ブログもんじょ箱でタグ「3.11以後の文化財・歴史資料保全の取り組み、広域大規模自然災害資料保全体制を考える、新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野」が付けられているもの

bunnkazairekisisiryouhozenn.jpg

3.11東日本大震災以後の広域大規模自然災害被災地の文化財・歴史資料保全の支援に取り組まれてきた山形・新潟・富山県の方々に報告をしていただき、今後の資料保全支援体制を検討します。312日の長野県北部地震 被災地、7月末の新潟・福島豪雨被災地での支援の取り組みの報告もあわせて行い、地域文化の復興と再生について考えていきたいと思います。(ご案内から抜粋)

 

日 時: 2011123日(土)13001700

場 所: 新潟大学総合教育研究棟D棟1F大会議室

主 催: 新潟大学 災害・復興科学研究所 危機管理・災害復興分野

共 催: 新潟大学人文学部附置地域文化連携センター,学系プロジェクト

「環東アジア地域における社会的結合と災害」,新潟史学会,

新潟歴史資料救済ネットワーク

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 1.報告 小林貴宏(山形文化遺産防災ネットワーク)

 「山形文化遺産防災ネットワークの3.11以後の文化財・歴史資料保全の

 取り組み」

大楽和正(新潟県立歴史博物館)・森行人(新潟市歴史博物館)

 「東日本大震災文化財・歴史資料保全と新潟県立歴史博物館・新潟市

 歴史博物館の物資支援体制」

飯島康夫(新潟大学災害・復興科学研究所)

 「宮城県の被災民俗資料の保全と新潟県における支援の取り組み」

田中洋史(長岡市立中央図書館文書資料室)

 「東日本大震災時の避難所における資料保全の取り組み-長岡市の場合-

近藤浩二(富山県滑川市立博物館)

 「長野県栄村文化財レスキューにおける富山県からの活動協力」

田辺幹(新潟県立歴史博物館)

 「2011年新潟・福島豪雨と雲洞庵水損文書保全の取り組み」

樋口勲(長岡震災アーカイブセンターきおくみらい)

 「2004年中越大震災と文化財・歴史資料の保存及び伝承の取り組み」

 

 2.パネルディスカッション

パネラー:小林貴宏・大楽和正・飯島康夫・田中洋史・近藤浩二・田辺幹・樋口勲

司  会:矢田俊文(新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/news/610/

(文責 神谷)

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事