ブログもんじょ箱でタグ「東日本大震災1400日史料保全の「いま」と「これから」」―宮城資料ネットがシンポジウム 」が付けられているもの

  20141019.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申し込みは不要、入場無料です。シンポジウム終了後に報告者・パネラーの方々を囲んで交流会が行われますが、こちらは事前申し込みが必要です。

 

日時: 20141129日(土) 13001510

会場: 仙台市博物館ホール(宮城県仙台市青葉区川内26

主催: 科学研究費補助金基盤研究S

「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」研究グループ

東北大学災害科学国際研究所 歴史資料保存研究分野

NPO 法人宮城歴史資料保全ネットワーク

共催: 仙台市博物館

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

開会挨拶 平川 新(NPO 法人宮城歴史資料保全ネットワーク理事長)

 報告①「東日本大震災で被災した民間所在史料の救済・保全活動の現状」

     佐藤大介(東北大学災害科学国際研究所)

 報告②「"記憶"に残る"記録"をつなぐ」

     金野聡子(岩手 紙本(しほん)・書籍保存修復)

 報告③「石巻古文書の会の活動 震災のあとさき」

     庄司惠一(宮城 石巻古文書の会)

 報告④「旧警戒区域における民有地域資料の救出活動-富岡町の試み」

     門馬 健(福島 富岡町役場)

コメント

天野真志(東北大学災害科学国際研究所)

 内田俊秀(京都造形芸術大学名誉教授)

パネラー 佐藤大介・金野聡子・庄司惠一・門馬 健・天野真志・内田俊秀

 司会 奥村弘(神戸大学大学院教授)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.miyagi-shiryounet.org/03/news/2014/2014.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事