カンファレンス情報: 2009年6月アーカイブ

東京都小平市の市史編さん室の活動

 

kodairanorekishi.jpg 

小平市1962(昭和37)年に市制移行し2012年に50周年を迎えます。昨年10月に市史編さん室**を開設。

 

以下、創刊号の寄稿文「市史編さんに地域情報・資料の拠り所をおもう」(89p、小平図書館友の会会員 氏家和正氏)から一部抜粋しました。

 

以下抜粋--------------------編さんの基本方針***では「小平市の歴史を明らかにし、魅力ある郷土を後世に伝え、これからも住み・働き・学び・訪れたいまちとしての魅力づくりに努めること」とその理念をうたい、編集方針にはふつうの市民にとって読みやすいようにすると書かれています。・・・市史というと歴史の、ことに地域史の研究者しか読まないものとイメージされやすく、また少し構えたものもありますが、そういう危惧はないようです。編さんの経過、そのときどきの成果などをホームページなどで順次公開、市制50周年にあたる2012年度に通史を刊行とのこと、ありがたいことです。-------------------以上

 

小平市史の刊行は、今年度の史料集から2014(平成26)年度の概要版まで決まっています。市史編さん事業推進本部の本部長を小林正則市長がつとめ、市史編さん委員会の委員長を東京学芸大学の大石学教授がつとめています。

市史研究創刊号では、市民と一体となった小平市の組織的な取り組みを目指していることが読み取れます。

 

小平市では市史編さんにあたり、古文書や明治以降の記録、写真、チラシ、ポスターなどの資料や情報を集めています。連絡先は、TEL042-341-2324(小平市企画政策部市史編さん担当)

 

 

◆市史編さん担当、企画政策部参事の蛭田廣一氏が、下記セミナーでお話します◆

 

6回アーキビスト・カフェ

テーマ:

「小平の歴史を拓くライブラリアン兼アーキビストとして市史編さんの扉を開く

話題提供:蛭田廣一さん(小平市企画政策部市史編さん担当)

日時:2009620日(土)17301930

場所:賀川豊彦記念・松沢資料館(東京都世田谷区上北沢)

参加費:500円、6/16(火)申込締切

 

申込詳細は、アーキビスト・サポートサイトで:http://www.ne.jp/asahi/archivists/support/

 

 

『小平の歴史を拓く―市史研究―』創刊号

小平市企画政策部 市史編さん担当 編集・発行

2009.3.25、A5判、98p 定価 290

初版1,000

同市内の図書館や市役所市政資料コーナーなどで販売中。(文責 神谷)

 

*小平市トップページ : http://www.city.kodaira.tokyo.jp/

**小平市地域資料のページ : http://library.kodaira.ed.jp/local_top.shtml

***小平市史編さん基本方針(PDF) : 

http://www.city.kodaira.tokyo.jp/sections/shishi/attached/attach_8894_1.pdf

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック