ブログもんじょ箱でタグ「文献、『文化財保存環境学(第2版)』、三浦定俊・佐野千絵・木川りか、」が付けられているもの

112961.jpg

 

本書の初版は200412月に出版されました。東京藝術大学大学院美術研究科における保存環境学講座の「保存環境計画論」の講義ノートがもとになっています。以後10年以上経過し、この間、「博物館資料保存論」が学芸員資格を取るための必修科目となったことや内容的に新しくしなければならない部分が出てきたことなどから第2版を出版したそうです。2011年の東日本大震災や、各地での気象災害の発生があり、「気象災害」の章を加え、Preventive Conservation(保存環境づくりまたは予防保存)の考え方が世界的に認知されたことも背景となって「博物館資料保存に関する倫理」の章も追加しています。そのほか、「空気汚染」や「生物」、「衝撃と振動」ほかの章についても一部を改めて書き下ろしています。

 

主な内容は(太字は第2版で特に改まったところ)・・・・・・・・・・・

 

1章 温度

 1.1 温度

 1.2 温度と熱

 1.3 温度と劣化

 1.4 温度測定

2章 湿度

 2.1 湿度

 2.2 湿度と劣化

 2.3 湿度の調節

 2.4 湿度測定

3章 光

 3.1 光と波長

 3.2 光と色

 3.3 光の明るさ

 3.4 光と劣化

 3.5  照明

4章 空気汚染

 4.1 研究の歴史

 4.2 室内汚染物質の文化財への影響と発生源

 4.3 調査法(モニタリング法)

 4.4 空気汚染への対策

5章 生物

 5.1 制限要因

 5.2 生物被害をもたらす生物

 5.3 生物被害の防止

 5.4 生物被害への対処法

6章 衝撃と振動

 6.1 輸送過程の解析

 6.2 衝撃

 6.3 振動

 6.4 輸送機関の揺れの大きさ

7章 火災

 7.1 火災と消化

 7.2 消火設備

 7.3 防火

 7.4 火災検知設備

8章 地震

 8.1 地震と地震動

 8.2 地震の発生

 8.3 地震による被害

 8.4 展示収納機器の耐震対策

9章 気象災害

 9.1 気象災害と異常気象

 9.2 日本における気象の長期的変化傾向

 9.3 異常気象の影響

 9.4 水害対策

10章 盗難・人的破壊

 10.1 防犯環境設計

 10.2 防犯診断

 10.3 防犯対策

11章 文化財公開施設に関する法規

 11.1 文化財保護法と公開

 11.2 博物館施設

12章 博物館資料保存に関する倫理 

 12.1 博物館資料をめぐる倫理

 12.2 博物館組織に関する倫理

 12.3 文化財の価値と本体との関係

 12.4 保存修復の職業倫理

 12.5 保存修復倫理の意義

 

参考文献

索 引

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『文化財保存環境学(第2版)』

著者: 三浦定俊・佐野千絵・木川りか

発行: 朝倉書店

https://www.asakura.co.jp/books/isbn/978-4-254-10275-8/

判型: A5判、224

発行日: 20161125

定価: 3,500円(税別)

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事