ブログもんじょ箱でタグ「大震災と歴史資料保存 阪神・淡路大震災から東日本大震災へ、奥村弘」が付けられているもの

daishinnsaitorekishishiryouhozonn.jpg

 

著者は、神戸大学大学院人文学研究科教授、同大学地域連携推進室室長で歴史資料ネットワーク代表委員をつとめています。本書は、著者が関わっている歴史資料ネットワークの活動の中から生まれました。内容の多くは、日本史研究会や歴史学研究会、歴史科学協議会などの学界向けに発表した論考をまとめたものです。

 

著者は、17年前の阪神・淡路大震災をきっかけにして歴史資料保全(歴史資料ネットワーク)に関わったといいます。2011311日に東日本大震災が発生し、歴史資料ネットワークでの経験をできる限り早く、整理した形で歴史関係者に伝えることが重要であると考え、本書を書き上げたそうです。

(文責 神谷)

 

 

 『大震災と歴史資料保存』 

著者: 奥村 弘

発行日: 2012130

判型: A5判、230

ISBN:: 9784642038102

発行: 吉川弘文館

http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b96120.html

定価:: 3,200円(税別)

 

歴史資料ネットワーク(史料ネット):

http://www.lit.kobe-u.ac.jp/~macchan/

 

 

内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに

序章 阪神・淡路大震災から東日本大震災へ

はじめに―未来を語るための基礎学としての歴史学と二つの大震災

1歴史資料保全活動とそこでの試行錯誤の重要性

2歴史的に社会を捉える市民の力を強めることの重要性

第Ⅰ部 大規模自然災害における歴史資料保全のあゆみ

1章 大規模自然災害と地域歴史遺産保全

はじめに

1阪神・淡路大震災後の歴史資料保全活動と史料ネットの活動

2地域歴史遺産の保全と活用のために

おわりに

2章 現代都市社会の歴史意識と歴史学の課題

はじめに

1なぜ歴史意識を問題とするのか

2近代都市形成と歴史意識をめぐって―「モダン」な都市神戸という虚構

3戦後の歴史資料保存運動から

おわりに

3章 時代が求める歴史研究のあり方とは

はじめに

1震災後のボランティアと史料ネットの活動

2歴史資料と歴史研究のあり方をめぐって

3歴史学の実践性と主題の発見

4災害文化形成と「国民国家」批判の歴史学

おわりに

第Ⅱ部 震災の記憶を未来につなぐ―災害資料の保存活用

1章 震災資料の調査保存活用―歴史文化の基礎をどうつくるのか

はじめに

1初期の史料ネットの動き

2図書館などの震災資料の収集保存活動と市民による震災記録

3震災史料収集保存活動への史料ネットの具体的な取り組み

4震災資料収集保存活動の困難

5震災史料調査・収集・保存の展開

6「阪神・淡路大震災記念協会」と「震災・まちのアーカイブ」の発足

7記念協会の大規模震災資料調査事業の開始

おわりに

2章 人と防災未来センターの開設と大震災資料保存の現況

はじめに

1人と防災未来センター所蔵震災資料の公開、活用をめぐって

2神戸大学大学院人文学研究科地域連携センターでの震災資料研究の展開

第Ⅲ部 災害に強く、豊かな地域歴史文化を生み出すために

1章 市民社会形成の基礎学としての歴史研究の今日的位置

はじめに

1市民社会形成の基礎学としての「戦後歴史学」

2課題の共有を意識的に追究することの困難性

3歴史的な社会把握に対する市民レベルでの関心と力量の拡大

4地域歴史遺産への取り組み

おわりに

2章地域歴史文化における大学の役割

はじめに

1神戸大学における地域連携の特質について

2持続性を重視する各部局地域連携センター中心の組織

3小野市との地域歴史文化についての取り組み

おわりに

補章 被災資料が語る地域の近代―元尼崎藩大庄屋・岡本家文書から

はじめに

1村用箪笥のなかの岡本家文書

2青野水源池設置問題

おわりに

あとがき

参考文献一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事