TTトレーディング: 2010年4月アーカイブ

bunnkazainogennzaikakomirai.jpg

 

文部科学省グローバルCOEプログラム「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」(立命館大学)と立命館大学アート・リサーチセンターは、430日(金)・51日(土)に『文化財の現在・過去・未来 ─デジタルとアナログ共存の意義─』のタイトルでシンポジウムを開催します。(参加費無料)

 

「本シンポジウムは、文化を継承する人間を含めたすべての事象を「文化財」として捉える。そして、デジタルとアナログ技術に携わる現在活動中の文化の作り手、担い手、伝い手たちを一堂に招き、それぞれの立場から文化財の現状をお話し頂きながら、文化財保護・継承にまつわる問題点を引き出し、デジタルとアナログが共存していくためにどのような方策を取っていくべきかを検討しながら議論することを目的とする。」(立命館大学アートリサーチセンター サイト「企画について」「はじめに」から引用)

 

プログラム概要は下記の通り。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『文化財の現在・過去・未来 ─デジタルとアナログ共存の意義─』

 

(第1部)文化財の過去そして現在-作る人、伝える人

日 時:430日(金)13001700 (1800より懇親会)

講 演:「伝統色と文化財」吉岡幸雄(染織家・染司よしおか当主)

     「和菓子文化の伝承」中山圭子(株式会社 虎屋)

  「実演・和菓子制作」増戸 稔(株式会社 虎屋)

懇親会:立命館大学末川記念会館レストランカルム

    一般 5,000 円、学生 2,000 円(懇親会は事前申込制)

 

(第2部)文化財の現在そして未来-伝える人、守る人

日 時:51日(土)9001800

講 演:Joe D. Price (日本近世絵画コレクター) The Man Who Painted Light(光を描いた男)」

発 表:関地久治(有限会社 墨仙堂社長)

    山本 修(株式会社 便利堂コロタイプ工房長)

    赤間 亮(立命館大学大学院文学研究科教授・拠点リーダー)

    彬子女王(立命館大学ポストドクトラルフェロー)

 

会 場:立命館大学 創思館1階カンファレンスルーム(12部とも)

お申込み詳細は:http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/GCOE/culturalasset/index.html

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

 

orijinarunoyukue.jpg

 

文化財が傷んだり失われた場合にはオリジナルに忠実な修復や復元が求められます。文化財を伝える専門家がどのようにオリジナルに向き合っているのか?なぜオリジナルを求め続けるのか?どのように伝えていくのか?

 

本書は、2008126日(土)~8日(月)3日間にわたり開催された第32回文化財の保存及び修復に関する国際研究集会「"オリジナル"の行方―文化財アーカイブ構築のために」の報告書です。

一日目は中国古書蹟をはじめ水墨画、浮世絵、写真、現代美術などの文化財関係者からの発表と討議、二日目は、オリジナルの概念について建造物や曼荼羅、観音像、古典芸能など広い分野からの報告と討議がありました。最終日は、敦煌文書や美術史学、文化財アーカイブ構築、屋外彫刻ななどの発表とともに総合討議が行われました。

 

「オリジナル」という言葉には、当初の姿や原型、本物、真正、独創性、唯一性などの意味合いがあります。オリジナルの捉え方は研究の分野や文化財のジャンルによっても違いますが、さまざまな立場の研究者からオリジナルに迫る多様な発表がなされています。(文責 神谷)

 

"オリジナル"の行方 文化財を伝えるために』

東京文化財研究所 編

ISBN978-4-582-21304-1

201038日発行 

5判、376

平凡社

http://www.heibonsha.co.jp/

定価:3,500円(税別)

 

研究集会のプログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2008126日(土)

開会挨拶

基調講演1 モノより思い出、思い出よりモノ  塩谷純(東京文化財研究所)

セッション1:モノ/"オリジナル"と対峙する

発表1  二点の中国古書蹟における光学調査 何傳馨(國立故宮博物院)

発表2  室町時代狩野派扇面画の"オリジナル":宋画との関連 マシュー・P・マッケルウェイ(コロンビア大学)

発表3  肉筆浮世絵と浮世絵版画:浮世絵研究者にとってのオリジナル 浅野秀剛

(大和文華館)

発表4  写真―オリジナルという認識の共有 岡塚章子(江戸東京博物館)

発表5  現代美術とオリジナル 松本透(東京国立近代美術館)

セッション討議 司会:相澤正彦 (成城大学)山梨絵美子 (東京文化財研究所)

 

2008127日(日) 

セッション2:モノの彼方の"オリジナル"

発表1 「おじいさんの斧」:日本文化史におけるオーセンティシティと再生―宇治橋を例に タイモン・スクリーチ(ロンドン大学SOAS

発表2 『諸説不同記』と「現図」胎蔵曼荼羅 津田徹英(東京文化財研究所)

発表3  燈明寺(東明寺)「六」観音像をさぐる シェリー・ファウラー(カンザス大学)

発表4  古典芸能の伝承と変遷:人形浄瑠璃文楽の場合 飯島満(東京文化財研究所)

発表5  雪舟というオリジナルな存在:作家論の功罪 綿田稔(東京文化財研究所)

発表6 仏像の修理・修復:サンフランシスコ・アジア美術館の脱活乾漆像をめぐって 皿井舞(東京文化財研究所)

発表7 更新のオーセンティシティ:木造建築におけるオリジナル 清水重敦(奈良文化財研究所)

セッション討議 司会:勝木言一郎 (東京文化財研究所) 森下正昭 (東京文化財研究所)

 

2008128日(月) 

基調講演2 オリジナルとその保存:文化財アーカイブの可能性と限界 加藤哲弘(関西学院大学)

セッション3:"オリジナル"を伝えること

鼎談 敦煌文書とアーカイブ 赤尾栄慶 (京都国立博物館) マーク・バーナード (大英図書館)  中野照男 (東京文化財研究所) 

発表1 サー・ロバート・ウィット・ライブラリーと矢代幸雄の美術研究所構想 山梨絵美子

(東京文化財研究所)

発表2 遊興文化の残映:彦根屏風の光学調査と情報化 江村知子(東京文化財研究所)

発表3 屋外彫刻調査保存研究会の活動について 田中修二(大分大学)

総合討議 司会:佐野みどり (学習院大学) 田中淳 (東京文化財研究所)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  kaiganoshourai.jpg

 

絵画の修理と修復の違いをはじめ絵画修復に関する講演です。講師の吉村氏は岡本太郎の巨大壁画『明日への神話』をはじめ多くの絵画作品を手掛けました。2004年には『修復家だけが知る名画の真実』(青春出版社)を執筆、絵画修復にまつわるさまざまなエピソードを紹介しています。

 

日時:520日(木)16201750

会場:京都精華大学

講師:吉村絵美留(よしむらえみいる、絵画修復家)

申し込み:不要(無料、先着順)

 

詳細は:http://www.kyoto-seika.ac.jp/assembly/2010_first/a2.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

archives39.jpg.jpg

 

『アーカイブズ39号』(20103月発行)が国立公文書館のサイトに掲載されました。「資料の保存と修復」の項に「リーフキャスティングによる脆弱化した資料の修復」が投稿されています。同館の有友 至、中島郁子、阿久津智広の3氏が共同で執筆。

 

国立公文書館のリーフキャスティングは水頭圧式(水頭圧を利用して紙の欠損部に繊維を流し込む方法)です。同館は、10年前にリーフキャスティングを導入し、年間5,000枚~6,000枚の資料を修復しているといいます。欠損部を埋め、プレス・乾燥までの時間は1枚平均10分程度です。

 

今回の報告では、竹紙が多く使われている漢籍へのリーフキャスティングと薄い和紙による裏打ちの組み合わせ方法を詳述、竹紙だけでなく脆弱な中・下級紙にも適用できることを紹介しています。(文責 神谷)

 

アーカイブズ 第39号:

http://www.archives.go.jp/about/publication/archives/039.html

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック