ブログもんじょ箱でタグ「『日本のものづくり遺産―未来技術遺産のすべて―』、国立科学博物館、」が付けられているもの

nihonnmonodukuri.jpg

 

本書は、国立科学博物館に2014年までに登録された「重要科学技術資料(略称 未来技術遺産)」184件を一冊にまとめたものです。

「重要科学技術資料」とは、日本で育まれてきたすべての科学技術を対象に重要な資料をくまなく調査し、それらの保存と活用を図ろうというものです。

「科学技術の発達史上重要な成果を示し、次世代に継承していく上で重要な意義を持つ」ものと「国民生活、経済、社会、文化のあり方に顕著な影響を与えた」ものを企業や業界団体、行政・学術機関などと協力しながら登録候補を選んでいます。登録された製品は一部は非公開のものもありますが、大半は開発した企業や保存している博物館などで実物を見ることもできます。

 

弊社の親会社である特種東海製紙㈱の製品「パンチカード(レミントン統計カードとIBM統計カード)」も2013年、未来技術遺産に登録されています。パンチカードには、耐久性や寸法安定性、静電気の発生低減、パンチ穴の打ち抜きに対する機械適性などが求められました。これら製品は、継続的な高品質化が行われ、日本の情報用紙分野の技術が高まったことが登録の理由です。

 

主な内容は、

先人たちの努力と経験を、未来へ伝えるために

Q&A「未来技術遺産」って何ですか?

Systematic Field1 映像・情報・コンピュータ

Systematic Field2 電気・電力

Systematic Field3 産業機械

Systematic Field4自動車・船・一般機械

Systematic Field5 金属

Systematic Field6 化学

Systematic Field7 繊維・紙・木材

Systematic Field8 鉱業・建設・窯業

Systematic Field9 食品・農林漁業

国立科学博物館 重要科学技術資料(未来技術遺産)全リスト(20082014年度登録分)

 

『日本のものづくり遺産―未来技術遺産のすべて―』

監修: 独立行政法人国立科学博物館、産業技術史資料情報センター

発行日: 2015410

発行所: 山川出版社

https://www.yamakawa.co.jp/product/15068

判型: B5判、232

価格: 1,800円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

|
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

タグ

最近のトラックバック

過去の記事