ブログもんじょ箱でタグ「東北大学東北アジア研究センター」が付けられているもの

rekishiisann.jpg

 

日本列島各地に膨大に残されている古文書や歴史的建造物などの「歴史遺産」。これらは急激な社会の変化や世代交代、大規模災害などを契機に、大量消滅の危機に瀕している。本シンポジウムでは、歴史遺産を守り、未来へと伝えてゆくための新たな取り組みについて議論する。(シンポジウム開催趣旨より)

 

日時: 20101113日(土) 1300

会場: 東北大学川内萩ホール 2階会議室

主催: 東北大学東北アジア研究センター

共催: NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク、地域歴史資料学研究会、東北大学防災科学研究拠点

(入場無料、事前申し込み不要)

 

○報告者・タイトル

・平川新(東北大学東北アジア研究センター教授)

  「古文書を千年後まで残すための取り組み」

・佐藤大介(東北大学東北アジア研究センター助教)

  「歴史学における過去の清算-仙台版「古文書返却の旅」」

・蝦名裕一(東北大学東北アジア研究センター教育研究支援者)

  「「学・官・民」連携による資料保全-くりでん資料保全活動の現在-」

・新和宏(千葉県立中央博物館教育普及課長)

  「千葉県における文化財救済ネットワークシステムの構築と課題」

・西村慎太郎(国文学研究資料館准教授)

  「地域に遺された資料の保存活動の実践と課題 -伊豆と甲州から

 

シンポジウムお知らせページ:

http://www.cneas.tohoku.ac.jp/news/news100930.html

(文責 神谷)

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事