TTトレーディング: 2010年7月アーカイブ

bunnkazainohozonntoshuuhuku12.jpg

 

本書は、2010116日に東京国立博物館・平成館大講堂で開催された文化財保存修復学会公開シンポジウム『文化財をまもる 文化財のまもり手を育てる』に基づいて刊行されました。

 

シンポジウムは美術工芸品の伝統的な修理方法や近年の欧米の修復技術の導入、大学教育に文化財保存・修復の課程が増えてきていること、などを踏まえ「文化財のまもり手を育てる」という副題にしたそうです。(文責 神谷)

 

内容-----------------------------------------------

セッションⅠ 基調講演

1.人材育成にはたす博物館の役割 九州国立博物館長 三輪嘉六

2.文化財保存教育40年 将来に向けて 国士舘大学21世紀アジア学部教授 沢田正昭

 

セッションⅡ 学校教育

1.日本における学校教育の現状と課題 東京学芸大学教育学部教授 二宮修治

2.西欧における文化財保存のための高等教育 東北芸術大学教授 藤原 徹

 

セッションⅢ 社会教育

1.東京国立博物館におけるインターン制度 インターンシップの未来 

東京国立博物館学芸研究部保存修復課長 神庭信幸

2.伝統技術の継承と人材育成 国宝修理装こう師連盟理事長 岡 岩太郎

 

セッションⅣ パネルディスカッション

文化財のまもり手を育てるために コーディネーター 西浦忠輝

パネリスト 三輪嘉六、沢田正昭、二宮修治、藤原 徹、神庭信幸、岡 岩太郎

----------------------------------------------------

 

『文化財の保存と修復12 文化財のまもり手を育てる』

編集: 文化財保存修復学会

発行日: 2010730

5版変型105

定価: 1,400円(税別)

ISBN978-4-87805-111-1

 

発行所: 株式会社クバプロ

http://www.kuba.co.jp/

 

 

『文化財の保存と修復』はシリーズで1999年以来毎年発刊されています。

バックナンバーは以下の通りです。

文化財の保存と修復 1 何をどう残すか?

文化財の保存と修復 2 博物館・美術館の役割

文化財の保存と修復 3 伝統に生かすハイテク技術

文化財の保存と修復 4 歴史遺産と環境

文化財の保存と修復 5 世界に活かす日本の技術

文化財の保存と修復 6 科学で探る先達の知恵

文化財の保存と修復 7 伝統ってなに?

文化財の保存と修復 8 九州の文化財

文化財の保存と修復 9 東北の文化財

文化財の保存と修復 10 博物館の役割と未来

文化財の保存と修復 11 文化財をまもる人たち

文化財の保存と修復 12 文化財のまもり手を育てる

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

bunnkazaiwomamoru.jpg

 

国立民族学博物館の資料管理の事例や地域博物館の活動事例報告とパネルディスカッションが行われます。要事前申し込み、入場無料、定員は350人。(文責 神谷)

 

タイトル:公開シンポジウム「文化財をまもる―みんぞく資料をまもる―」

 

日時 : 平成22911日(土) 1300 1640

会場 : 国立民族学博物館講堂 (大阪府吹田市千里万博公園10-1) 

 

プログラム:

総合司会 日高真吾(国立民族学博物館准教授)

セッション1 基調講演「みんぞく資料をまもる」三輪嘉六(九州国立博物館館長)

セッション2 国立民族学博物館における資料管理の事例

        「国立民族学博物館における資料管理の30年」森田恒之(国立民族学博物館名誉教授)

        「国立民族学博物館における資料管理の現状と今後の展望」園田直子(国立民族学博物館教授)

セッション3 地域博物館とみんぞく資料

        「枚方市立旧田中家鋳物資料館の活動事例」武知邦博(枚方市立旧田中家鋳物資料館民俗資料館学芸員)

        「地域が守るみんぞく資料」伊達仁美(京都造形芸術大学教授)

        「災害とみんぞく資料」内田俊秀(京都造形芸術大学教授)

セッション4 パネルディスカッション

        「みんぞく資料をまもるために」

        コーディネーター 村上隆(京都国立博物館保存修理指導室長)

        パネリスト     三輪嘉六(九州国立博物館館長)

                   園田直子(国立民族学博物館教授)

                   武知邦博(枚方市立旧田中家鋳物民俗資料館学芸員)

                   伊達仁美(京都造形芸術大学教授)

                   内田俊秀(京都造形芸術大学教授)

お申込み詳細は:

http://www.kuba.co.jp/bunkazai-minpaku/

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

seminar.jpg

 

文化財や美術品の調査・修復の際に、赤外撮影が必要な場合があります。従来は赤外ビデオ撮影や専用のコンパクトデジタルカメラしか選択肢がありませんでしたが、画質の点では物足りなさがありました。

今回のセミナーでは、2130万画素の高画質デジタルカメラを使った赤外撮影のデモンストレーションを行います。このカメラは赤外だけでなく、通常撮影(可視光撮影)もできるハイエンド仕様です。

当日は、作品の通常撮影のポイントやライティングなど、プロカメラマンの講義もあります。撮影を希望する資料があれば持ち込みも可ということです。

参加費は諸費用込で3,000円。午前・午後の二部で総入れ替え制です。

参加費など詳細は株式会社パレットのサイトをご覧ください。(文責 神谷)

 

内容:「作品の記録撮影・赤外撮影のための講習」

講師:熊谷 晃氏(スタジオK&A)

主催は株式会社パレット。

 

詳細は:

http://www.paret.jp/ir_camera/seminar.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kaiho2010.jpg

 

元吉備国際大学教授でJICA専門家の坂本勇さんは、2004年に発生したM9.3のスマトラ沖巨大地震によるインドネシア・アチェ州の津波被害による文書の救出事例を、会報『土地家屋調査士』の104月号に執筆しています。

 

アチェ州では16トンもの土地台帳や役所の資料、写真アルバム、業務用パソコンなど多くの「法的記録」や「歴史的資料」が被災しました。投稿文は災害の発生から応急処置、修復作業、デジタル化、被災地への資料の返還までの流れの記録です。

気温35℃、相対湿度83%の気候の中で津波に遭った文書資料は、意外にもカビや腐敗が発生しておらず、海水に含まれる塩分が何らかの作用したのかもしれない、と坂本さんは述べています。

 

近年、日本でも集中豪雨や地震による資料の大規模な被災が報告されていますが、ボランティアや公的災害支援に頼っているのが現状です。米国など先進国では、プロフェッショナルの民間災害復旧企業が活躍しており、日本でも専門企業が必要であることを力説しています。(文責 神谷)

 

 

日本土地家屋調査士会連合会:

http://www.chosashi.or.jp/index.html

会報『土地家屋調査士』104月号(PDF 3MB):

http://www.chosashi.or.jp/activity/publications/kaiho/kaiho2010.html#1004

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 shiryouwonokosu.jpg

東京大学経済学部資料室は、本年4月に学術交流棟に移転しました。開室を記念して下記のシンポジウムと施設見学会を開催します。事前申込制、参加費無料です。

 

 タイトル:開室記念シンポジウム「資料を残す・未来に伝える―LibraryMuseumArchivesをつなぐ」 

日 時:平成22730日(金) 13001700

会 場:東京大学大学院経済学研究科学技術交流棟(小島ホール)2

パネラー:

高山正也(国立公文書館館長)「公文書保存の現況と課題」

斧渕裕史(日本銀行金融研究所アーカイブ館長)「日本銀行金融研究所アーカイブの現況と課題」

佐野千絵(東京文化財研究所保存科学研究室長)「資料の保存環境―設計と管理」

矢野正隆(東京大学経済学部資料室特任研究員)「東京大学経済学部資料室の概要」

司会:

伊藤正直(東京大学経済学図書館長・経済学部資料室長)

 

シンポジウムに合わせて施設見学会も開催します。(シンポジウムのオプションです)

1回目 9401020

2回目 10301110

 

お申込み詳細は東京大学経済学図書館ニュースで:

http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/news2/adiary.cgi/08

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kirokuwomamori.jpg

 

本書は、20084月に日本で初めて「アーカイブズ学専攻」の名称を付けた大学院専門課程が開設された学習院大学大学院人文学科アーカイブズ学専攻が発刊しました。希望者に頒布中(下記)。

 

第一部は、フランスのエコール・デ・シャルト(国立古文書学校)のブルーノ・デルマ教授とアメリカのテキサス大学オースティン校のデイビッド・グレイシー教授の講演及び菊池光興(国立公文書館館長 当時)・高埜利彦(アーカイブズ学専攻教授)・安藤正人(アーカイブズ学専攻教授)三氏の対談記録です。

第二部は、学習院大学アーカイブズ学専攻設置と開設後2年間の記録を掲載。

同学は、本書を足がかりにして、近い将来、アーカイブズ学に関する定期刊行物の出版を計画しています。(はしがきから一部編集)(文責 神谷)

 

 

『記録を守り 記憶を伝える』

―学習院大学大学院アーカイブズ学専攻記念誌―

編集・発行: 学習院大学大学院人文科学研究科アーカイブズ学専攻

発行日: 2010331日初版

4版 102

希望者は返信用封筒(290円切手貼付)を送付。

記念誌刊行の紹介ページ: 

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/05news.html#p33

アーカイブズ学専攻のページ: 

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/

 

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・はしがき

第Ⅰ部 アーカイブズとアーカイブズ学を語る

・フランスのアーカイブズとアーキビスト―1500年の歴史をたどる― 

ブルーノ・デルマ(牧野元紀訳)

・「アーキビストって早起き?」―アメリカにおけるアーカイブズ活動― 

デイビッド・B/グレイシーⅡ世(平野泉・筒井弥生訳)

・日本のアーカイブズとアーキビスト教育の未来 菊池光興・高埜利彦・安藤正人

第Ⅱ部 歩み始めたアーカイブズ学専攻

・アーカイブズ学専攻設置までの歩み

・専攻開設式の記録

・教育課程とカリキュラム

・専攻研究室の紹介

・アーカイブズ学専攻2年間の活動

・アーカイブズ実習

・さまざまな学外活動

・研究活動一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

monjokannboranntea.jpg

 

埼玉県立文書館が7月~12月に開催する「もんじょ館子ども体験教室」は将来の文書館利用者である子どもたちにアーカイブズがどのようなところなのかを理解してもらうための事業です。

内容は、子ども体験教室や地図教室、寺子屋教室、アーカイブズ体験など。子ども体験教室では、日本に古くから伝わる「はんこ」や「和本」「巻物」などの製作体験ができます。寺子屋教室で行われるのは、簡単な古文書の読み書きと和本づくりです。

 

文書館では、子どもたちの物づくり作業の指導補助や野外観察の引率補助などのボランティアを募集中です。希望者はボランティア登録カードに記入して申し込みになります。(文責 神谷)

 

詳細は「文書館子ども体験事業ボランティア」ページで:

http://www.saimonjo.jp/10_kodomokyousitu/botannthia.html

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック