レポート: 2015年4月アーカイブ

indexa150417.jpg

 

本報告書は、2014124日(木)に東京文化財研究所にて開催された同タイトルの研究会の報告書です。

研究会「これからの文化財防災―災害への備え」:

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2014/10/post-438.html

 

4で全182ページのPDFファイルを7分割でダウンロードできます。

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

序・主催者あいさつ

【セッション1】 レスキュー後に得られた技術的知見と課題

 「修復の課題―岩手県陸前高田市から救出された紙を素材とする資料を例にして―」

 赤沼英男(岩手県立博物館)

 「水損資料の処理」 高妻洋成(奈良文化財研究所)

「放射能対策」 佐野千絵(東京文化財研究所)

「記録に関する課題」 森井順之(東京文化財研究所)

【セッション2】 モノを引き継ぐ―復興への道しるべ

 「文化財ドクター派遣事業」 関口重樹(文化庁文化財部建造物担当付)

 「埋蔵文化財調査」 近江俊秀(文化庁文化財部記念物課)

 「無形文化遺産の復興」 吉田純子(文化庁文化財部伝統文化課)

【セッション3】 今後の備え1-自治体の文化財防災対策

 「愛知県~災害への備え―まず、できることから―」 村田眞宏(愛知県美術館)

 「三重県~東日本大震災以降の三重県における博物館等の災害時に向けた取組について」

 間渕 創(三重県総合博物館)

 「和歌山県~和歌山県施設博物館等連絡会議の設置に向けて」

 浜田拓志(和歌山県立近代美術館)

【セッション4】 今後の備え2-文化財関連団体の体制構築と連携

 趣旨説明

 文化財保存修復学会 日髙真吾(愛知県美術館)

 全国美術館会議 村上博哉(国立西洋美術館)

 自然史系博物館 窪寺恒己(国立科学博物館)

 全国歴史民俗系博物館協議会 久留島 浩(国立歴史民俗博物館)

 資料館 青木 睦(国文学研究資料館)

 図書館 大島康作(国立国会図書館)

 資料ネット 奥村 弘(歴史資料ネットワーク)

 国立文化財機構 岡田 健(東京文化財研究所)

 文化庁 朝賀 浩(文化庁文化財部美術学芸課)

 

 パネルディスカッション

 コーディネーター 半田昌之(日本博物館協会)

 パネラー 日髙真吾、村上博哉、窪寺恒己、久留島 浩、

青木 睦、大島康作、奥村 弘、岡田 健、朝賀 浩

【ポスター】一覧

•津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト

•陸前高田市被災民俗資料の安定化処理と修復

•陸前高田市被災民俗資料の安定化処理と抜本修復

•文化財の放射線対策に関する調査研究

•東日本大震災における宮城県の活動

•救え!故郷の証-つながれ! MIYAGI

•東日本大震災における仙台市博物館市史編さん室の資料レスキュー活動

•東日本大震災における東北歴史博物館の活動

•東北地方太平洋沖地震文化財等救援事業における東京国立博物館の活動報告(1

•東北地方太平洋沖地震文化財等救援事業における東京国立博物館の活動報告(2

•被災文化財等救援活動における資料保存処置トリアージの重要性

•被災文化財等救援活動における保存修理

•被災文化財等救援活動における人材育成

•被災当世具足の保存修復

•石巻文化センター被災文化財

•東日本大震災で被災した民俗資料の脱塩に関する一考察

•文化財レスキュー作業日報

•文化財レスキュー活動を通じて得られた画像の整理の試み

•大津波被災文書の換装経過観察と紙質分析

奥付

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

報告書「これからの文化財防災―災害への備え」:

http://www.tobunken.go.jp/japanese/rescue/report_h27/index.html

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

201503-46971102.jpg

 

2015318日に吉田南総合図書館(京都府京都市)で開催された資料保存講習会「こわれた本、なおしませんか?」のスライドが、「縦に並べて見るサイトSSSSLIDE」にアップされました。壊れた本の修理だけでなく、用紙の酸性紙問題や予防的保存など書籍の保存修復に関する基本的なことがらが述べられています。

SSSSLIDEは、パワーポイントなどのプレゼンテーションソフトを共有するサービスのSlideShareSpeakerDeckにアップされたスライドを「縦にスクロールしながら読むこと」ができるサイトです。

 

(参考)

SlideShare

http://www.slideshare.net/

SpeakerDeck

https://speakerdeck.com/

 

「こわれた本、なおしませんか?」SSSSLIDE

http://sssslide.com/www.slideshare.net/yoshidasouthlib/201503-46971102

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック