ブログもんじょ箱でタグ「平成24年度画像保存セミナー、東京都写真美術館」が付けられているもの

index120823.jpg

 

日本写真学会 第29回画像保存セミナーは下記の通り開催されます。

津波による水損写真のカビ対策に始まり、コストをあまり掛けない写真フィルムの保存環境づくり、マイクロフィルムの新しい市場ニーズなど多彩な講演内容です。(文責 神谷)

 

日時: 2012112日(金)9551800930受付)

場所: 東京都写真美術館ホール

(東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内)

主催: 一般社団法人 日本写真学会

協賛: 日本写真芸術学会、一般社団法人 文化財保存修復学会

     財団法人 日本博物館協会、東京都写真美術館

 

参加費は、会員および協賛学協会会員が6,000円、非会員が8,000円、学生が2,000円です。

定員は180名、申込締切は2012年10月15日(月)

終了後に懇親会(会費3,000円)があります。

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

955 開会挨拶 セミナー実行委員長

1000 講演1. 津波水損写真:カビ被害への対策 

東京文化財研究所名誉研究員 新井英夫

1045 講演2. フィルム保存のための保存環境づくり―経費節減のアイディア

          東京文化財研究所 保存修復化学センター 佐野千絵

1145 講演3. マイクロフィルムの保存と現況

          コダック㈱ エンタープライズソリューション本部 楢林幸一

1230 講演4. 大型インクジェットプリンタを用いた文化財の高精細複製

          キャノン㈱ Lプリンタシステム開発センター 勝間 眞

1410 講演5. ガラス乾板画像の再生について

          ―八幡製鐵所保管の記録写真(銀塩ガラス乾板)のデータ化とプリント―

          新日本製鐵㈱ 八幡製鐵所 総務グループ 網岡健司

          セイコーエプソン㈱ 商業プリンター企画設計部 岩本康平

1455 講演6. 半導体不揮発メモリの超長期保管メモリとしての可能性

          神奈川大学 理学部 数理・物理学科 小林敏夫

1605 講演7. 光ディスク(BD-R)による電子化データの長期保存

          パイオニア㈱ 研究開発部 谷口昭史

1705 講演8. 一般ユーザーにおける画像保存に関する考察

          アマチュア写真家・㈱ニコン 映像カンパニー 開発本部 山野泰照

1800 閉会挨拶 日本写真学会副会長

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は東京都写真美術館 保存科学研究室のページから:

http://syabi.com/contents/explanation/index.html

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事