カンファレンス: 2017年1月アーカイブ

lecture.jpg

 

下記の通り開催されます。お申込み先着50名、席に余裕があれば当日参加も可。

 

日時: 2017215日(水) 130017001230開場)

場所: 一橋大学附属図書館会議室(西キャンパス時計台棟1階)

プログラム: 

1300 開会挨拶 中野 聡(一橋大学副学長)

1305趣旨説明 屋敷二郎(一橋大が鵜社会科学古典資料センター教授)

1315:講演「洋書の紙質と本の寿命について」

吉川也志保(一橋大学言語社会研究科特別研究員)

1410 講演「洋紙の原材料を観察する」宍倉佐敏(女子美術大学特別招聘教授)

1500 講演「『モノ』が持つ情報とその保全~科学・技術の限界~」

加藤雅人(東京文化財研究所文化遺産国際センター国際情報研究室長)

1600 全体討論 質疑応答 

    コーディネーター 江夏由樹(帝京大学教授・一橋大学名誉教授)

1700 閉会挨拶 山部俊文(一橋大学附属図書館・社会科学古典資料センター長)

 

お申込み詳細は:

http://chssl.lib.hit-u.ac.jp/education/lecture.html

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index170117.jpg

 

「時代を記録した写真原板に光を!―眠っていた写真原板を目覚めさせ、活用しよう―」と題して下記の通り開催されます。申込期限は2017131日(火)です。

 

日時: 201728日(水) 13301630

会場: 池袋サンシャイン文化会館7

プログラム:

1 :「日本写真保存センターの役割」

講師:松本徳彦(公益社団法人日本写真家協会副会長)

2 :「写真原板の適切な保存」

講師:中川裕美(日本写真保存センター調査員)

3 :「写真原板のデータベース」

講師:河原健一郎(日本写真保存センター調査員)

4 :「写真原板データベースの価値について」(仮題)

講師:丸川雄三(国立民族学博物館先端人類科学研究部准教授、 日本写真保存センター諮問調査委員)

5 :「保存に適した包材のデモンストレーション」

㈱コスモスインターナショナル、㈱資料保存器材、 ㈱TTトレーディング(旧社名 特種紙商亊㈱)、 PGI、ラ―ソン・ジュール・ニッポン㈱ ※50音順

定 員:100名(申込み順・定員に達した場合はご連絡します)

参加費:無料

 

お申込み詳細は:

http://www.jps.gr.jp/page-2017/

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

article170111.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

タイトル:「水俣病情報センターの資料整備と活用―水俣病研究における歴史的資料の意義―」

日時: 2017128日(土) 13301630

会場: あおぞら財団会議室

    大阪市西淀川区千舟1丁目11号あおぞらビル JR東西線「御幣島(みてじま)」駅

プログラム: 

(1) 開会挨拶・趣旨説明

(2) 報告 水俣病情報センターの資料整備と活用

蜂谷紀之(環境省国立水俣病総合研究センター)

(3) ディスカッション コメンテーター 林 美帆(あおぞら財団)

(4) 閉会挨拶

研究集会に先立ち、希望者を対象に1100よりエコミューズ(西淀川・郊外と環境資料館)の見学会を実施します。

 

詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=292

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kagawa.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申込制です。

 

日時: 平成2922日(木)13301630

場所: 香川県庁 本館12階 第一会議室

内容: 

(第1部)「自治体に必要な公文書管理と今後の課題」

講師:早川和宏(東洋大学法学部教授・弁護士)

(第2部)「平成2728年 常総市水損行政文書復元レスキュー事業に参加して」

講師:香川県立文書館 専門職員 芳澤直起

 

お申込み詳細は:

http://www.pref.kagawa.lg.jp/content/dir8/dir8_5/dir8_5_5/wrcn7s161222135418.shtml

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事