ブログもんじょ箱でタグ「国文研フォーラム、国文学研究資料館、日本大震災における津波被災文書の救助・復旧活動とその意義」が付けられているもの

forum120604.jpg

 

岩手県の釜石市や陸前高田市で行われた津波被災文書の救助実演と国文学研究資料館の被災状況などの報告が行われます。参加費無料、事前申し込み不要です。(文責 神谷)

 

日 時: 2012613日(水)13301500(開場1300

場 所: 国文学研究資料館 2階大会議室

発表者: 青木 睦准教授

タイトル: 東日本大震災における津波被災文書の救助・復旧活動とその意義

―立川断層間近の国文学研究資料館での報告会と水損資料救助実演―

主な内容・・・・

・活動の発端と被災地の状況

・釜石市役所の被害と被災文書の概要

・釜石市役所被災文書の救助・復旧活動の概要

・この活動の支えと意義

・国文学研究資料館の被災状況と免震装置の効果と稼働状況

講演終了後(1500以降)に被災文書の救助実演が行われます。

・圧縮袋封入法

・吸水紙乾燥法

・小タワシ・スポンジ・マイクロクロス・刷毛等を用いたクリーニング

 

詳細は:

http://www.nijl.ac.jp/pages/event/symposium/2012/forum.html

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事