ブログもんじょ箱でタグ「企業史料協議会、ビジネスアーキビスト」が付けられているもの

―経営記録を確実に保存・利用する手法を学ぶ―

 

baa.jpg

 

会社史の編さんや企業博物館などの設立、運営などを支援している企業史料協議会(会員企業81社)は下記日程で研修講座を開催します。ビジネスアーキビスト業務を学ぶわが国唯一の講座です。

 

概略は下記の通り。非会員でも申し込み可。

詳細は企業史料協議会へ:http://www.baa.gr.jp/

 

期日:(第1部)20091022日(木)、29日(木)、115日(木)

    (第2部)20091113日(金)、19日(木)、26日(木)、123日(木)、10日(木)

時間①13301500、②15101640

        (各日共通、10/221320からオリエンテーション、16401700に自己紹介)

会場:厚生会館(千代田区平河町)、紙の博物館(北区王子)、たばこと塩の博物館(渋谷区神南)

定員:先着各30名。

受講料:入門コース12,000円(非会員は15,000円)、応用コース6,000円(非会員は7,500円)、全講座受講は41,000円(非会員は51,000円)

 

(カリキュラム) 一部変更の可能性もあり。

入門コース------------------------------------------------------------

10/22(木)

  「①  アーカイブズの意義とアーキビストの役割Ⅰ②アーカイブズの意義とアーキビストの役割Ⅱ」安藤正人(学習院大学大学院人文科学研究科教授)

10/29(木)

  「①  公文書管理法制定後のアーカイブズ」高橋 実(国文学研究資料館アーカイブズ研究系教授) 「②企業の活動と社会遺産としての企業史料」小風秀雄(お茶の水女子大学文教育学部大学院担当教授)

11/5(木)

  「①  企業制度の発達と資料」佐藤政則(麗澤大学副学長・経済学部教授)「②レコードマネジメント:最新動向とその課題」小谷允志(日本レコードマネジメント㈱レコードマネジメント研究所長)

応用コース-------------------------------------------------------------

11/13(金)

  「①資料の収集・評価・選別 ②資料の整理・管理と活用」佐藤政則(麗澤大学副学長・経済学部 教授)

11/19(木)

  「①社史概論:企業史料の活用」橘川武郎(一橋大学大学院商学研究科教授)

  「②企業ミュージアム:企画から設立。物資料の活用」半田昌之(たばこと塩の博物館学芸部長)

11/26(木)

  「①紙の話」辻本直彦(紙の博物館学芸部長)

  「②紙資料の保存環境と保存対策」稲葉政満(東京藝術大学文化財保存学教授)

12/3(木)

  「①著作権とは」銀座東法律事務所(弁護士)

  「②企業資料のデジタル化とは」森沢伊智郎(野村総合研究所 経営革新コンサルティング部部長)

12/10(木)

  「①事例研究Ⅰ企業における資料管理」青木直己(虎屋文庫研究主幹担当部長)

  「②事例研究Ⅱ日本脚本アーカイブズ 立上げ~未来像」香取俊介(日本脚本アーカイブズ特別委員会委員長)

以上

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事