ブログもんじょ箱でタグ「1990-2015 : 一次施設開館から25年のあゆみ』」が付けられているもの

SCN_160907.jpg

 

本書は、東京都写真美術館の20周年史です。1990年の一次施設開館を含めると25年になります。内容は美術館の沿革とあゆみ、展覧会全記録、資料と東京都写真美術館の各部門(実験劇場、教育普及、保存科学研究室、所蔵作品の管理と貸出、図書室、広報、友の会、支援会員)の活動などです。

 

保存科学研究室の活動は、保存性において脆弱な写真の科学的な裏付けによる保存方法の検討や傷んだ作品の劣化の進行を遅らせる予防処置や修復作業が主です。本書によれば、保存科学研究室の研究課題は「古典写真の複製・復元方法」、「白黒プリント、カラープリント、デジタルプリントの暗所保存耐久性試験」「古典写真の解析」の3つだそうです。

以上ほか、部門の年間予算や収蔵環境、作業室、展示室の温湿度や展示の際の年間最大累積照度などの詳細なデータが載っています。保存科学研究室のその他の活動として、教育普及活動やセミナーワークショップなどの記録も挙げられています。

 

 

『東京都写真美術館総合開館20周年史 = The Tokyo Metropolitan Museum of Photography, 1990-2015 : 一次施設開館から25年のあゆみ』

執筆: 福原義春ら26

編集: タカザワケンジ/柴田尚子

発行: 公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館

発行日: 2016331

判型: 190257mm、533

価格: 6,800円(税込み)

東京都写真美術館ミュージアムショップにて販売。

 

東京都写真美術館ナディッフ バイテン:

http://www.nadiff.com/?page_id=198

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事