ブログもんじょ箱でタグ「国立国会図書館 シンポジウム、東日本大震災の記録の収集と保存―震災アーカイブの構築に向けて」が付けられているもの

1192893_1368.jpg

 

東日本大震災の発生から約1年。震災に関する記録の収集と保存の意義について有識者を招いて講演、座談会を行い、改めてその重要性を喚起するとともに、国立国会図書館が進めている東日本大震災アーカイブ構築の取組を紹介します。(ご案内より転載)

入場無料です。(先着順、事前申込制、締め切りは312日)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

日時 : 2012 314() 15:00 17:45

会場 : 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂 (定員300人)

国立国会図書館 関西館 1階 第一研修室(TV中継)(定員70人)

1. 開会挨拶

国立国会図書館長 長尾真

2. 講演及び報告

「東日本大震災の記録・記憶の社会的な意義」(仮)

東京大学教授 御厨 貴氏

「アメリカから見た東日本大震災とハーバード大の記録収集」(仮)

ハーバード大学教授 アンドルー・ゴードン氏(Dr.Andrew Gordon

「記録を集め、伝える-国の記憶装置として国立国会図書館ができること」(仮)

国立国会図書館副館長 田屋 裕之

3. ディスカッション「東日本大震災の記録・記憶の伝承と再生のために」(仮)

慶応義塾大学教授 片山 善博氏

ハーバード大学教授 アンドルー・ゴードン氏

防災科学技術研究所プロジェクトディレクター 長坂 俊成氏

東京大学副学長 吉見 俊哉氏

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/1192893_1368.html

(文責 神谷)

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事