TTトレーディング: 2010年11月アーカイブ

passion32.jpg 

図書館や文化施設のトータルプランニングの金剛株式会社は社外報PASSION32号を発行しました。特集は、「魅せる展示の考え方」ですが、施設の整備だけでなくバックヤードの環境保全についても記事が掲載されています。

PASSIONは希望者に無料配布中。お申込みお問い合わせは下記へ。

 

金剛株式会社 総合企画グループ 企画チーム 木本氏

TEL 096-355-8872  FAX 096-352-0227

E-mail tkimotokongo-corp.co.jp (@は半角に)

 

内容は以下の通り。(カッコ内はインタビュー相手または執筆者)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「渋谷にこども図書館が誕生!」(渋谷区立笹塚こども図書館 主査 小林恵美子)

「ムサビの新図書館」(武蔵野美術大学美術館・図書館 事務部長 本庄美千代)

「自動書庫を稼働して」(九州大学附属伊都地区図書課課長 堀之口廣教)

「東京大学経済学部資料室と資料保存」(東京大学経済学部資料室 室長代理 小島浩之)

「MLAにおけるIPM活動の新しい実践と指向」(国文学研究資料館研究部 准教授 青木 睦)

「西新館耐震改修に伴う展示設備の整備」(奈良国立博物館学芸部 部長補佐 内藤 栄)

「博物館が守り伝える、もう一つのもの」(九州国立博物館学芸部博物館科学課 課長 本田光子)

「文化財保存修復研究センターの取り組み」(東北芸術工科大学文化財保存修復センター保存科学研究室 研究員 米村祥英)

「開館後18年を迎えたある美術館」(愛知県美術館 保存担当学芸員 長屋菜津子)

「自由というキーワードに、「自己研鑽」の場」(名古屋芸術大学大学院美術研究科美術学科日本画コース 教授 荒木弘訓)

「資料館のオープン 建築段階からの取り組み」(九州歴史資料館学芸調査室学芸班 技術主査 加藤和歳)

「壱岐発"魅せる収蔵庫"を実現する」(壱岐市立一支国博物館 学芸員 松見裕二)

「保管から「保存」へ」(金剛株式会社企画チーム 木本拓郎)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 kantoubukai.jpg

 

全史料協(全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)の関東部会は、下記の通り第259回定例会を開催します。20101124日(水)・25日(木)に行われた、全史料協京都大会『わたくしたちのアーカイブズ-めざすべき姿-』(京都テルサほかで開催)の参加者らが報告します。

 

日 時: 20101217日(金) 13301700

会 場: 板橋区公文書館 いたばし総合ボランティアセンター第4ボランティア・NPOルーム

      〒173-0001 東京都板橋区本町24-1(旧板橋第三小学校校舎内)

内 容: テーマ『全史料協京都大会の成果と課題』

      13301340 趣旨説明 富田健司(芳賀町総合情報館・関東部会運営委員)

      13401420 報告1 京都大会参加者(12名)「全史料協京都大会に参加して(仮)」

      14201500 報告2 福島幸宏(京都府立総合資料館)「全史料協京都大会とアーカイブズの今後(仮)」

      15001515 休憩

      15151600 質疑応答

      16001700 板橋区公文書館の概要説明と施設見学、解散

      17302000 懇親会(くらら)

参加費は無料、お申込みは下記までFAXかEメールにて。(1210日締切)

記載事項は、①氏名(ふりがな)②会員区分(機関会員・個人会員・準会員・非会員)③所属機関または連絡先名④所属機関所在地または連絡先名住所

 

全史料協関東部会事務局

387-0007 長野県千曲市大字屋代260-6 長野県立歴史館内

全史料協関東部会 事務局 青木、下(しも)

TEL 026-274-3993(直) FAX 026-274-3996

E-mail: shimo-ikuo-rpref.nagano.lg.jp (@は半角に)

 

なお、全史料協京都大会の記録や感想などが下記サイトに掲載されています。

 

源清流清 ―瀬畑源ブログ― 

「全史料協2010年大会の感想(上)」:

http://h-sebata.blog.so-net.ne.jp/2010-11-28

「全史料協2010年大会の感想(中)」:

http://h-sebata.blog.so-net.ne.jp/2010-11-28-1

「全史料協2010年大会の感想(下)」:

http://h-sebata.blog.so-net.ne.jp/2010-11-29

 

図書館史勉強会@関西 関西文脈の会

「紙片が宝に変わる瞬間(とき)を目撃してきた~全史料協テーマ研究会参加記」:

http://toshokanshi-w.blogspot.com/2010/11/blog-post_26.html

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 seminar131.jpg

 

情報漏洩対策ソフトを開発しているハミングヘッズ株式会社は、20101029日に開催された「第4回資料保存シンポジウム デジタルアーカイブの最前線―現状と未来―」の講演記録をセミナーレポートに載せています。(文責 神谷)

: http://www.hummingheads.co.jp/column/seminar/seminar131.html

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

B予告.jpg

渋沢栄一記念財団では、国際文書館評議会ビジネス労働部会などと共催で下記の国際シンポジウムの開催を計画しています。参加申込は2011年3月中旬受付開始の予定です。

詳細は渋沢栄一記念財団のページで

http://www.shibusawa.or.jp/center/network/01_icasbl/Tokyo/01yokoku.html

国際シンポジウム「ビジネス・アーカイブズの価値」

International Symposium: The Value of Business Archives

 

開催日 : 2011年5月11日  午前および午後

会 場 : 国際文化会館講堂

〒106‐0032 東京都港区六本木5‐11‐16 財団法人 国際文化会館

共 催 : 国際文書館評議会ビジネス労働部会(ICA/SBL)、渋沢栄一記念財団、企業史料協議会

対 象 : 企業史料関係者、実務家、研究者、学生など約100名

内 容 : ビジネス・アーカイブズの持つ多元的(経営的、歴史的、学術的など)な価値を明らかにし、その価値を引き出すための政策、所属組織における最新の取り組みについて報告

 

講演者(予定)Tentative Speakers

Didier Bondue Director, Saint-Gobain Group Archives (France)

Chair, ICASBL (2010-12)

Becky Haglund Tousey Senior Manager, Global Archives, Kraft Foods Inc. (USA)

Secretary, ICASBL (2008-12)

Ashok Kapoor Chief Archivist (General Manager), Reserve Bank of India (India)  

Francesca Pino Director, Group Archives, Intesa Sanpaolo (Italy)

Henning Morgen Records Manager, Records Management Services, A.P.Moller-Maersk (Denmark)

Lesley Richmond Director, Archives & Business Records Centre,Glasgow University (Scotland)

Alex Ritchie Business Archives Advice Manager, Archives Sector Depelopment,The National Archives (UK)

Vrunda Pathare Manager, Godrej Archives, Godrej & Boyce Mfg. Co. Ltd. (India)

文責 神谷

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kyoukaiarchives.JPG

『教会アーカイブズ入門』(当ブログの紹介ページ)

 下記の通りワークショップが開催されます。

(主催者のご案内から転載)

本年6月に刊行された『教会アーカイブズ入門』の出版を記念し、ワークシップを開催いたします。当日は、執筆者たちが、資料保存と記念誌発行について教会で実際に役立つノウハウ・勘所を公開。アーカイブズ用品紹介も計画いたします。諸教会の堅実な成長と教会形成にお役立ていただければ幸いです。

日時: 2010 12 13日(月)1400 (受付 1330)

場所:賀川豊彦記念松沢資料館 東京都世田谷区上北沢3-8-19

http://zaidan.unchusha.com/

 

講師:鈴江英一氏 (元国文学研究資料館史料館長)

:山口陽一氏(東京基督神学校校長)

:新井浩文(埼玉県立文書館主任学芸員)

:杉浦秀典(賀川豊彦記念松沢資料館学芸員)

:阿部伊作  (東京基督教大学図書館司書)

 

入場無料  収容定員 50

問合わせ先 東京基督教大学アーカイブズ研究会(図書館内) 阿部

申込:FAXまたはe-mailにて・問合・連絡先:図書館阿部まで FAX0476-46-1407 

Librarytci.ac.jp (@は半角に)

 

*教会アーカイブズ研究会は、日本の教会のアーカイブズ啓蒙に貢献する目的をもっ

て東京基督教大学に置かれた会です。

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 symp1101_2nd.jpg

 

テーマ: 「復興」と文化遺産

日  時: 平成23119日(水)~21日(金)

会  場: 東京国立博物館平成館大講堂(東京都台東区上野公園13-9

主  催: 東京文化財研究所

 

本研究集会では、災害や紛争後の復興過程、あるいは体制・社会変化といった諸局面において文化遺産の保存や修復に込められた意図と、そこで文化遺産が社会に対して果たす役割について考察するとともに、これに関わる文化遺産国際協力のあり方についても議論する場としたい。(開催趣旨より)

 

≪プログラム≫(日英同時通訳あり)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

119日(水)

10:00開会挨拶

   亀井伸雄(東京文化財研究所 所長)

10:10 趣旨説明

   友田正彦(東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 保存計画研究室長)

10:30 基調講演: 被災後の復興における文化遺産の役割

 ニコラス・スタンリープライス(文化財保存修復国際研究センター(イクロム)前事務局長)

11:30 基調講演:人は文化遺産に何を求めてきたか

木下直之(東京大学大学院人文社会系研究科 教授)

12:30-14:00 (昼 食)

14:00 【第1セッション】災害からの復興 :セッション趣旨説明

   議長 奥村 弘(神戸大学大学院人文学研究科 教授)

14:15 アブルッツォ(ラクイラ)・マルケ・ウンブリア(アッシジ):復興の道程

   ルチアーノ・マルケッティ(ラクイラ文化遺産復興政府特命副総監)(イタリア)

15:15 中国における2つの地震後の修復と復興

 侯衛東(中国文化遺産研究院 副院長)

15:55-16:10 (休 憩)

16:10 災害復旧と文化遺産を慈しむ社会-神戸大震災の経験を通して-

   村上裕道(兵庫県教育委員会 文化財室長)

16:50-17:20 セッション討議

18:00-20:00 レセプション(場所未定)

   

120日(木)

10:30 【第2セッション】紛争からの復興 :セッション趣旨説明

 議長 星野俊也(大阪大学大学院国際公共政策研究科 教授)

10:45 アフガン人にとってのバーミヤーン保存活動の意義

   アミール・フォラディ(アガ・カーン財団バーミヤーン・エコツーリズム・プログラム 主任)(アフガニスタン)

11:25 バーミヤーンにおける文化遺産保存と国際貢献

   山内和也(東京文化財研究所文化遺産国際協力センター 地域環境研究室長)

12:05-13:35 (昼 食)

13:35 戦後平和時における文化遺産―ボスニアの場合

 アムラ・ハジムハメドヴィッチ(ボスニア・ヘルツェゴビナ国家記念物保護委員会 長官)

14:15 国境なき文化遺産-西バルカン地域における修復、和解、再融合

   ライラ・ハジッチ(NGO「国境なき文化遺産」 地域調整員)(ボスニア・ヘルツェゴビナ)

14:55 アンコール地域の無形遺産:バランス・ケアに向けて?

   アン・チュリアン(王立芸術大学 教授)(カンボジア)

15:35-16:05 セッション討議

   

121日(金)

10:00 【第3セッション】社会変化の中での復興 :セッション趣旨説明

   議長 私市正年(上智大学アジア文化研究所 教授 イスラーム研究センター所長)

10:15 異なる政治体制にとらわれた文化遺産-ドイツ・ドレスデンの2つの歴史的教会を例に-

   ルドルフ・S・モルゲンシュテルン(ドレスデン工科大学 名誉教授)

10:55 ロシアにおける歴史的復興-将来への戦略か、遺産概念の減損か-

   ナタリア・デュシュキナ(モスクワ建築大学 教授)

11:35 国策としての伝統文化保護継承

   ドルジ・ワンチュク(国立民俗遺産博物館 館長)(ブータン)

12:15-13:45 (昼 食)

13:45 戦後日本の社会変化と文化財保存

   清水真一(東京文化財研究所文化遺産国際協力センター センター長)

14:25-14:55 セッション討議

14:55-15:10 (休 憩)

15:10 総合討議:「復興」と文化遺産、そして国際協力の課題

16:30 閉会挨拶 亀井伸雄

 

事前申込制 参加費(当日お支払い)

一般:9,000円

学生:3,000円

 

お申込み詳細は:

http://www.tobunken.go.jp/~kokusen/JAPANESE/MEETING/SYMP1101/symp1101_2nd.html 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

siryouhozonsemina.jpg

    seminer.pdf

平成21年度図書館振興財団図書館員専門職海外派遣事業の助成による資料保存研修の報告会です。報告者の村上直子氏は、フランス国立図書館で10カ月、カナダ国立図書館公文書館で2カ月の合計1年間の研修を受けました。今回は二館の報告に加え、近隣諸国の現状もご報告いただきます。

 

村上氏の二カ国での研修の様子は下記のブログにも載っています。

http://d.hatena.ne.jp/i-008/

 

日本図書館協会 資料保存委員会が主催し、下記の通り報告会を行います。

テーマ:「フランス国立図書館およびカナダ国立図書館公文書館における資料保存研修の報告会」

日 時:12月9日(木)18:30~20:30

報告者:村上直子(国立国会図書館 収集書誌部資料保存課)

会 場:日本図書館協会会館2階研修室

 

参加費無料、要申し込み。

お申し込み・お問い合わせは村上様まで

メールアドレス: 2009.i.008gmail.com (☆は@に置き換え)

 

日本図書館協会のサイトには近いうちに掲載される見込みです。

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

hukushima.jpg

 

福島県文化振興事業団は「ふくしま文化遺産保存ネットワーク」を廃止し、新たに「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」を発足しました。旧ネットワークは、登録者に向けて文化遺産情報をメールマガジンで配信するにとどまっていたことや「文化遺産」の定義が曖昧だったことなどがあり、十分にネットワークの趣旨が浸透しなかったといいます。これらの問題を解決し、より具体的な行動を起こすために「ふくしま歴史資料保存ネットワーク」を発足したものです。

 

ネットワークの新規登録と記念講演会の案内が下記ページに掲載されています。

http://www.culture-center.fks.ed.jp/shiryounet/con00.html

 

記念講演会『災害文化と地域歴史遺産-阪神淡路大震災から考える-』は下記の通りです。

 

日 時: 20101127日(土) 13301630

会 場: 福島県文化センター2階会議室(福島市春日町5-54

入場無料、申し込み不要、先着120名。

主 催: 福島県文化振興事業団(TEL 024-534-9193

(プログラム)

13301350 趣旨説明

14001530 記念講演 奥村 弘(神戸大学大学院人文学研究科教授)

15401630 意見交換会

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 boukingakkai.jpg

 

高松塚古墳やキトラ古墳壁画の修復をはじめ文化財のかび汚染についての歴史的経緯や現状の問題点について発表と討論が行われます。

 

日 時: 20101127日(土) 10201600

会 場: 東京医科歯科大学 御茶ノ水キャンパス 歯学部歯科棟4F特別講堂

会 費: 両学会会員 500円、非会員 2,000

 

(プログラム)

945 受付

1020 開会挨拶(日本防菌防黴学会会長、畑井喜司雄)

1025 趣旨説明(シンポジウム実行委員)

1030 「文化財のカビ汚染-現在、何が問題となっているのか」 木川りか(東京文化財研究所)

1105 「高松塚古墳壁画やキトラ古墳壁画に危害をもたらすカビとは?」 杉山純多(㈱テクノスルガ・ラボ 千葉分室)

1200 休憩(昼食)

1300 「石造文化財の微生物被害-アンコール遺跡(カンボジア)の場合」 片山葉子(東京農工大学大学院農学研究院)

1355 「文化財保存管理の現状と制御技術」 久米田裕子(大阪府立公衆衛生研究所感染症部)

1430 「カビ汚染問題に対して学術団体のなすべき役割-人・組織の協力体制のあり方」 毛利和雄(日本放送協会 解説委員)

1505 休憩

1515 討論会(司会進行役、佐久間大輔 大阪市立自然史博物館)

1545 閉会挨拶(日本菌学会会長 高松進)

16151800懇親会(歯学部二号館 9階ラウンジ)

 

お申込み詳細は日本菌学会サイトで:

http://wwwsoc.nii.ac.jp/msj7/index.html

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kenntikuzasshi201011.jpg

 

エフェメラとは一時的な筆記物や印刷物を指します。建築に関連する設計資料や図書、電子媒体、部材などは歴史的には残りにくい資料の一つです。日本建築学会『建築雑誌』が11月号(1110日発行)でエフェメラを特集しています。

筆者(神谷)は「環境を整える-包材開発の現場から-」というタイトルで書かせていただきました。

 

11月号の内容は下記ページに:

http://www.xknowledge.co.jp/book/detail/85551011

 

『建築雑誌』:http://www.kenchiku.co.jp/book/detail.php?id=1

社団法人日本建築学会:http://www.aij.or.jp/aijhomej.htm

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1288366924.jpg

 

情報保存研究会は、20101029日(金)、東京・両国の江戸東京博物館において、(社)日本図書館協会と共催で第4回資料保存シンポジウムを開催。タイトルは『デジタルアーカイブの最前線―現状と未来』で、前年を超える276名の参加者がありました。

 

シンポジウムの内容を、ブログ『かたつむりは電子図書館の夢をみるか』がレポートしています。運営しているのは情報メディアマネージメント専攻の大学院生 佐藤翔氏です。

 

ブログ『かたつむりは電子図書館の夢をみるか』:

http://d.hatena.ne.jp/min2-fly/20101029/1288366924

(文責 神谷)

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事