ブログもんじょ箱でタグ「絵画修復家 田口かおりさんの連載「1966年11月4日、フィレンツェ」第9回」が付けられているもの

indexa161202.jpg

 

歴史資料ネットワークのブログが絵画修復家の田口かおりさんによる「1966114日、フィレンツェ」の連載の第9回が歴史資料ネットワークのブログに掲載されました。

 

9回 修復家たちの奮闘[4]:チェーザレ・ブランディと「予防的修復」

ドナッテロ作"ダヴィデ像"の修復、チェーザレ・ブランディの考える予防的修復と現代の保存修復などに与えた影響について書かれています。

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-09/

 

チェーザレ・ブランディに関する参考図書は、

『修復の理論』チェーザレ・ブランディ著 小佐野重利監訳 池上英洋・大竹秀美訳(2005

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2010/12/post-758.html

『保存修復の技法と思想 古代芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで』 田口かおり著(2015

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2015/04/post-522.html

です。

 

過去の連載は以下の通りです。

•はじめに

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-00/

•第1回「前夜―113日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-01/

•第2回「あふれた川―11月4日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-02/

•第3回「天使の誕生―115日」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-03/

•第4回「荒れ果てた聖堂、水浸しの作品群、涙―11月6日からの闘い」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-04/

•第5回「修復家たちの奮闘[1]:ウンベルト・バルディーニとウーゴ・プロカッチ(前編)」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-05/

•第6回「修復家たちの奮闘[2]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-06/

・第7回「修復家たちの奮闘[3]:ウンベルト・バルディーニとヴィットリオ・グランキ」(後編--「支持体の構造の強化」そして「補彩」へ)

http://siryo-net.jp/contribution/firenze1966-07/

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事