ブログもんじょ箱でタグ「㈱Conservation for Identity(CFID)、クータ」が付けられているもの

indexa150525.jpg

 

書籍や紙資料、紙をベースにした絵画作品ほかの修復を手掛けている埼玉県さいたま市の㈱Conservation for Identity(CFID)が、修復時に本の背を補強する「クータ」と呼ばれる背幅に合わせて作った筒状の紙について、機能や有効性について考察しています。

 

数種の製本方法で、「クータ」の有無や幅の違い、素材の違いを比較しており、「クータ」を使用することによって、本の開きがよくなったことが確かめられたとのことです。

「クータ」の語源は「空袋(くうたい)」ということばが変化したものとも言われているそうです。

 

詳細は:

http://www.cfid.co.jp/2015/05/25/hollow-tube/

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事