ブログもんじょ箱でタグ「文献、絵画素材の科学 よくわかる今の絵画材料』、青木芳昭」が付けられているもの

  kaigazairyou1.jpg

 

著者は、京都造形芸術大学 芸術学部 美術工芸学科の教授です。

本書は、膠(にかわ)や合成樹脂、体質顔料、溶剤など近年失われつつある画材を中心に取り上げています。たとえば膠の場合、種類と違いや溶液の作り方、加工膠や膠をベースにした各種製品、製造会社などを紹介。後半では、絵画修復用品や額縁制作、キャンバスほか画材製造現場を取材しています。雑誌「美術の窓」に連載されていた「絵画素材の科学」を書籍化したもので、豊富なカラー写真と解説があり、絵画入門者やプロ作家向けのわかりやすい内容の本となっています。

 

主な内容は、

第1章     

第2章      合成樹脂

第3章      体質顔料

第4章      溶剤・助剤

第5章      美術品・絵画の修復用品・機材

第6章      額縁制作

第7章      キャンバスができるまで

第8章      素材の生まれる現場~メーカー&商品紹介~

 

『絵画素材の科学 よくわかる今の絵画材料』 

著者: 青木芳昭

発行: 株式会社生活の友社

http://www.tomosha.com/mado/6193

発行日: 201141

判型: 182X257mm、207

定価: 4,571円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事