書かれています。巻末にはIPMに用いられる機器や用具類と文化財虫菌害防除認定薬剤などの製品情報も載っています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まえがき

1章 はじめに

2章 文化財IPMについて

2-1日本の文化財分野における生物被害防除の歴史

2-2文化財IPMとは何か

3章 文化財IPMを進めるために必要な情報

3-1文化財に影響を与える因子と文化財IPM

3-2今を知る、平常値を知る

3-3違いに気づく、何が問題かを知る

3-4原因を探る、計画を立てる

3-5IPM基本情報の種類と必要性

3-6IPM情報の収集・整理・活用

4章 PMメンテナンス

4-1IPMメンテナンスとは何か

4-2IPMメンテナンスの方法

4-3IPMメンテナンスの具体例

5章 環境の調査

5-1温湿度の測定

5-2光の測定

5-3空気質の測定

6章 有害生物等の調査

6-1虫の観察と調査

6-2カビの観察と調査

6-3ダストの観察と調査

7章 被害発見時の対処

7-1被害を見つけたら

7-2殺虫・殺菌処置法

8章 IPMの実施体制

8-1館側の実施体制

8-2施工者の実施体制

8-3IPM技術者の育成と資質向上

9章 まとめ

附録(1IPMに用いられる機器や用具類

附録(2)文化財虫菌害防除認定薬剤一覧

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『文化財IPMの手引き』

編集: 公益財団法人 文化財虫菌害研究所 理事長 三浦定俊

発行: 公益財団法人 文化財虫菌害研究所

http://www.bunchuken.or.jp/publication/

発行日: 2014325

判型: A4判・並製  64

定価: 1,800円(税別)

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

図書館見学ツアー.jpg

 

下記の通り開催されます。資料保全に特化したツアー(修理実演と和装本づくり)もあるそうです。

参加費は無料ですが、申込が必要です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時: 第1回【通常見学ツアー】

     2014710日(木)14001540

      2回【テーマ別ツアー<資料保全>】

     2014814日(木)14001630

     3回【通常見学ツアー】

     2014911日(木)14001640

 

通常見学ツアー: 地下書庫、特別文庫、資料保全、視覚障害者サービス室を回ります。

テーマ別ツアー<資料保全>: 資料修理の実演見学と和装本づくり(高校生以上対象)。

 

場所: 東京都立中央図書館

 

定員: 第1回、第3回 20

      第2回 15名  ※すべて先着順

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:

http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=918

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

icon140620.jpg

 

下記の通り案内されています。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

学会開催と小論文の募集のお知らせ

"Adapt & evolve : East Asian materials and techniques in Western conservation"

(適合と発展:西洋保存修復における東アジアの保存修復技術と道具、材料)

日時: 201548日(水)~10日(金)

会場: ブルネイギャラリー、ロンドン(The Brunei Gallery, SOAS http://www.soas.ac.uk/gallery/)

主催: 英国保存修復学会 紙本保存修復グループ The Institute of Conservation (Icon) Book & Paper Group, UK

公式ウェブサイト:  http://adaptandevolve2015.wordpress.com

 

今学会は西洋紙本保存修復界における東アジアの影響を歴史と最新の研究の両方の観点より見直し、これまでに培われた知識、交流を受け継ぎ、そしてさらに発展させてゆくことを目的としております。

 

歴史的側面では、世界中の紙本保存修復のあり方に影響を与えた東アジアの保存修復の技術とまた深い関わりのある材料、道具がいかに西洋の紙本保存修復界に導入、確立され、独自のコレクションに見合った発展を遂げてきたかを振り返ります。西洋と東洋の交流と情報の伝達に尽力された方々を基調講演者として迎えます。

 

最新の研究発表という側面では、現在いかに東アジア各国の独自的技術、材料、道具が世界中の西洋紙本コレクションの保存修復に用いられているかを新たに報告していただきます。

 

どちらの分野でも、学会で発表いただける小論文を募集しております。

630日までに英語で300~500ワード程度の要約文をadaptandevolve2015☆gmail.com(※☆は@に打ち替え)へお送り下さい。発表いただくことになりましたら930日までに選考委員よりご連絡いたします。

ポスターの募集も行いますので、渡英が難しいかと思われる方はぜひこちらにご参加下さい。

 

学会の初日は、ロンドン市内にございます美術館、博物館などの保存修復スタジオへの訪問となっております。

参加者には希望の訪問先をご選択いただき、1~2時間ほどのツアーに参加していただきます。

複数の訪問先の選択も可能ですが、定員制となっておりますのでお早めにご登録下さい。

 

また同時に、学会開催期間中の見本市で保存修復用品の販売を行う機会も設けております。

見本市への参加にご興味がございましたら詳細お問い合わせ下さい。

 

参加登録の受付は9月より開始いたします。

登録方法、費用詳細は公式ウェブサイトにて後日発表いたします。

日本より多くの方々にご参加いただけましたら幸いです。

お問い合わせは福田sayaka☆bookobscure.co.uk(※☆は@に打ち替え)までお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:http://adaptandevolve2015.wordpress.com

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

AMindex140613.jpg

 

福井県文書館は毎月、収蔵資料や館の活動を紹介する企画展示を行っていますが、現在「遺す。伝える。-資料を未来へ-」が開催されています。

福井県文書館が所蔵する最古の資料「劒大明神灯明料注文」(1497年)をはじめ、中世の虫払い関係資料や虫損資料、水害に遭った資料、酸性紙資料などさまざまな原物資料を展示。同時に、文書を保管していた桐箱や杉箱なども出展されています。

会期は2014625日(水)までです。

 

詳細は:

http://www.archives.pref.fukui.jp/fukui/08/m-exhbt/AMindex.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kanba blog140611.jpg

 

東京国立博物館学芸研究部保存修復課長の神庭信幸氏のブログに、67日(土)に行われた文化財保存修復学会の口頭発表の内容がアップされています。タイトルは、「津波被災資料の安定化処理 ―陸前高田市立博物館の取り組み―」です。

 

詳細は:

http://kambanobuyuki.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-bb5d.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

nihonrekisigakukyoukai---.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 2014628日(土) 13301730

場所: 駒澤大学 駒澤キャンパス1号館1204教場

主催: 日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会主催

後援: 全国歴史資料保存利用機関連絡評議会・日本アーカイブズ学会

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

開会挨拶: 木村茂光(日本学術会議会員 帝京大学教授)

報告:

石原一則(日本アーカイブズ学会会長)

   「学会登録アーキビスト制度について」

 

富田健司(栃木県芳賀町総合情報館)

   「地方自治体における公文書館政策の動向―条例制定、公文書館機能、専門職―」

 

瀬畑 源(長野県短期大学助教)

   「特定秘密保護法と公文書管理制度」

 

全体コメント

高埜利彦(日本学術会議会員 学習院大学教授)

 

閉会挨拶: 廣瀬良弘(日本歴史学協会会長 駒澤大学学長)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:

http://www.nichirekikyo.sakura.ne.jp/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140609c.jpg

 

下記の通り公開講演会が開催されます。講演者は韓国の方ですが、日本語の通訳があります。

参加申し込みは不要です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時: 2014621() 14301700

会場: 学習院大学 中央教育研究棟303教室

講演者: 任眞嬉(YIM,JIN HEE/イム・ジンヒ)博士

(韓国・明知大学校記録情報科学専門大学院・准教授、学習院大学客員研究員)

終了後、懇親会があります。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は下記ページの「新着情報」で:

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140609b.jpg

 

下記の通り講演会が開催されます。

入場無料、参加申し込みは不要です。

 

日時: 2014621日(土)14:3018:00

場所: 池袋キャンパス 5号館1 5121教室

対象者 立教大学学生、教職員、交友、一般

 

内容 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

司会・コメント 高橋 一樹 (武蔵大学教授)

 

菊地 重仁 (東京大学大学院人文社会系研究科研究員)

「初期中世ヨーロッパ政治史への「文書形式学的」アプローチ─ 定型表現の形成とその意義について」

佐藤 雄基(立教大学文学部准教授)

「日本中世前期の文書様式とその機能」

川西 裕也 (東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門特任研究員)

「高麗・朝鮮の公文書制度と国家体制」

四日市 康博(早稲田大学総合研究機構中央ユーラシア歴史文化研究所・招聘研究員)

「イル=ハン朝公文書とモンゴル帝国期文書様式の構造」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は:

http://www.rikkyo.ac.jp/events/2014/06/14508/

(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)

140606.jpg

 

国立公文書館が、展示業務や関連イベントなどの補助の非常勤職員を1名募集しています。

雇用期間は、201481日から2015331日まで。募集期限は2014630日です。

応募資格は下記の通り。

(応募資格)

 (1) 戦後の日米関係史、国際関係史等を専門とする大学院修士課程在学以上又はそれと同等の専門知識を有する者。

   (2) 業務遂行に必要なコミュニケーション能力、文章力を有する者。

   (3) PC操作、情報管理、調査分析能力に優れている者。

   (4) 関連文書を読み込むための英語力が堪能な者。

 

詳細は:

http://www.archives.go.jp/saiyou/140606.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140609.jpg

 

長野県図書館協会を母体として学識者、専門家、市民等が参加して、県内の図書館や県立歴史館、博物館、文書館などと連携した「信州地域史料アーカイブ」が初公開されます。公開に先立ち下記のセミナーが開催されます。

 

日時: 2014626日(木) 15001620

場所: 県立長野図書館 3階会議室

内容:

(1) 事業概要の説明とデータベース紹介

(2) 公益財団法人図書館振興財団から挨拶

(理事 石川徹也氏)

(3) 記念講演

「善光寺地震について、その記録と活用」

(長野郷土史研究会会長 小林一郎氏)

 

詳細は長野県図書館協会のページから:

http://www.nagano-la.com/

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2013_2.jpg

 

江戸東京博物館の特集展示「2011.3.11平成の大津波被害と博物館-被災資料の再生をめざして-」は2014323日まで開催されていましたが、岩手県立博物館で行われている救出された資料の修復作業の動画がYou Tubeに残されています。

海水に浸かった紙資料の応急処置としての冷凍保存に始まり、脱塩や除菌、脱臭などの作業や乾燥、製本、修復などの様子がコンパクトにまとめられています。紙資料だけでなく、漁撈用具や植物標本などのモノ資料の修復も紹介しています。時間は817秒です。

 

動画の場所は:

http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/movie/2013/2013_2.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

blog-entry-929.jpg

 

御茶の水女子大学附属図書館のブログLiSA活動日誌(2014520日)にフリーザーパックを利用した、和書の虫・カビ対策の様子が掲載されています。

 

詳細は:

http://ochadailisa.blog32.fc2.com/blog-entry-929.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index140605.jpg

 

歴史資料ネットワーク(代表 奥村 弘 神戸大学大学院教授)が資料保存を担う人材に関する

シンポジウムを開催します。資料代 会員は無料、非会員は500円です。

 

日時: 2014712日(土) 1300

会場: 兵庫勤労市民センター第1・2会議室

テーマ: 「資料保存に集う人々―そのあり方を考えるー」

 

詳細は:

http://www.kobe-sigakukai.com/nc/htdocs/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=12&comment_flag=1&block_id=28

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

blog-post_28.jpg

 

宮城県震災復興推進課が運営するブログ「ココロプレス」が、東北大学災害科学研究所の蝦名裕一助教を訪問、東日本大震災からの歴史資料のレスキューについて取材しています。NPO宮城県歴史資料保全ネットワークの活動などを通じた歴史資料の救出や重要性について報告しています。

「ココロプレス」は大震災に被災した方々が自ら取材した復興の様子や地域の取り組みを発信しているブログです。

 

詳細は:

前編 http://kokoropress.blogspot.jp/2014/05/blog-post_28.html

中編 http://kokoropress.blogspot.jp/2014/05/blog-post_30.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

information_140527.jpg

 

下記の通り、同じ内容の研究会が東京と大阪で開催されます。参加費無料ですが、事前申し込みが必要です。研究会終了後に懇談会(参加費無料)も開かれます。

 

日 時: 【東京】2014626日(木)13:3017:00

             【大阪】2014627日(金)13:3017:00

主 催:文化遺産国際協力コンソーシアム

      国立民族学博物館 (機関研究「文化遺産の人類学」、科研費基盤研究(S

      「権力の生成と変容から見たアンデス文明史の再構築」)

場 所:【26日東京】東京文化財研究所地下セミナー室

               東京都台東区上野公園13-43

          27日大阪】大阪国際交流センター小ホール

              大阪府大阪市天王寺区上本町8-2-6

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京会場、大阪会場ともに同じ内容です。

13:30-13:35 開会挨拶

13:35-13:50 講演1「なぜ今、文化遺産管理に住民参加が必要なのか」

             関雄二(国立民族学博物館研究戦略センター 教授、

               文化遺産国際協力コンソーシアム中南米分科会長)

13:50-14:15 講演2「ペルー国『チャチャポヤの文化的景観(仮称)』の世界遺産登録と

            マネジメントの戦略―登録のコンセプトとエコミュージアム・CBT開発に

            よる文化遺産管理」

             西山徳明(北海道大学観光学高等研究センター長)

14:15-14:30 休憩

14:30-14:55 講演3「世界文化遺産『レブカ歴史的港湾都市』(フィジー国)のマネジメント

             ―リビングヘリテージとしての価値づけとJICA草の根技術協力」

             八百板季穂(北海道大学観光学高等研究センター 特任准教授 )

14:55-15:20 講演4「文化遺産の保存活用と住民参加―ミクロネシアのヤップ石貨と

            ナン・マドール遺跡の場合」

             益田兼房(公益財団法人文化財建造物保存技術協会嘱託)

15:20-15:30  休憩

15:30-16:55  パネルディスカッション(司会:関雄二) 

             コメンテーター:松田陽(イーストアングリア大学日本美術・文化遺産准教授)

16:55-17:00  閉会挨拶 

 

お申込み詳細は:

http://www.jcic-heritage.jp/information/information_140527.html

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック