ブログもんじょ箱でタグ「文献、20世紀文化遺産の危機、日経サイエンス、2016年7月号」が付けられているもの

201607.jpg

 

雑誌「日経サイエンス」(20167月号)が「20世紀文化遺産の危機」と題して、素材にプラスチックを使用しているアポロ計画の宇宙服やアンディー・ウォーホルの絵画などが劣化の危機に瀕していることを伝えています。執筆者は、Chemical & Engineering News誌のベルリン特派員のSarah Evertsさんです。

 

塩化ビニールやポリウレタン、ニトロセルロース、アセチルセルロース(酢酸セルロースとも)など、20世紀に開発されたプラスチック素材は、比較的短い年月で劣化、分解していきます。近現代につくられたアート作品や文化遺産にはプラスチック素材を使っている例も多いと思われます。これらの化学的メカニズムを研究、劣化の兆しを早期に発見する技法や崩れていく作品などを修理する方法が開発されているそうです。

 

Sarah Evertsさんは、米・国立航空宇宙博物館やデンマーク国立博物館、ロンドン大学ユニバーシティカレッジ文化遺産持続可能性研究所、米・グッゲンハイム美術館など、開発の現場からレポートしています。今回の取材では、プラスチック素材から発生する臭気によって劣化の度合いを測定したり、マイクロファイバーや超音波、マイクロエマルジョンなどにより洗浄したりする技術を紹介しています。

 

「日経サイエンス」20167月号

発行: 日経サイエンス社

http://www.nikkei-science.com/page/magazine/201607.html

判型: A4変型判、132ページ

価格: 1,333円(税別)

原文紹介ページ(英語):

http://www.nature.com/scientificamerican/journal/v314/n4/full/scientificamerican0416-72.html

 

(参考)アポロ11号の故アームストロング船長が着ていた宇宙服は劣化が進んでおり、20158月に72万ドル(約8,600万円)の寄付金を集め、修復に着手。スーツ素材の保護、アルミの腐食除去、ムーンダストの保存、表面コーティングの検討、マネキンによる形の維持、各素材から出るガスの除去などの課題が判明しています。(英文)

http://www.popularmechanics.com/space/moon-mars/a17583/neil-armstrong-spacesuit/

 

(その他)

「日経サイエンス」20167月号には、緊急特集 熊本地震のページで「古文書が語る肥後地震」と題した記事も載っています。平安時代前期に発生した肥後地震が、本年4月に発生した熊本地震と発生パターンが類似していることを古文書によって解き明かしており、各地の古文書の地震記録を結び付ければ、今後の地震活動の推移を考える手立ての一つになるとも述べています。

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事