ブログもんじょ箱でタグ「全史料協関東部会、第286回定例研究会、「災害とアーカイブズ ─被災資料の保存と活用を考える─」」が付けられているもの

study286.jpg

 

下記のとおり開催されます。今回は2日間にわたる研究会で、初日は報告と見学、2日目は巡見です。

1日目だけの参加も可能ですが、2日目については両日参加の方を優先するそうです。お申し込み締め切りは78日(金)。

 

日時: 平成282016)年722日(金)11:3017:0011:00受付開始)

     平成282016)年723日(土)8:3015:008:20集合)

場所:

1722日 

     主会場 長岡震災アーカイブセンターきおくみらい

(長岡市大手通26 フェニックス大手イースト2階)

     見学  長岡市立中央図書館文書資料室

(長岡市坂之上町3120 互尊文庫2階)

2723日 巡見先 旧山古志村域の各施設

内容:

報告(722日)

1)「中越大震災・東日本大震災と地域史研究・史料保存

~長岡市災害復興文庫を中心に~」

   長岡市立中央図書館文書資料室長・田中洋史氏

2)「文化財救出の、その先へ─長野県栄村での取り組みから─」

   中央学院大学教授・白水智氏

3)「中越メモリアル回廊の取り組み

~復興ビジョンから災害遺構の保存について~」

   中越防災安全推進機構マネージャー・筑波匡介氏

見学

  長岡市立中央図書館文書資料室、

長岡震災アーカイブセンターきおくみらい

 

巡見(723日)

  榎峠朝日山古戦場パーク、妙見メモリアルパーク、やまこし復興交流館

(おらたる)、山古志闘牛場(国無形民俗文化財)、旧山古志小学校

(被災した地域資料・古文書 等の見学)、木篭メモリアルパーク

(水没保存家屋)、中山隧道(手掘りトンネル) 等

 

お申込み詳細は: 

http://www.jsai-kanto.jp/study286.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事