ブログもんじょ箱でタグ「ボストン美術館、修復センター、改装」が付けられているもの

conservation-center.jpg

 

米・ボストン美術館(MFA)22,000平方フィート(約2,040㎡)に6つのラボを含む最先端の修復センターを建設する総額2,400万ドル(約26億円)の改装プロジェクトを発表しました。費用は、寄贈や助成金、MFA自己資金などで賄われるようです。修復部門では過去最大の予算獲得だそう。

2017年に改装に着手し、2019年には完成予定とのこと。

 

MFAの修復センターは1876年に本館が開館したのち、美術品の修理や修復を行っていましたが、1929年に国内初の正式な修復センターとなりました。

新たな修復センターは、絵画やモノ資料、額装、家具、展示の準備、科学的研究の6つのラボで構成されます。空調を改善し、自然光を取り入れた高い天井と来館者との交流のスペースなども拡張、業務用エレベータや荷役作業所も改装し、大型の絵画作品や彫刻、家具などの移送が容易になるそうです。キュレーターと科学者、技術者らが緊密に協力できるよう試験室や会議室も整備されるとのことです。

 

詳細はMFAプレスリリースへ(英語):

http://www.mfa.org/news/conservation-center

(文責 神谷)

 

 

 

 

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事