ブログもんじょ箱でタグ「シンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」、artscape」が付けられているもの

  10121712_1958.jpg

 

2016320日(日)に国立新美術館(東京・六本木)で開催されたシンポジウム「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える~大阪新美術館建設準備室所蔵『具体美術協会』関係資料を中心に~」のレポートが、美術館・アート情報のWebマガジン"artscape"に掲載されました。

 

シンポジウムの目的は、「大阪新美術館建設準備室が所蔵する「具体美術協会」関係資料の事例を契機として、同様のアーカイブズ資料を日本の美術館が収集・公開・活用していくために必要な条件や課題を整理し、特に美術館関係者と共有することにあった。」とのことです。

 

デジタルアーカイブスタディ「日本の戦後美術資料の収集・公開・活用を考える」:

http://artscape.jp/study/digital-achive/10121712_1958.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事