TTトレーディング: 2010年1月アーカイブ

 

saitamamonnjo.JPG

埼玉県立文書館

115日の当ブログ既報の通り、埼玉県立文書館では3年前から月に34回、10名前後のボランティアの人たちが古文書をなおしています。指導しているのは元宮内庁書陵部修補技師長の横山謙次さんです。今回、その現場を見学する機会を得ましたのでご紹介します。

                              ボランティアメンバーと横山さん(右端)

shuuhosidou.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                   

                                                                                    

 

文書館の古文書修補は、長い間専門の修復業者が請け負っていましたが、彩色された資料やふやけた紙、虫が挟まってくっついてしまった文書など難易度の高いものを除き、ボランティアの人たちに処置をゆだねることにしました。たとえば、正麩糊の炊き方から裏打ち、虫損直し、製本など幅広い処置です。ボランティアのおかげで、すでに80冊以上の古文書が利用できるようになりました。

 

 

hosokawashi.JPG 

修補に使う手漉き和紙は主に埼玉県小川町の細川紙、

楮紙や渋紙(柿渋をしみこませ耐水性がある)など

 

文書館では、文書資料保存活動の一環として、古文書講座の参加者の中から希望者を募り、3日間にわたる横山さんの基礎研修を行いました。現在では、横山さんは月に12回指導にあたっています。

 

 

                              メンバー作成の修補マニュアル

shuuhomanyuaru.JPG

「学校の授業とは違い原物資料そのものが教材です。「取り返しのつく修補」を原則にし、途中から参加する人もいるため、カリキュラムに沿った指導ではなく、資料の状態に合わせた修理方法や本人の技量に合った技術を教えています。修補の基本方針は、「使えるようにするために解体すること」です。こより(紙縒り)一本でも結び方などの原形を尊重しながらなおしています。本紙より厚くしない、堅くしない、色を濃くしないことなども守っています。」(横山さん)

 

 

 

                                

 

横山さんは、千葉県白井市や印西市の文化財審議委員、鎌ヶ谷市市史編さん審議委員の肩書を持ち、県立文書館以外に戸田市立博物館でも修補を指導。徳島県立文書館では年一回のボランティア指導をされています。

 

 

yokoyamasann.JPG 

横では横山さんのお話をメンバーが丹念にメモをとっている 

 

 

tyuuseisihozonnbako.JPG 

修補が済んだ資料は中性紙保存箱へ収納

「これらの古文書は、国レベルで考えたらたいしたことはないかもしれませんが、地域にとってはかけがえのない史料群です。自治体の古文書修復は、学芸員や正規職員に教えても、人事異動があり継続的な仕事になりにくい。地域ボランティアの力を借りるのが良いのではないでしょうか。自治体の予算は、もっと難しい修理に回すべきです。

市民が資料保存活動に参加することは、地域の歴史資料を残す上でも意義のあることです。皆さん、資料に愛着もあり、後世に残る仕事として生き生きと取り組んでくれています。」(横山さん)

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

miraihehonnga.jpg

東京都立中央図書館(港区南麻布)は、200922日(火)~20日(土)まで図書資料の保存・修理の企画展を開催します。内容は、図書館の資料保存の取り組みと和装本の修理について原物資料の展示や写真パネルなどによる紹介です。

 

会期中の210日(水)には、講習会「図書修理の実演見学と和装本をつくる」が開かれます。(定員15名) 普段見ることのできない修理の現場を見学でき、「初めての和装本づくり」の体験もできます。

(企画展は図書館4Fの企画展示室で、講習会は地下1階の資料保全室で開催。)

 

資料保全室は、現在から未来にわたり図書資料を良好な状態で提供できるよう、保存・修理に取り組んでいます。(文責 神谷)

 

東京都立中央図書館トップページ : http://www.library.metro.tokyo.jp/index.shtml

企画展 : http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2010/01/21k1d100.htm

講習会 : http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2010/01/21k1d100.htm

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

nihonnnokoubunnsho.jpg

20096月に公文書管理法が成立し、20114月に施行されます。松岡氏は日本経済新聞の編集委員で、公文書管理法の成立過程をつぶさに取材してきました。氏によると、古文書の記事を執筆するために国文学研究資料館を訪ねたことが、アーカイブズの世界を知るきっかけになったそうです。

 

資料館で紹介された学習院大学のアーカイブズのシンポジウムに参加し、日本が、欧米をはじめ中国や韓国などの近隣諸国よりアーカイブズの面で大きく後れをとっていることを著者は知りました。その後、日経新聞の「文化往来」というコラムに連載、記事を読んだ福田康夫官房長官(当時)の目にとまり、懇談会ができ、昨年の法成立につながったといいます。

 

近年の薬害エイズや年金記録など身近な問題をはじめ多くの取材をもとに、より良い社会をつくるうえで、公文書やアーカイブズ(記録資料)の管理・保存がいかに重要であるかということを訴えています。(文責 神谷)

主な内容------------------------------------------------------

はじめに

I 公文書管理法はなぜ、必要なのか

公文書管理法は何のための法律か

「公文書」は国民共有の知的資源

情報公開とアーカイブズ

日本の現実

杜撰な文書管理は日本の伝統か?

 

Ⅱ 公文書管理法の成り立ち

公文書管理法成立へ

公文書管理法

公文書管理法の課題

 

Ⅲ 深くて広いアーカイブズの海

深くて広いアーカイブズの海

知られざる〝負の遺産〟

記録は時代の証人─1 市川房枝

記録は時代の証人─2 満鉄・藤原豊四郎

記録は時代の証人─3 横浜正金銀行資料

記録資料は力

 

Ⅳ デジタル化の功罪

研究資源共有化システム

SMART-GS

デジタル化とMLA連携

デジタル・ジレンマ

 

Ⅴ 記録資料を残す意味

新潟・中越地震ボランティア

熊本県・宇城市アーカイブズ

公文書以外のアーカイブズ・建築、音楽、漫画

公文書以外のアーカイブズ・公害裁判、学徒出陣、労働資料

 

Ⅵ 記録資料を残すには

デジタル時代のアーキビスト

あとがき

巻末資料●日本の公文書館一覧

巻末資料●参考URL一覧

 

----------------------------------------------------------------

 

『日本の公文書 開かれたアーカイブズが社会システムを支える』

松岡資明(まつおかただあき)著

ISBN978-4-7808-0140-8 C0000

2010120日発行 初版1,500

B6判、200

ポット出版

http://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-7808-0140-8.html

定価1,800円(税別)

 

「『理想書店』というサイトで、電子書籍としての販売も予定しています。」(編集者 大田洋輔さん)

電子書籍の『日本の公文書館』は1/22(月)に発売予定。

電子書籍の『日本の公文書』は1/22(金)に発売予定。

理想書店:http://www.dotbook.jp/store/

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(1)

kenseinews.jpg

 

埼玉県立文書館では、収蔵文書の簡易補修と点検作業を県民(ボランティア)の手で行い、今年で3年目です。活動は年に36回を予定しており、今月の1/15(金)と1/22(金)には元宮内庁書陵部修補技師長の横山謙次氏が指導にあたることになっています。「参加者は毎回10人前後です。文書の虫損直しや裏打ち、製本など簡易補修を市民の手で行うことは、埼玉県戸田市や徳島県など全国に広がりつつあります。」(古文書担当 渡 政和さん) (文責 神谷)

 

詳細は「埼玉県県政ニュース」で :

http://www.kyouiku.spec.ed.jp/contents/news_sorce/n10011302.html

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 IACE2010.jpg

 

IACE2010International Archival Culture Exhibition2010)事務局は、6月にソウル市内でアーカイブズの国際展示会を開催します。世界各国からアーカイブズ関連企業の出展を募集中です。内容は、1ITと電子記録、2)電子文書、3)紙文書、4AV資料、5)施設やセキュリティ、環境、6)文化遺産の保護などが中心になります。約40カ国が出席するICA(国際文書館評議会)の常任理事会に合わせて開かれるものです。

韓国国立記録管理院韓国国家記録院はもとより政府機関の職員数千人が参加予定。世界各国からも国際機関やアーカイブズ施設の管理者や現場担当者が多数参加の見込みです。(文責 神谷)

 

会期:201061日(火)~6日(日)

会場:韓国ソウル市江南区三成洞貿易センターCOEX

主催:IACE2010International Archival Culture Exhibition2010)事務局

 

詳細はIACE2010サイト(英語)で : http://www.iace.or.kr/eng/main.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック