ブログもんじょ箱でタグ「文化財レスキュー事業の今後を考える~東日本大震災から1年を経過して~」が付けられているもの

bunnkazairesukyu.jpg

シンポジウムは、午前中がレスキュー事業の説明と各県の文化財担当者からの活動報告です。午後は、(東京、奈良)文化財研究所からの活動報告や被災資料のデータベース化などの報告、パネルディスカッションになります。事前申し込み不要、参加費無料です。

(文責 神谷)

 

日時: 2012324日(土) 11001730

会場: 文部科学省東館3階講堂(東京都千代田区霞が関3-2-2

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1100 開会

11001105 主催者挨拶 

近藤誠一(文化庁長官)

11051120 事業説明 

亀井伸雄(東北地方太平洋沖地震被災文化財等救援委員会

委員長、東京文化財研究所長)

11201220 活動報告Ⅰ

          鎌田 勉(岩手県教育委員会事務局生涯学習文化課主任主査)

          小谷竜介(宮城県教育庁文化財保護課技術主査)

          荒木 隆(福島県教育庁文化財課文化財主査)

          吹野富美夫(茨城県教育庁文化課文化財保護主事)

14001440 活動報告Ⅱ「海水損・放射線等への対応について」

          石崎武志(東京文化財研究所副所長・

保存修復科学センター長)

          高妻洋成(奈良文化財研究所保存修復科学研究室長)

14401500 活動報告Ⅲ 「被災資料のデータベース化について」

          太田浩平(凸版印刷株式会社情報コミュニケーション事業本部 

新市場・新サービス開発本部課長)

15001520 休憩

15201725 パネルディスカッション

          コーディネーター 神庭信幸(東京国立博物館保存修復課長)

                     栗原祐司(文化庁文化財部美術学芸課長)

          コメンテーター  三輪嘉六(九州国立博物館長)

          パネラー      岡田 健(東京文化財研究所保存修復科学センター

                                                            副センター長)

                     松井 章(奈良文化財研究所埋蔵文化財センター長)

                     真鍋 真(国立科学博物館地学研究部研究官)

                     日高真吾(国立民族学博物館文化資源研究センター

                                                             准教授)

                     中島尚子(国立国会図書館資料保存課課長補佐)

                      村上博哉(国立西洋美術館学芸課長、

全国美術館会議企画担当幹事)

                     青木 睦(国文学研究資料館研究部准教授、

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会)

                                       平川 新(東北大学教授、宮城県歴史保全ネットワーク

                                                          理事長)

17251730 閉会挨拶

          佐々木丞平(独立行政法人国立文化財機構理事長、

                                        京都国立博物館長)

1730 閉会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.bunka.go.jp/oshirase_event/2012/bunkazai_rescue.html

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事