TTトレーディング: 2013年5月アーカイブ

kaminobunnkasi.jpg

 

著者はドイツの作家、ジャーナリストです。

「印刷することもできれば、モノを書くことも、破ることも折りたたむこともできる、白い魔術の顕現―紙。

電子ペーパーの時代を迎えた今、近代以降の礎となったアナログの世界、すなわち「グーテンベルクの時代」とそれを包括する「紙の時代」を新たに検証し、文学・史料の援用をまじえながら、物質/情報両面の媒体(メディア)たる紙を論じる。」(扉の解説より引用)

 

主な内容は、

プロローグ―紙を蝕む細菌

Ⅰヨーロッパにおける紙の普及

第1章      サマルカンドからの紙片

第2章      高まるざわめき

第3章      普遍物質

Ⅱ版画の裏で

第4章      <印刷されるもの>と、<印刷されないもの>

第5章      冒険者と紙

第6章      透明な活字

Ⅲ大規模な拡大

第7章      製紙機の悪魔

第8章      新聞用紙と、大衆紙の成立

第9章      照らし出される内面世界

第10章   近代の紙

エピローグ―アナログとデジタル

解説

参考文献

原注

索引

 

『メディアとしての紙の文化史』

著者: ローター・ミュラー

訳者: 三谷武司

発行日: 2013531

発行: 株式会社東洋書林

http://www.toyoshorin.co.jp/detail.php?isbn=9784887218130

判型: A5変形判、402

定価: 4,500円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

geppou130529.jpg

 

昨年1220日(木)に国立国会図書館で開催された第23回保存フォーラム「地震に対する図書館の備え―良かったこと、分かったこと―」の報告が国会図書館の月報626号(2129頁)に掲載されました。フォーラムでは、図書館建築の専門家や東日本大震災の被災地域の県立図書館や大学図書館からの報告がありました。実際の資料の被災状況や復旧活動、書架の安全対策や資料の落下防止対策について具体的に述べられています。

 

国立国会図書館月報626号は下記ページからpdfで:

http://www.ndl.go.jp/jp/publication/geppo/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

event130529.jpg

専門図書館協議会が開催する図書館・博物館などのカビ・虫対策としてのIPM(総合的有害生物管理)のセミナーです。

 

日時: 2013619日(水) 18002000

会場: 日本図書館協会会館2階 研修室

     東京都中央区新川1-11-14

共催: 専門図書館協議会関東地区協議会、専門図書館協議会中央事務局

講師: 川越和四氏(イカリ消毒㈱技術研究所顧問)

参加費: 会員は無料、非会員は3,000円、学生は1,000

定員: 50名(申し込み先着順)

 

お申込み詳細は:

https://www.sentokyo-kanto.org/info/event.php?eid=77

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

nihonnniokeruseiyouga130527.jpg

 

本書は、20121013日に一橋大学一橋講堂で開催された公開シンポジウムの記録集です。シンポジウムは、日本の近代絵画史における「西洋画」の材料や技法の変遷や保存・修復の実際と問題点などについて意見交換することを目的に開催されました。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(特別講演)

西洋壁画の保存修復 青柳正規(国立西洋美術館長、ギリシャ・ローマ考古学者)

(基調講演)

近代日本の油彩画技術 歌田眞介(東京藝術大学名誉教授)

日本の「西洋画」修復 山領まり(山領絵画修復工房)

文化財保存の教育とその問題点 

木島隆康(東京藝術大学大学院文化財保存学専攻保存修復油画研究室)

美術館における保存修復 

伊藤由美(神奈川県立近代美術館専門研究員 保存修復担当)

「現代美術」の保存修復

相澤邦彦(兵庫県立美術館企画・学芸部門 保存・修復グループ主査学芸員)

(パネルディスカッション)

西洋画の保存修復を考える コーディネーター 村上 隆

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

文化財の保存と修復15 『日本における「西洋画」の保存修復』

編集: 一般社団法人 文化財保存修復学会

発行日: 2013610

発行所: ㈱クバプロ

http://www.kuba.co.jp/syoseki/detail.php?no=3287

判型: B5判変形、118

定価: 1,200円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hirogaruarchivesnosekai.jpg 

本書は、企業史料協議会(東京都千代田区三崎町)が発行している活動記録集です。第8集は2012年の記録と2011年に開催された「ビジネスアーカイブズフェア」における衆議院議員上川陽子先生の基調講演が掲載されています。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

ご挨拶 企業史料協議会会長 歌田勝弘(味の素株式会社 特別顧問)

企業史料協議会・平成24年度の活動概況

企業史料協議会・第31回会員総会記念講演

  ビジネスアーカイブズと経営~花王の事例から~

  花王株式会社 取締役常務執行役員 中川俊一

1回ビジネスアーカイブズの日 記念シンポジウム

 特別講演  

  『渋沢栄一伝記資料』デジタル化の意義 渋沢栄一記念財団理事長 渋沢雅英

  『渋沢栄一伝記資料』のデジタル化  

  公益財団法人渋沢栄一記念財団 実業史研究情報センター 小出いずみ

基調講演

  「知識循環型社会における現代日本文化資産のデジタル化」

   ─ビジネスアーカイブへの提言のために─

   東京大学副学長 東京大学大学院 情報学環教授 吉見俊哉

事例報告&パネルディスカッション

 デジタル時代のビジネスアーカイブズ

  事例報告①:デジタル化で、創業者理念を再発信

         社内外からの照会にも迅速な対応

          パナソニック株式会社社史室 前室長

          松下幸之助歴史館 前館長 関 冬樹

  事例報告②:過去と現在を語り継ぎ、未来のあるべき姿に言及

          株式会社資生堂 

          資生堂企業資料館 館長 磯田 篤

  事例報告③:ビジネスアーキビスト講座を受講

         資料管理、デジタル化のきっかけに

          東洋紡株式会社 

          広報室・社史編纂室 三谷直子

 

  パネルディスカッション

 

Special Lecture

企業史料協議会創立30周年記念「ビジネスアーカイブズフェア」

基調講演 「残す、伝える、役立てる アーカイブズを社会の力に―」

       衆議院議員(元公文書管理担当大臣) 上川陽子

 

---------------------------------------------------------------

 

『企業と史料』第8集「拡がるアーカイブズの世界」

発行日: 2013520

編集・発行: 企業史料協議会

判型: B5判、104

頒価: 5,000円(税込み)、会員には無償配布。

 

企業史料協議会:

http://www.baa.gr.jp/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index130520b.jpg 

 

文化財保存修復学会第35回大会の概要と研究発表プログラムなどが公表されました。今年の研究発表は口頭発表25件、ポスター発表130件です。発表に加え、特別講演やプレイベントなどが予定されています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

会期: 2013720日(土)~21日(日)

会場: 東北大学百周年記念会館川内萩ホール(宮城県仙台市青葉区川内40

 

1.大会(研究発表)

期日: 2013720日(土)~21日(日) 

会場: 東北大学百周年記念会館川内萩ホール

2.総会

期日: 2013721日(日) 

会場: 東北大学百周年記念会館川内萩ホール

3.機器等展示

期日: 2013720日(土)~21日(日) 

会場: 東北大学百周年記念会館川内萩ホール

4.懇親会

日時: 2013720日(土) 18002000

会場: 東北大学川内北キャンパス「川内の杜ダイニング」

 

(その他関連行事)

■特別講演

日時: 2013720日(土) 16301730

会場: 東北大学百周年記念会館川内萩ホール

タイトル: 「災害が進めた学際連携-文化財を未来へ-

講演者: 平川 新(東北大学災害科学国際研究所所長)

 

■プレイベント

期日: 2013719日(金)

①公開シンポジウム・文化財保存修復学会

タイトル: 「救え!故郷の証-津波被災資料の応急処置と修復」

会場: 仙台市博物館ホール

②エクスカーション(4コース)

1)多賀城市、2)岩沼市・亘理町、3)東北歴史博物館、4)宮城県美術館・石巻文化センター

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

研究発表の内容やお申込みなど詳細は:

http://jsccp.or.jp/taikai35/index.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index130520.jpg

 

下記の通り全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の関東部会の平成25年度総会と記念講演会が開催されます。定員100名、参加費は無料ですが、参加申し込みは会員優先になります。

 

<総会>

日時 2013612日(水)13:00-14:30(受付開始:12:30から)

会場 埼玉会館 7B会議室 くすのき(定員100名)

 

<総会記念講演会(第271回定例研究会)>

日 時 2013612日(水)15001630(受付開始:1430から)

会 場:埼玉会館7B会議室くすのき(定員100名)

講 師:片山善博氏(慶応大学法学部教授)

演 題:「国と地方の公文書管理~公務員の公文書管理意識を改善するために~」

 

詳細は:

http://www.jsai-kanto.jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=5

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

jinnbunnkeihakubutukannsiryouhozonn.jpg

 

本書は、平成244月から学芸員養成課程に新設された科目「博物館資料保存論」に合わせて出版されたものです。資料の劣化原因や我が国の伝統的な保存方法、保存科学の歴史、劣化資料の修理や復元、取り扱い方や収納などについて解説しています。学芸員養成新課程の改変・新設科目を詳述するシリーズは、ほかに『人文系 博物館資料論』と『人文系 博物館展示論』(共に青木 豊編)が同時に出版されています。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに(青木 豊)

第Ⅰ章 資料保存の意義(青木 豊・内川隆志)

1節 人文系博物館設立の意義

2節 資料保存の目的と意義

3節 資料保存史

 

第Ⅱ章 資料の劣化・損壊の原因(青木 豊・平澤佑加子・山本哲也)

1節 経年による劣化・損壊

2節 虫害

3節 火災

4節 自然災害―地震・津波・水害―

 

第Ⅲ章 日本文化としての資料保存意識(大谷 歩・落合知子)

1節 古典に観る虫害と防除対策

2節 煙と日本人

3節 土蔵・桐箱・曝涼等にみる日本の伝統的保存方法

4節 博物館収蔵庫の必要要件

 

第Ⅳ章 防除対策(野中優子)

1節 エキボンによる燻蒸法の確立と消長

2節 生物被害とIPM

 

第Ⅴ章 博物館における保存科学の役割(建石 徹)

1節 保存科学の目的

2節 保存科学の歴史

3節 保存科学の技術と理念

4節 ファシリティ・レポート、美術品補償制度

5節 文化財公開施設の計画に関する指針

6節 博物館資料の広がりと保存科学―何をどう残すのか?―

 

第Ⅵ章 劣化・損壊資料の修理・復元

(落合広倫・内川隆志・吉良芳恵・青木 豊・池田朋生)

1節 修理・復元史

2節 修理の目的と三原則

3節 土器・陶磁器の修理・復元

4節 紙資料保存の理論

5節 レプリカ製作の目的と意義

6節 レプリカによる資料の保存と活用

 

第Ⅶ章 資料の取り扱いと収納―末永く保存するために―(原田一敏)

1節 資料、作品を取り扱うときの基本的な注意と準備

2節 資料、作品の収納箱の扱い方

3節 収納箱からの作品の出し方と紐と仕覆の紐の結び方

4節 工芸品の分野ごとの取り扱い方

5節 借用、貸出と梱包

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『人文系 博物館資料保存論』

編著者 青木 豊

初版: 2013510

発行所: 雄山閣

http://www.yuzankaku.co.jp/index.html

判型: A5判カバー装 220

定価: 2,520円(税込)

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

school130502.jpg

 

14回西洋古典資料保存講習会を73日(水)~5日(金)に開催。受講希望者を募集中です。

受講料: 12,000

応募締切日: 524日(金)必着。

 

社会科学古典資料センターでは、メンガー文庫、フランクリン文庫、ギールケ文庫保存修復事業での実績と経験をふまえて、図書館職員、西洋古典資料の研究者等を対象に、保存・修復に関する講習会を平成12年度から開講しています。少人数に対してきめ細かに実技指導を行う実習のほか、事前に受講生から提出されたレポートをもとに、専門家を交えて保存・修復のあり方を討議するコマも設けています。

 

講義内容は、「保存計画のための材料と環境」「劣化調査と保存計画」「資料保存と製本構造、調査票の記入・活用」「本のクリーニング、革装本の手入れ、書見台の制作」「ページ修理の基礎、保護ジャケットの制作」「保存箱と封筒フォルダーの制作」「保存製本」「国立国会図書館における東日本大震災被災資料への対応」です。

講師は、増田勝彦氏(昭和女子大学)と岡本幸治氏(製本家)、村上直子氏(国立国会図書館)です。

 

WEB上で過去の講習会テキストを読むことができます。

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/school.html#top

(文責 神谷)

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

higashinihonnshinnsaikaraninenn.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日 時: 2013622()  13301730

場 所: 駒澤大学 駒沢キャンパス 1 号館1202 教場

開会挨拶: 木村茂光(日本学術会議会員 帝京大学教授)

 

報 告

荒木一彦(国立公文書館業務課長)

「被災公文書等修復支援事業の実施について」

高橋 修(茨城大学人文学部教授)

「東日本大震災被災資料保全活動の成果と課題

―茨城史料ネットの二年間― 」

白水 智(中央学院大学法学部准教授)

「文化財保全活動とその前提

―長野県栄村での事例から― 」

閉会挨拶:高埜利彦(日本学術会議会員 学習院大学教授)

 

主催:日本歴史学協会・日本学術会議史学委員会

後援:全国歴史資料保存利用機関連絡協議会・日本アーカイブズ学会

 

http://www.jsai.jp/ibbs/b20130427.pdf (pdf、108KB)

(文責 神谷)

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事