カンファレンス: 2017年2月アーカイブ

a170228.jpg

 

文化防災ネットワーク

参加費無料、定員100名、事前申込不要です。

 

日時: 2017318日(土) 13001700 (受付開始1230

場所: 東京文化財研究所 地下1階セミナー室

     〒110-8713 東京都台東区上野公園13-43

主催: 独立行政法人国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進本部

共催: 文化遺産国際協力コンソーシアム、ICOM(国際博物館会議)日本委員会・日本ICOMOS(国際記念物遺跡会議)国内委員会

 

プログラム:

1300 開会挨拶

(第1部)

1310 報告1 高橋 暁氏(ユネスコ太平洋事務局企画専門官)

1340 報告2 益田兼房氏

  (独立行政法人国立文化財機構文化財防災ネットワーク推進室客員研究員)

1355 報告3 アンドレア・キースカンプ氏(オランダ・BS国内委員会理事)

1425 報告4 サミュエル・アルチェ氏

  (グアテマラ・ブルーシールド委員ICOM-DRMC

1455 報告5 栗原祐司(独立行政法人国立文化財機構本部事務局長)

1510 休憩

(第2部) パネルディスカッション

1520 コーディネーター挨拶

1525 パネリスト報告 藤岡麻理子氏(横浜市立大学特任教授)

1545 パネルディスカッション

1650 閉会挨拶

1655 閉会

 

詳細は:

http://ch-drm.nich.go.jp/event/%e3%80%8c%e6%96%87%e5%8c%96%e9%81%ba%e7%94%a3%e9%98%b2%e7%81%bd%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0-%ef%bc%8d%e6%96%87%e5%8c%96%e9%81%ba%e7%94%a3%e3%82%92%e5%a4%a7

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa170227.jpg

 

下記の通り開催されます。

日時:  201734日(土) 13301630

会場:  尼崎市総合文化センター7階 会議室

テーマ: 歴史資料保存機関とボランティアの協働

〔プログラム〕

報告1 河野未央氏 城戸八千代氏(尼崎市立地域研究史料館)「尼崎市立地域研究史料館の実践」

※ 尼崎史料館ボランティアからのコメント

報告2 金原祐樹氏(徳島県立文書館)「徳島における古文書補修ボランティアの活動」

 

詳細は:

http://siryo-net.jp/event/201703-jsai-kinki/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

detaila170227.jpg

 

入場無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 2017320日(月・祝) 13301530

場所: 東北歴史博物館3階講堂

プログラム:

1 開会挨拶  鷹野 光行氏

(宮城県被災文化財等保全連絡会議代表,東北歴史博物館長)

2 宮城県被災文化財等保全連絡会議とその活動

     古川 一明氏

(宮城県被災文化財等保全連絡会議事務局長,東北歴史博物館学芸部長)

3 基調講演 

 「自然災害と文化遺産」

   青柳正規氏(東京大学名誉教授,前文化庁長官) 

4 パネルディスカッション

   「宮城の被災文化財保全活動をふりかえる」

  パネリスト:青柳正規氏(東京大学名誉教授,前文化庁長官)

         三上満良氏(宮城県美術館副館長)

         加藤幸治氏(東北学院大学教授)

         幡野寛治氏(気仙沼市教育委員会生涯学習課主幹兼文化振興係長)

         菅野達雄氏(亘理町教育委員会生涯学習課文化財班長) 

  コーディネーター:小谷 竜介氏(宮城県被災文化財等保全連絡会議事務局)

5 総括コメント 岡田 健氏

         (独立行政法人国立文化財機構 東京文化財研究所保存科学研究センター長)

6 閉会挨拶  小畑幸彦氏(多賀城市教育委員会教育長)

 

詳細は:

http://www.thm.pref.miyagi.jp/event/detail.php?data_id=890

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa140222.jpg

 

産学官民を横断したデジタルアーカイブのプラットフォームを目指す「デジタルアーカイブ学会」が5/1(土)に発足を予定しています。これに先駆け、「デジタルアーカイブ設立総会」が下記の通り開催されます。

 

日時: 2017415日(土) 16301730(開場・受付1600

               17301930に懇親会が行われます。

会場: 東京大学(本郷キャンパス)工学部2号館993B

プログラム:

1630~ 開会の辞 長尾 真(京都府公立大学法人理事長)

      基調報告 吉見俊哉(東京大学大学院情報学環教授)

      会則等の決定

1730~懇親会

参加費は無料ですが、懇親会は5,000円になります。

http://dnp-da.jp/events-and-news/%ef%bc%94%e6%9c%88%ef%bc%91%ef%bc%95%e6%97%a5%ef%bc%88%e5%9c%9f%ef%bc%89-%e3%83%87%e3%82%b8%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%96%e5%ad%a6%e4%bc%9a%e8%a8%ad%e7%ab%8b%e7%b7%8f/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kokusai170221.jpg

 

聴講は無料、事前申し込みは不要です。

 

日時: 2017320日(月・祝) 14001700

場所: 京都大学大学院 人間・環境学研究科棟 地下大講義室

登壇者:

岡崎乾二郎(造形作家・美術批評家)

藤幡正樹(メディアアーティスト)

宮永愛子(現代美術家)

主催: 学術振興会科学研究費基盤研究A(代表者 岡田温司)

 

シンポジウムの詳細は:

https://kakenrestoration.tumblr.com/post/157437490181/国際シンポジウムアーティストが語る現代美術の保存と修復

 

昨年12月に開催された国際研究会「現代美術の保存と修復」は報告書が公開されています。:

https://kakenrestoration.tumblr.com/post/152712208781/2015年国際研究会-現代美術の保存と修復-報告書公開

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

picture-movie-sympo.jpg

 

下記の通り開催されます。

開催日時: 平成2936日(月) 14001700(受付開始1330

会場: 東映京都撮影所試写室

 

内容

1400 特別講演 「映画復元の魅力-京都で育まれた80年の伝統技術-」

松尾好洋氏(株式会社 IMAGICAウェスト

映像事業部 フィルムプロダクション・ディビジョン)

1405 質疑応答

1500  講演 「3次元ビデオ技術とその応用」

延原章平氏(京都大学 大学院情報学研究科

知能情報学専攻映像メディア分野)

1540 質疑応答

1600 講演 「映画研究とアーカイブ」

木下千花氏(京都大学 大学院人間・環境学研究科 准教授)

1640 質疑応答

1650閉会

 

参加費: 無料(要事前申込み)

主 催: 京都クロスメディアパーク推進会議

協 力: 国立大学法人京都大学、東映株式会社、京都府

 

お申込み詳細は:

http://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/news/picture-movie-sympo.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2017_03.jpg

 

デジタル情報の長期保存システムを研究しているInfoEver研究会が第5回研究会を開催します。事前申し込み不要、参加費無料です。

 

日時: 201737日(火) 14001700

場所: 公益財団法人国際高等研究所レクチャーホール

     京都府木津川市木津川台9丁目3番地

プログラム

1部: 招待講演14:00-15:00

「デジタルアーカイブとコンテンツの長期利用について-メタデータの視点から」

筑波大学図書館情報メディア系

教授 杉本重雄氏

2部: 参加者でフリーな議論15:00-17:00

テーマ: デジタル情報の長期保存のために

"1年間の研究会の振り返りと今後の進め方"について

 

詳細は:

http://www.naist.jp/kensui/content/ja/topics/2017_03.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1226.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、講座修了生以外の一般・在学生・教職員は当日会場で受け付け。

 

テーマ: 「文化財を守るために!」

日時: 2017311日(土) 13001645(予定) 受付は1230から

場所: 早稲田大学戸山キャンパス38号館AV教室(カフェテリアの2階)

プログラム: 

1300-1315 ご挨拶

1315-1445 川瀬 由照氏(文化庁文化財部美術学芸課 文化財調査官)

「文化財を守っていくために--文化財保護とその現状」

15:00-1630 筒井 忠仁文氏(文化庁文化財部美術学芸課 文部科学技官)

 「文化財の保存と修理--絵画作品を中心として--」

(コーディネーター 早稲田大学文学学術院教授  山田 磯夫)

 

詳細は:

http://flas.waseda.jp/curator/2017/02/1226

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

detail170206.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 2017213日(月) 14301600

場所: 本渡地区公民館(船之尾町)

内容: 天草アーカイブズが所蔵する江戸時代の天草の古文書をいっしょに読んで、

当時の社会状況やくずし字などを学びましょう。

講師: 針谷武志氏(別府大学文学部教授)

定員: 20人(先着順)、参加費無料

お申込み締め切りは211日(土)です。

 

詳細は:

http://www.city.amakusa.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=3&id=2947

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

mailmagazine.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 2017311日(土) 10001630

場所: 桃山学院大学梅田サテライト(北区梅田1 梅田スクエアビルディング8階)

   https://www.andrew.ac.jp/work/umeda.html

主催: 地域資料研究会(桃山学院大学共同研究プロジェクト)

共催: あおぞら財団 大阪産業労働資料館(エル・ライブラリー)

 

タイムスケジュール:

1000 第Ⅰ部 講演 

後藤 真 氏(人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館 准教授)

「地域の資料情報を大学・博物館とともに保存活用する ―総合資料学の試み―」(仮)

  質疑応答

1200 第Ⅰ部終了

~昼食・休憩~

1330 第Ⅱ部 ワークショップ「市民参加の資料保存と活用をどうやって実現するか」

    問題提起 地域資料研究会から 

    ワークショップ・ファシリテーター 林 美帆氏(あおぞら財団)

1600 シェアリング

1630 閉会

※懇親会を予定しています。

 

詳細はエル・ライブラリー・メールマガジン【6】に:

http://shaunkyo.jp/mailmagazine.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?l=evh03ec4ee.jpg

 

例年、国文学研究資料館が主催しているアーカイブズカレッジ(史料管理学研修会)の修了生による報告会です。

 

日程: 201734()

場所: 国士舘大学世田谷キャンパス(10号館110105教室)

第1部:国士館史資料室見学会 13:3014:00

※参加ご希望の方は、13:20に柴田会館(国士舘大学内)1階にお集り下さい。

第2部:修了論文報告会 14:3017:4010号館110105教室

1報告:鎌田寛之(日本大学大学院)「鎌倉幕府の文書管理」

2報告:吉田敦則(東京大学大学院)

「内田祥三関連資料のデータベース化とその編成・記述について」

3報告:宋舒揚(東京大学大学院)

「戦後における中華民国北平(北京)市政府の公文書管理」

 

懇親会 18:00~ @34号館10階スカイラウンジ

※お酒やおつまみ等の差し入れ大歓迎です!

※二次会も予定しております。

★諸注意

・第1部と第2部の間で会場を移りますのでご注意ください。

・入退室自由・事前予約不要です。資料代として100円を頂戴します。

 

詳細は:

http://archives.mag2.com/0001668438/?l=evh03ec4ee

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa170206.jpg

 

下記の通り開催されます。

日時: 201739日(木)133017001300開場)

場所: 早稲田大学 小野記念講堂

入場無料 (定員200名・事前予約制)

主催: 一般社団法人 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアム 

共催: 文化庁、早稲田大学坪内博士記念演劇博物館  

後援: 国立国会図書館、NHK、日本民間放送連盟、

放送番組センター、放送文化基金、放送人の会

挨拶:  文化庁、国立国会図書館

 

プログラム:

第1部      トークショー 『映像と共に脚本を楽しもう』 

語り手 池端俊策 (脚本家)

聞き手 岡室美奈子 (早稲田大学演劇博物館館長)

2部 パネルディスカッション『デジタル脚本と映像アーカイブの可能性』

  パネリスト  今野  勉(演出家、放送人の会会長)

         福井健策(弁護士、日本大学芸術学部客員教授)

         高野明彦(国立情報学研究所教授)

         丹羽美之(東京大学大学院情報学環准教授)   

  司 会    吉見俊哉 (東京大学大学院情報学環教授、東京大学副学長)

 

お申込み詳細は:

https://www.nkac.jp/%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%82%B8%E3%82%A6%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%94%B3%E8%BE%BC%E3%81%BF/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事