ブログもんじょ箱でタグ「文献 『6年目の風景をきく 東北に生きる人々と重ねた月日』、アーツカウンシル東京」が付けられているもの

  book_rokunenme.jpg

 

Art Support Tohoku-TokyoASTT)は、「東京緊急対策2011」の一環として、東京都とアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)と共催して、東日本大震災の被災地域(岩手県、宮城県、福島県)のコミュニティに対して、現地の団体と協働してアートプログラムを実施する事業です。(ASTTサイトより)

アーツカウンシル東京は『6年目の風景をきく 東北に生きる人々と重ねた月日』を出版しました。本書は、NPO法人や震災の記録を伝える施設、博物館の学芸員など現地でのパートナー7名のインタビューを中心にした本です。pdfデータをウェブサイトからダウンロード(無償)ができるほか、紙の冊子を郵送してもらうこともできます。郵送の場合は送料(321/冊)が掛かります。

 

主な内容は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに

岩手県釜石市

 川原康信(NPO法人@リアスNPOサポートセンター理事)

note1 その土地に生きるリアリティ

data1 釜石市、東日本大震災から5年の歩み

宮城県仙台市

 八巻寿文(せんだい3.11メモリアル交流館 館長)

note2 東北から思考する

宮城県大河原町

 水戸雅彦(えずこホール 館長)

note3 境界を越えて動く

data2 震災直後、宮城の演劇人の動き

福島県会津若松市

 小林めぐみ(福島県立博物館 学芸員)

note4 文化の種を蒔き、芽を育む

川延安直(福島県立博物館学芸員)

note5 博物館から、アートに賭ける

data3 会津から「福島」への広がり

福島県西会津町

 伊藤和子+三瓶たか(NPO西会津ローカルフレンズ)

note6 あっけらかんとした強かさ

おわりに 自分の歩幅で当事者になっていくこと

Art Support Tohoku-Tokyo」開催記録2011-2015

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

6年目の風景をきく 東北に生きる人々と重ねた日々』

 

著者:佐藤李青、嘉原妙(アーツカウンシル東京)

 編集:川村庸子、小野民

デザイン:三木俊一(文京図案室)

 写真:山下隆博

 印刷:吉原印刷株式会社

 監修:森司(アーツカウンシル東京)

発行日:2016930日 第1

発行:アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

http://asttr.jp/book/

判型:166X239mm128

(文責 神谷)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事