ブログもんじょ箱でタグ「必携 古典籍古文書 料紙事典、宍倉佐敏、繊維分析」が付けられているもの

kotennsekikomonnjoryousijitenn.jpg

 

本書は、40年以上にわたり製紙用植物繊維の研究をしてきた宍倉佐敏氏(宍倉ペーパー・ラボ代表、特種東海製紙テクニカルアドバイザー)の調査研究の集大成です。

 

宍倉氏は特種製紙(現特種東海製紙)において画材用紙や保護・保存用紙、ファンシーペーパー、再生紙などの開発に携わってきました。在職時に国内外のパルプや木材繊維の研究をし、6千点の藩札を含む、約6万点に及ぶ古典籍・古文書を調査。定年退職後は宍倉ペーパー・ラボを設立し、現在でも紙の繊維分析を行っています。

社外でも、宮内庁書陵部や高野山正智院、国立歴史民俗博物館、神奈川県立金沢文庫、国立公文書館など奈良時代から近現代にいたるまで幅広い紙資料を調査しています。

 

紙の繊維分析は地味な作業で、なかなか後継者が育ってこなかったと宍倉氏は言います。一方、近年の分析技術やコンピュータの進展などにより、本書の付録にある「繊維判定用和紙見本帳」や「簀目(すのめ)測定帳」によって、紙を使い慣れている人であれば、和紙原料の繊維分析が可能になったとも述べています。

 

1部では料紙の基礎知識を、第2部では調査事例を、第3部では具体的な料紙の調査方法を詳説しています。

 

「この本を読んだ紙の専門家の間からは、「モノ(実物)をみている人ならではの説得力のある内容」と高い評価をいただいています。」(宍倉氏の話)

(文責 神谷)

 

『必携 古典籍古文書 料紙事典』 

編著: 宍倉佐敏

判型: A5判、453

ISBN978-4-8406-2072-7

初版: 2011年7月25日

発行: 八木書店

定価: 10,000円(税別)

八木書店出版部:

http://www.books-yagi.co.jp/pub/index.htm

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1部 料紙の基礎知識

 第1章 概 説

 第2章 製 法

 第3章 形態と特徴

 第4章 装幀と料紙(吉野敏武執筆)

 第5章 原 料

 

2部 料紙の調査事例

 第1章 古典籍

 第2章 古文書

 第3章 漢籍・経典

 第4章 百万塔陀羅尼

 第5章 歴代古紙聚芳

 第6章 藩札と私札

 

3部 料紙の調査方法

 第1章 調査の流れ

 第2章 必要な道具とその使い方

 第3章 調査の実際

 第4章 観察と撮影方法

付  録

 用語辞典

 基本的な繊維写真

 参考文献

別冊付録

 繊維判定用 和紙見本帳

  (6種 楮の打紙あり/楮の打紙なし/麻/雁皮/三椏/竹)

 簀目測定帳

【コラム】

「古典籍の料紙の歴史」(渡辺滋・明治大学)

「文房具」(日野楠雄・和紙文化研究会)

「顔料と料紙」(成瀬正和・宮内庁正倉院事務所)

「墨と料紙」(大川原竜一・明治大学)

「平安時代の打雲」(増田勝彦・昭和女子大学)

「漆と紙」(荒川浩和・東京国立博物館名誉館員)

「春日懐紙と万葉集」(田中大士・文科省)

「歌集の料紙」(別府節子・出光美術館)

「『看聞日記』料紙の世界-室町時代料紙の宝庫-」

(小森正明・宮内庁書陵部)

「金沢文庫の料紙」(永井晋・金沢文庫)

「古典籍の料紙、高野山の料紙」

(山本信吉・元奈良国立博物館館長)

「尊経閣文庫の料紙」(菊池紳一・尊経閣文庫)

「経典と料紙」(赤尾栄慶・京都国立博物館)

「漢籍と料紙」(高橋智・慶應義塾大学斯道文庫)

「絵巻物と料紙」(名児耶明・五島美術館)

「拓本と料紙」(高橋広二・毎日書道会)

「古筆と料紙」(高城弘一・大東文化大学)

「キリシタン文献の紙」(豊島正之・東京外語大学)

「紺紙経の料紙になった文書」(鳥居和之・名古屋市博物館) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事