ブログもんじょ箱でタグ「気仙沼大島における第一回漁業史文庫を語る会、神奈川大学常民文化研究所」が付けられているもの

 

kessennnuma.jpg

気仙沼大島の旧大島漁協にあった明治以来の漁協資料は3.11大津波によって被災。冠水した資料を神奈川大学日本常民文化研究所と教員大学院生が奈良文化財研究所の協力も得て洗浄~乾燥・分類整理を行い20127月に終了しました。

資料は新たに建設される大島漁協史文庫に収蔵される予定で、この機会に語る会を企画したそうです。(文責 神谷)

 

日時: 2011114日(日) 13001630

会場: 大島開発総合センター(宮城県気仙沼市字中山115-4

内容:

開会 村上俊一(大島漁協運営委員長)

挨拶 「大島漁業資料整備のいきさつ」水上忠夫(大島漁協前運営委員長)

報告1 「神奈川大学による資料再生と文庫建設」 田上 繁(神奈川大学)重村 力(同)

報告2 「大島の漁協の発達と漁業史資料」 千葉勝衛(郷土史家)

報告3 「気仙沼大島の漁労・社会・民俗から」 川島秀一(神奈川大学)

コメント 「大島の文化の掘り起こし」 堺 健(旅館黒潮/大島宝島代表)

討論 

閉会 小野寺和彦(宮城県漁協大島出張所長)

 

詳細は:

http://jominken.kanagawa-u.ac.jp/cgi-bin/system/topics/index.cgi?c=zoom&pk=1350608742

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事