ブログもんじょ箱でタグ「新潟大学シンポジウム「震災資料・史料保存・災害史研究の融合をめざして」」が付けられているもの

article150904.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

タイトル: 「震災資料・史料保存・災害史研究の融合をめざして」

日時: 20151213日(日) 13001750

場所: 新潟大学総合教育研究棟1F大会議室

 

報告

高橋 満 「福島県立博物館 瓦礫を資料に変換する-ふくしま震災遺産保全プロジェクトの活動-」

日下和寿 「白石市教育委員会生涯学習課 白石市における文化財レスキューとその後」

福嶋紀子 「長野被災建物・史料救援ネットワーク 長野県北部地震後の文化財レスキュー

-拡大する被災地-」

川副早央里(いわき明星大学震災アーカイブ室) 

「 福島県浜通りにおける東日本大震災の記録と記憶

-いわき明星大学震災アーカイブ室の取り組みから考える-」

水本有香(神戸大学大学院人文学研究科) 「阪神・淡路大震災の資料の現状-20年を越えて-」

筑波匡介(中越防災安全推進機構 震災アーカイブス・メモリアルセンター) 

      「震災遺構と地域の復興 ~中越メモリアル回廊の事例から~」

田中洋史(長岡市立中央図書館文書資料室)「長岡市災害復興文庫の構築と発信

                     -新潟県中越地震・東日本大震災の経験を越えて-」

中村 元(新潟大学災害・復興科学研究所)

「日本現代史の中の災害と史料保存―戦後70年の地点から考える」

 

パネル・ディスカッション

司会 矢田俊文(新潟大学災害・復興科学研究所)、報告者

主催 新潟大学災害・復興科学研究所 被災者支援研究グループ

共催 科学研究費基盤研究(S)「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて」研究グループ、新潟大学人文学部地域文化連携センター、新潟歴史資料救済ネットワーク、新潟史学会

 

お問い合わせ詳細は:

http://www33.atpages.jp/resniigata/modules/news/article.php?storyid=82

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事