ブログもんじょ箱でタグ「東京大学経済学部資料室、年報第3号(平成24年度)」が付けられているもの

  toudainennpo130412.jpg 

『東京大学経済学部資料室』年報第3号(平成24年度)が刊行されました。東京大学経済学図書館で閲覧することができます。

 

【特集】の「欧州緊急通貨のコレクション紹介」(内田麻里奈)では20世紀初頭の外国紙幣が貼られたアルバムの整理について書かれています。粘着紙とセロハンを組み合わせて装着されていた紙幣を、取り外し、デジタル化、一枚ずつ中性紙封筒に収納して整理する作業が報告されています。

 

【研究ノート】の「資料保存における修補の位置付け―東京大学経済学部資料室の活動から」(設楽  舞)では、保存の4原則に則った最小限の修復や脱酸などさまざまな処置との組み合わせ事例を紹介しながら、資料の修補や保存についての考え方を述べています。

 

【報告】の「東京大学明治新聞雑誌文庫のマイクロフィルム保管環境改善対策について」(長谷川由紀子)では、約14,000本のマイクロフィルムの全点調査の経緯と保管環境の改善対策について解説しています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【特別寄稿】

・ホッブズからスミスへ(水田  洋)

・営業報告書の収集とマイクロ化・デジタル化(武田晴人)

 

【特集「貨幣・紙幣の基礎研究2」】

・東京大学経済学図書館所蔵の古金銀貨幣の科学調査について(沓名貴彦)

・欧州緊急通貨のコレクション紹介(内田麻里奈)

 

【論説】

・仙台藩知行宛行状について(本多俊彦)

・吉田御師・田辺近江が開発した新しい富士信仰

― 東北大学附属図書館所蔵『扶桑国御祭免し』の史料紹介を兼ねて(大谷正幸)

 

【研究ノート】

・カタルーニャの製紙 ―カペジャーデス紙工場博物館にみる

18世紀スペインの製紙工場(笠原健司)

・資料保存における修補の位置付け

―東京大学経済学部資料室の活動から(設楽  舞)

 

【報告】

・矢田貝家文書平成24年度調査概報 : 第二次・第三次調査(冨善一敏)

・東京大学明治新聞雑誌文庫のマイクロフィルム

保管環境改善対策について(長谷川由紀子)

・ベトナムにおける地方図書館の機能とその発展

-ロンアン省図書館を訪ねて(大野美紀子)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「東京大学経済学部資料室年報 第3号(平成24年度)」(非売品)

発行日: 2013331

編者: 東京大学経済学部資料室

発行者: 東京大学経済学部資料室

http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/

判型: A4版、128

(文責 神谷)

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事