ブログもんじょ箱でタグ「マテリアルライフ学会、文化財保存と環境測定」が付けられているもの

materiallifevol23,2.jpg

広範囲な材料の寿命(劣化解析、耐久性評価、寿命予測)を研究する「マテリアルライフ学会」。会誌の20115月号では、文化財保存と環境測定を特集、下記3本の「解説」が掲載されています。

 

1.「図書館・文書館の保存環境と測定」 稲葉政満(東京藝術大学大学院保存学専攻)

保存期間の目標設定や紙の劣化モデル、温湿度や有害ガス、大気汚染などについて解説。

2.「文化財の収蔵庫」 本田光子(九州国立博物館学芸部博物館科学課長)

九州国立博物館の空調や災害対策、環境測定など収蔵庫の事例紹介。

3.「屋外石造文化財の環境計測および環境制御」 森井順之(東京文化財研究所保存修復科学センター修復材料研究室研究員)

臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)を例に、石造文化財の物理風化による劣化や環境測定で保存上の問題点を解明。

 

「マテリアルライフ学会誌」 MAY 2011

発行: マテリアルライフ学会

発行日: 2011531

判型: A487

頒価: 2,000円(送料別)

 

マテリアルライフ学会:

http://materials-life.org/

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事