TTトレーディング: 2013年11月アーカイブ

rikuzenntakada131129.JPG

 

1113日に当ブログ既報の通り都立中央図書館は陸前高田市の被災資料の修理に着手しました。今回は、解体からドライクリーニング、消毒と洗浄、乾燥と平滑化(平らにする)の手順を紹介しています。

 

都立中央図書館で、岩手県陸前高田市の被災資料の修理を行っています。(その2):

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.754374137910741.1073741870.327010277313798&type=1#!/media/set/?set=a.754374137910741.1073741870.327010277313798&type=1

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

tamadepo8.jpg

 

新着文献 『被災資料救助から考える資料保存―東日本大震災後の釜石市での文書レスキューを中心に―』青木 睦著 

 

本書は、2012225日に開催されたNPO法人共同保存図書館・多摩 第13回多摩デポ講座の講演記録です。講演者は、国文学研究資料館研究部准教授の青木 睦氏。東日本大震災後の釜石市での文書レスキューを主導された経験をもとに、資料の救助方法や日ごろの心得などを述べています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに

行政文書の組織的レスキュー始まる

 歴史資料としての「公文書」

 釜石市の公文書レスキューに着手

 「文化財レスキュー事業」での文書救助活動

釜石市での文書救援活動

 完全に流されてしまった戦災資料館

 文書救助作業の実際

 リスト作成は、早期の取り組み

 全滅・壊滅的ではなかったからこそ救助できた

文書の救助とその処置方法の経験

組織としての取り組みなればこそ

文化を伝えていくための日頃の心得

 優先順位を明確にしておく

まとめ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多摩デポブックレット8

『被災資料救助から考える資料保存―東日本大震災後の釜石市での文書レスキューを中心に―』

著者 :青木 睦 

発行 :特定非営利活動法人 共同保存図書館・多摩

発売 :けやき出版  http://www.keyaki-s.co.jp/

発行日 :2013111日、A5判、45p 定価 600円(税別)

 

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

fukushimasaiseito131125.jpg

 

本書は、201323日(日)に同タイトルで福島県文化センターにおいて開催されたシンポジウムがもとになっています。2011311日の東日本大震災以後、福島大学はふくしま歴史資料保存ネットワークや関係機関、自治体などと協力し、歴史資料の保全活動や復興支援のための学術研究を進めています。一方で原発事故による警戒区域の文化財の保全という困難な問題を抱えており、シンポジウムでも双葉町や大熊町、富岡町などからの報告が中心となっています。

 

第一部の「福島県における被災文化財等救援活動の経緯と課題」と第三部の「福島からの提言―震災ミュージアム(仮称)の設置に向けて―」は本書のために新たに執筆されたものです。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに - 本書の構成と概要 阿部浩一

シンポジウム開会の挨拶山川充夫

【基調講演】歴史資料の魅力と活用五味文彦

 はじめに

 一 歴史資料を読み直す

 二 歴史資料のレスキュー

 三 地域の力を歴史に探る試み - 活用に向けて

 

第Ⅰ部 原発事故警戒区域内の文化財保全

   - 被災文化財の今後を考える

福島県における被災文化財等救援活動の経緯と課題丹野隆明

 はじめに

 一 本県の被災状況

 二 文化財の復旧事業の実施状況

 三 平成二三年度における文化財レスキュー活動

 四 平成二四年度文化財救援活動

 おわりに

 

双葉町における文化財レスキューの現状と課題吉野高光

 はじめに

 一 資料館及び町の被災状況

 二 放射線とのたたかい

 三 指定文化財と無形文化財

 四 今後の課題

 

大熊町内の被災文化財救出活動について中野幸大

 はじめに

 一 民俗伝承館及び町内の被災状況

 二 民俗伝承館における文化財レスキュー

 三 大熊町内における文化財レスキュー

 四 立入り制限区域内の文化財救援活動の問題点

 

富岡町とそこにあった文化財の震災後の足取り三瓶秀文

 一 富岡町文化交流センター(文化財収蔵施設併設)と被災の状況

 二 親裁と被災状況

 三 警戒区域からの文化財レスキュー(搬出)

 四 運び出された文化財、そして残された文化財のこれから

 

第Ⅱ部 福島県の歴史・文化遺産の今、そして未来

 

警戒区域における「地域の記憶」継承への取り組み

   - 双葉町泉田家を事例に泉田邦彦

 はじめに

 一 「泉田家資料」レスキュー活動の実態とその成果

 二 地域コミュニティーの崩壊と文化財・歴史資料のゆくえ

 おわりに

 

「計画的避難区域」における文化遺産の保護

   - 復活した飯舘村文化祭が語るもの本間宏

 一 原子力発電所事故にともなう避難区域の設定

 二 飯舘村内歴史資料の保護

 三 資料展と村民文化祭の開催へ

 四 地域再生の条件

 

奉納絵馬の救出と地域の活動

   - 須賀川市朝日稲荷神社の事例内山大介

 はじめに

 一 中通りの震災被害と朝日稲荷神社

 二 絵馬の救出と展覧会の開催

 三 「須賀川知る古会」の活動と公民館での展覧会

 おわりに

 

福島大学による歴史資料保全活動と地域連携阿部浩一

 一 歴史資料保全活動とは - 各地の資料ネット

 二 震災後の福島大学の取り組み

 三 福島県の歴史資料保全活動が抱える課題と福島大学

 

第Ⅲ部 ディスカッションと提言

 

ディスカッション 報告者全員/司会・菊地芳朗

 一 双葉・大熊・富岡町の文化財レスキューと所蔵施設

 二 個人蔵の文化財をめぐる状況

 三 レスキューした文化財をめぐる今後の課題

 四 地域から立ち上がる文化財保全への取り組み

 五 地域住民をつなぐ文化財、伝統芸能、資料調査

 六 五味文彦先生からの提言

 

福島からの提言 -震災ミュージアム(仮称)の設置に向けて菊地芳朗

 はじめに

 一 施設の設置要望にいたる現状と課題

 二 施設の目的・機能・対象

 三 人員と施設

 四 運営と設置場所

 五 震災ミュージアムの役割と意義

 おわりに

 

あとがき

執筆者

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『ふくしま再生と歴史・文化遺産』

編者: 阿部浩一、福島大学うつくしまふくしま未来支援センター

発行日: 20131125

発行: ㈱山川出版社

http://www.yamakawa.co.jp/product/detail/2239/

判型: 四六判、272

定価: 1,890円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index131125b.jpg

 

下記の通り開催されます。定員400名、参加費無料ですが、事前申込が必要です。

 

タイトル「文化財を伝える―奈良時代の美術工芸品を継承する―」

■日 時: 2014118日(土)13001630(開場1200

■場 所: 東大寺総合文化センター 金鐘ホール

 

主催: 文化財保存修復学会

後援: 文化庁・日本文化財科学会・読売新聞社

交通アクセスはこちら http://culturecenter.todaiji.or.jp/accessmap.html

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1300-1305 開会あいさつ

1305-1345 基調講演「正倉院の保存環境をめぐって」

 成瀬正和(宮内庁正倉院事務所)

1345-1355 休憩

1355-1420 講演「奈良における漆工芸の継承」北村繁(漆芸家)

1420-1545 講演「奈良時代の染色を科学する」中村力也(宮内庁正倉院事務所)

1545-1510 講演「奈良時代の文化財を公開する」谷口耕生(奈良国立博物館)

1510-1525 休憩・質問票回収 

1525-1625 パネルディスカッション 「奈良時代の美術工芸品を継承する」

         コーディネーター 村上隆(京都国立博物館)

         パネリスト 成瀬正和、北村繁、中村力也、谷口耕生

1625-1630閉会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://jsccp.or.jp/sympo_nara/

(文責 神谷)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

yakugakutoshokann131125.jpg

 

雑誌「薬学図書館」Vol.58no.4に「資料保存」に関わる近年の課題や取り組みなどについてさまざまなテーマで10件の論文が掲載されています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

《特集:資料保存》図書館資料保存試論 小島浩之

《特集:資料保存》現代日本の資料保存をめぐる動向 白井哲哉

《特集:資料保存》資料保存のためのアドボカシー・マーケティング 木部徹

《特集:資料保存》ナカバヤシにおける資料保存サービス 関根博之

《特集:資料保存》ブッカーと資料保存について 倉田聡ほか

《特集:資料保存》資料保存への取り組みについて 朝生博、川島一恵

《特集:資料保存》親環境燻蒸と書籍保管の環境づくり 黒図諭志

《特集:資料保存》資料の保存とデジタル化 肥田康、川瀬敏雄

《特集:資料保存》医薬品開発関連資料の保存は、安全・安心にアウトソーシング 亀田和信

《特集:資料保存》文書管理に関する各種検定の概要について 手塚みゆき

【トピックス】生涯にわたるキャリア形成を支援する

「図書館・情報担当者をエンパワーする-情報事業に関わる女性のキャリアをひらく」

開催報告 市村櫻子ほか

プロダクト・レビュー ディスカバリーサービス「Primo」の紹介 平野覚

JPLA のうごき

編集委員会から

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

季刊「薬学図書館」Vol.58no.4

発行日: 20131031

発行所: 日本薬学図書館協議会

http://www.yakutokyo.jp/

判型: B5判、351

定価: 2,000円(税込、年間購読料8,000円)

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  archiveseminer131121.jpg 

 

下記の通りアーカイブセミナーを開催。セミナー終了後にアーカイブ構築・電子化・その他資料整理全般についての相談会も開かれます。事前申込制、参加費は無料です。

 

タイトル:第三回 学園アーカイブセミナー

日時: 2013123日(火)13001700

場所: 東京堂ホール

東京都千代田区神田神保町1-17(すずらん通り)

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

講演Ⅰ 13151430

     「大学アーカイブズの設立とその意義―大阪大学の事例を中心に―」

     大阪大学アーカイブズ 菅 真城准教授

講演Ⅱ 14:・401555

     「資料保存の考え方とその実践」

     国文学研究資料館研究部 青木 睦准教授

相談会 16151700(無料、事前予約制)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.archive-support.com/archiveseminar20131203/index.html

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

yamagata131119.jpg

 

このシンポジウムでは「古文書を未来に伝承するため」の現状と課題、求められている保存・管理術などについて討論します。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 20131130日(土) 10001215

場所: 山形大学小白川キャンパス 基盤教育院2号館 2 21教室

主催: 山形大学附属博物館 

お問合せ: 山形大学附属博物館

990-8560 山形県山形市小白川町1-4-12

(山形大学小白川キャンパス 小白川図書館3階) TEL.023-628-4930

 

タイトル: 「山形の古文書を未来に伝承するために」

1部 10001130

コーディネーター: 三上喜孝(山形大学准教授・附属博物館研究員)

パネリスト:

横山昭男(山形大学名誉教授・山形県文化財保護協会会長)

佐藤継雄(元山辺町史編纂委員)

森谷圓人(プロジェクト専門調査員・東北大学大学院専門研究員)

横山隆則(山形市下宝沢区長)

高橋望(山形大学大学院生)

 

2 11:4512:15

質疑応答・パネリストと一般参加者による討論

 

チラシ(pdf 1.4MB):

http://www2.lib.yamagata-u.ac.jp/museum/gazou/ivent/symposium2013/symposium2013.pdf

お問い合わせは山形大学附属博物館へ:

http://www2.lib.yamagata-u.ac.jp/museum/

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

index131119.jpg

 

 

NPO法人歴史資料継承機構(代表理事 西村慎太郎)が第12回例会を開催します。阪神・淡路大震災を機に設立された団体、歴史資料ネットワークが取り組んできた「水損資料修復ワークショップ」を基にしたご報告です。ワークショップもあります。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

「被災資料保全の担い手を広げる

―歴史資料ネットワークによる水損資料修復ワークショップの実践から―」

 

日時: 20131222() 1600

※質疑討論含めて2時間程度

場所: 学習院大学東1号館801号室

報告者: 吉原大志(歴史資料ネットワーク運営委員)

 

NPO法人 歴史資料継承機構じゃんぴん:

info@rekishishiryo.com  (@は半角に)

 (文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

toritsu.jpg 

 

都立中央図書館では岩手県陸前高田市の被災資料の修理を実行することになり、その様子をフェイスブックにアップしています。初回は、代替品のない資料51点を傷みの程度により3段階に分類し冷凍庫に保存するまでです。(各写真をクリックすると解説を読むことができます)

 

都立中央図書館で、岩手県陸前高田市の被災資料の修理を行っています。(その1):

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.745514302130058.1073741865.327010277313798&type=1

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

genbakokai-05.jpg

 

正倉院正倉は1,200年以上の歴史がありますが、大正21913)年に実施された解体修理からちょうど100年が経ち、屋根の葺き替えなどの整備工事の真っ最中です。この期間に一般の方々の保存修理への理解を深めてもらうことを目的に5回の見学会が予定され、過去4回は終了し、今回(5回目)が最後になります。

 

公開日 :201427日(金)~11日(火・祝)までの5日間

見学時間 :900から1500まで、1時間ごとに7回実施。

 

お申込み詳細は、

正倉院正倉整備工事第5回現場公開の見学申込要領:

http://www.kunaicho.go.jp/event/genbakokai/genbakokai-05.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

spa131112.jpg

 

前回(11/8)のブログで乙武洋匡さんによる東京国立博物館の保存修復現場の取材について紹介しましたが、今回は全2回の2回目です。保存修復課長の神庭信幸さんへのインタビューで、修理の実際や分析機器などについて解説しています。

「第19回 乙武洋匡の八面六臂」のコラムに掲載。(文責 神谷)

 

「SPA!」 1119日・1126日合併号

発行日: 20131112

発行: 扶桑社

http://nikkan-spa.jp/magazine/535705

定価: 390円(税込)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

event131112.jpg

 

27回近代の文化遺産の保存修復に関する研究会「近代テキスタイルの保存と修復―Conservation and Restoration of Modern Textiles ―」を東京文化財研究所が開催します。

参加費無料、お申込み締め切りは11/15(金)です。

 

 

日時 :20131122日(金)10:3017:30(受付開始10:00

会場 :東京文化財研究所地階セミナー室

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

10:30-10:40

開会挨拶 岡田 健

(東京文化財研究所 保存修復科学センターセンター長)

10:40-11:20

近代テキスタイルの保存と修復

Conservation and Restoration of Modern Textiles

中山 俊介

(東京文化財研究所 近代文化遺産研究室室長)

11:20-12:00

近代におけるテキスタイル保存の変遷と現在の動向

Conservation of Textiles in the Modern Era: Past and Current Trends

石井 美恵

(東京文化財研究所 客員研究員/染織品保存修復士)

12:00-13:30 休憩 Lunch

13:30-14:40

テキスタイル保存修復の現状:ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館における

テキスタイル、ドレス、アクセサリーの保存修復とマウント方法

Textiles Conservation Today: The Conservation and Mounting of

Textiles, Dress and Accessories at the V&A Museum

マリオン・カイト Marion Kite

(ヴィクトリア・アンド・アルバート美術館

家具・テキスタイル・ファッション保存修復部門責任者)

14:40-15:30

1900年頃のドレスの補修と収蔵品の保存について

Restoration of a Dress around 1900 and Preserving Collection at the KCI

上山 尚子

(京都服飾文化研究財団(KCI) 補修担当)

15:30-15:45 休憩 Break

15:45-16:55

コスチューム・コレクションにおける合成素材

Modern Materials in Costume Collections

クリス・ポロチック Chris Paulocik

(フリーランス・テキスタイル・コンサヴァター/

元メトロポリタン美術館コスチューム・インスティテュート コンサヴァター)

16:55-17:20

質疑応答 Questions and Answers Session

17:20-17:30

閉会挨拶

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申込み詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/japanese/event.html

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

archive-workshop.jpg 

 

タイトル 「東日本大震災に関する書類・写真・動画の整理・保存講習会~被災支援活動の経験・ノウハウを活かすために~」

 

日時 :2013 1213() 16:00 18:00 (15:30開場)

会場 :国立国会図書館東京本館 新館 研修室

募集人数 :50名(先着順)

参加費 :無料

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

16:0016:40 「私たちの活動」を記録しよう!―アーキビストからのご提案

平野 泉氏(立教大学共生社会研究センター 学術調査員)

16:4017:40 活動の記録を残すために―今できることは?―

工藤安代氏(特定非営利活動法人アート&ソサイエティ研究センター 代表理事)

<参考>

『アート・アーカイブ ガイドブックβ版』

17:4018:00 質疑応答

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/archive-workshop.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

index131111.jpg

 

下記の通りシンポジウムが開催されます。参加申し込みは不要です。

 

タイトル 「震災資料・学校資料をどのようにして保全し活用するか」

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

主催 新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野

共催 新潟大学人文学部地域文化連携センター、

    新潟歴史資料救済ネットワーク、新潟史学会

 

日時 :2013128日(日)13001730( 受付開始1230

会場 新潟大学総合教育研究棟D1階大会議室

 

報告1 震災資料 13001420

板垣貴志(神戸大学)

 現代社会と災害アーカイブ―求められていること、できること―

吉野高光(福島県双葉町教育委員会)・白井哲哉(筑波大学)

 双葉町役場が保有する東日本大震災関係資料の保全・整理作業とその課題

田中洋史・田中祐子(長岡市立中央図書館文書資料室)

 新潟県長岡市における東日本大震災避難所史料の整理と研究

―長岡ロングライフセンター福祉避難所を中心に―

 

報告2 学校資料 14401540

大平 聡(宮城学院女子大学)

 学校資料の保全と活用―その実際と課題―

松本洋幸(横浜市史資料室)

 横浜の関東大震災と小学校―応急対応と学校資料について―

田中大輔(山形資料ネット)

 宮城県農業高校資料の価値と保存―山形ネットの資料救済活動を通じて―

パネルディスカッション 16001730

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

詳細は :

http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/news/2410/

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

spa1122.jpg 

 

ベストセラー『五体不満足』の著書で有名な乙武洋匡さんが東京国立博物館の地下にある文化財の保存・修復現場を取材しました。ご案内は同館の保存修復課長の神庭信幸さんです。文化財の劣化防止のための中性紙保存箱の制作場面や粉消しゴムによるドライクリーニングなどをはじめ写真入りで紹介しています。「第18回 乙武洋匡の八面六臂」のコラムに載っています。(文責 神谷)

 

「SPA!」 1112日号

発行日: 2013115

発行: 扶桑社

http://nikkan-spa.jp/magazine/530400

定価: 380円(税込)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

kigyouarcivesnorironntojissenn.jpg

 

企業史料協議会は、2006年に『ビジネスアーカイブズ入門ガイド』を刊行し、協議会が開催するビジネスアーキビスト研修講座などのテキストに活用されてきました。近年では、デジタル化の進展やインターネットの活用など環境が大きく変化してきたため『ビジネスアーカイブズ入門ガイド』をベースに新たに企画・編集したものが本書です。

 

以下はカバー扉の紹介文です。

「企業アーカイブズはなぜ重要か、アーカイブズは企業経営に何をもたらすか。

豊富な事例を基に、アーカイブズの考え方と備え方、社史編纂、デジタル時代のアーカイブズ、アーキビストの役割等を集成した日本で初めての企業アーカイブズ論。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

刊行にあたって  歌田勝弘(企業史料協議会会長)

(理論編)

第一章  経営資源としてのアーカイブズ 

松崎裕子(公益財団法人渋沢栄一記念財団)

第二章  「記憶」がつくる企業文化―構築と活用―

       上田和夫(企業史料協議会広報部会長)

第三章  社史編纂と企業アーカイブズ

       橘川武郎(一橋大学大学院教授)

第四章  機能としてのアーカイブズ―施設がなくても始められる―

       森本祥子(東京大学史史料室)

第五章  デジタル文書と企業アーカイブズ

      ―担当一名、しかも兼任、それでも可能なアーカイブズ―

       佐藤政則(麗澤大学大学院教授)

(実践編)

第六章  史資料の資源化

       柚木俊弘(ダイキン工業株式会社)

第七章  史資料の管理

       野秋誠治(森永製菓株式会社)

第八章  情報発信とサービス提供

       牛島康明(味の素株式会社)

第九章  社史の編纂プロセス

       村井 清(トヨタ自動車株式会社)

第十章  企業アーカイブズと著作権

       伊藤 真(弁護士、ライツ法律特許事務所)

       平井佑希(弁護士、ライツ法律特許事務所)

第十一章 組織・体制―企業アーカイブズ・アンケート調査結果を素材に―

松田正人(企業史料協議会研究部会長)

 

執筆者紹介

企業史料協議会のご案内

あとがき

索引

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 『企業アーカイブズの理論と実践』 

編者 :企業史料協議会

http://www.baa.gr.jp/

発行所 :丸善プラネット㈱

http://planet.maruzen.co.jp/top_frame.html

発売所 :丸善出版㈱

http://pub.maruzen.co.jp/

発行日 :2013115

判型 :四六判、193

定価 :2,000円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック