カンファレンス: 2016年5月アーカイブ

indexa160531.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、要事前申し込みです。使用言語は英語ですが、逐次通訳付きです。

 

日時: 2016618日(土) 開場1200 開会12301700

会場: 東京国立近代美術館講堂

 

プログラム:

(講演、質疑は、逐次通訳により進行いたします。通訳:枝村泰典氏)

1200 開場

1230-1240 開会挨拶

 丸川雄三    標記科研研究代表者:国立民族学博物館

1240-1250 企画趣旨説明

 水谷長志    東京国立近代美術館

1250-1430 副所長 リザ・キルウィン博士

100分)AAAAからZまで | Archives of American Art: From A to Z   

1430-1440〈休  憩〉

1440-1620 情報資源部長 カレン・B.ヴァイス氏

100分)アート・オブ・アクセス:AAAにおけるコレクション情報システムの開発

 The Art of Access: The Development of Collection Information Access

16:20-17:00〈質疑・応答〉

 

詳細は:

http://www.momat.go.jp/am/visit/library/aaa20160618/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

467?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費は無料です。定員50名(先着順)。

 

日時: 2016627日(月) 13301650(開場1300

場所: コラッセふくしま(5F小研修室) 福島県福島市三河南町120

JR福島駅西口より徒歩3分)

プログラム:

13301340 開会趣旨及び国立国会図書館東日本大震災アーカイブの概要

13401430 講義「災害体験の記憶を記録に遺す-

いわき明星大学震災アーカイブ室における証言記録の

収集と保存の取組-」

          講師:川副  早央里氏

(早稲田大学文学学術院文化構想学部現代人間論系助手、

平成283月まで、いわき明星大学復興事業センター

震災アーカイブ室客員研究員)

14301440 休憩

14401530 講義「長岡市災害復興文庫の構築と発信

-中越大震災から東日本大震災へ-」」

           講師:田中 洋史氏(長岡市立中央図書館文書資料室室長)

15301540 休憩

15401640 ワークショップ「東日本大震災避難所資料の整理と活用」

16401650 質疑応答

 

詳細は:

http://kn.ndl.go.jp/information/467

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

b20160519.jpg

 

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会の近畿部会が、下記のとおり例会を開催します。

 

日 時: 平成28614日(火) 14:4016:20

報告者: 定兼 学氏(岡山県立記録資料館館長)

      「岡山県立記録資料館開館10周年─それでも初志は変わらず─」

場 所: 京都府立総合資料館 2F会議室

京都市左京区下鴨半木町1-4

電 話 075-723-4836(歴史資料課直通)

 

詳細は:

http://www.jsai.jp/ibbs/b20160519.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20160512.jpg

 

国立公文書館が「国際アーカイブズの日」記念講演会を開催します。入場無料、先着50名でどなたでも参加できますが事前申し込みが必要です。お申込み締め切りは525日(水)です。

 

日時: 201669日(木) 14301650

講演1:「公文書管理の課題」宇賀 克也 東京大学大学院法学政治学研究科教授

講演2:「公文書と昭和史」 原  武史 放送大学教授

会場: コングレスクエア日本橋 3階 ホールCD

     〒103-0027

     東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル2階

 

お申込み詳細は:

http://www.archives.go.jp/news/20160512.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20160613france-japan-forum.jpg

 

国立国会図書館が在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本と共催で行います。

参加費は無料です。お申し込み受け付けは513日(金)からです。

 

タイトル「書籍とデジタル」

日時: 2016613日(月) 9451830

開場: 国立国会図書館 東京本館 新館講堂

定員に達した時点で受付終了ですが、お申込み締め切りは618日(水)です。

 

プログラム(仮)

•第一部:「デジタル時代の創作と読書:本の新しい形と新たな読書の形態とは?」

•第二部:「電子書籍と図書館の役割―長期アクセス保証と納本制度」

•第三部:「電子書籍の経済」

 

詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20160613france-japan-forum.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

symposium160508.jpg

 

下記のとおり開催されます。

 

東日本大震災関連シンポジウム「大震災からの復興と歴史・文化の継承」

日時: 2016514日(土)131517001300開場)

会場: 福島県文化センター2階会議室

     JR福島駅東口より市内循環バス(約20分)「桜の聖母短期大学」下車(約5分)

主催: 地方史研究協議会

資料代:500

 

内容:

1報告 三瓶 秀文(富岡町教育委員会教育総務課)

  「旧警戒区域からの文化財保全への取り組み~震災から五年を経過して~」

2報告 田仲 桂(いわき市文化財保護委員)

  「いわき市における無形民俗文化財の継承の取り組み」

3報告 成田 暢(石巻市教育委員会生涯学習課)

  「石巻文化センターの被災資料の現状と課題」 

討論(全体討論含む)

懇親会: 1800~ 会費5,000円程度 *福島駅前西口「グリーンパレス」で予定

 

詳細は:

http://chihoshi.jp/symposium.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=300.jpg

 

漆にかかわる人々が一堂に会し、情報交換や相互理解、協働作業を通して漆産業と技術・文化の継承と発展を図る目的で2010年に「漆サミット」(漆サミット実行委員会が主催)が開催されました。以後、2015年まで毎年開催されてきましたが、講演会やワークショップ、見学会等を通じて、さらに知識の普及啓発や相互交流を行うため、新たに日本漆アカデミーが20163月に発足しました。

 

日本漆アカデミーの2016年第1回講演会は下記のとおり開催されます。定員120名、懇親会は100名(いずれも先着順)です。お申し込み締め切りは514日(土)です。

 

日時: 2016529日(日) 13301730(開場:1300

会場:明治大学駿河台校舎 グローバルフロント1F グローバルホール

   東京都千代田区神田駿河台1-1

プログラム:

1. 「日本漆アカデミーとは」

  国立研究開発法人森林総合研究所東北支所 田端 雅進

2.「文化財修復の概念と修復工程」

  日本工芸会 松本 達弥

3. 「劣化形態を知り、漆工品の修復手法を考える」

  地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター 神谷 嘉美

休憩

4. 「文化財としての漆器の科学分析」

  日本漆アカデミー会長 宮腰 哲雄

5.質疑応答

講演会終了後に「ナポリの下町食堂お茶の水店」で別途懇親会が開催されます。

 

お申込み詳細は:

http://urushisummit.jp/?p=300

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

annual_meetings160507.jpg

 

下記のとおり開催されます。

 

2016年度歴史学研究会大会」

会期: 2016528日(土)~29日(日)

会場: 明治大学駿河台キャンパス(東京都千代田区神田駿河台1-1

会場整理費: 一般1800円、会員1500円、学生(修士課程まで)1000円。

         両日とも参加できます。(事前申込不要)

 

第1日 5月28日(土)

 全体会 13001730

 

人の移動と性をめぐる権力

 ・初期イスラーム時代の奴隷女性と境域の拡大

 ..........................................清水和裕

 ・「からゆきさん」における移動の経験と性の権力.

 ..................................嶽本新奈

 ・ アメリカ合衆国への移民の流入と人種・性規範の構築

 ............................松本悠子

   コメント:松井 洋子

 

第2日 5月29日(日) 

9301730 (古代史部会10:0017:30、特設部会 11301400

 

古代史部会 日本古代における支配の変質 

 ・摂関期の政治と国家

  ...........................................................................今正秀

       コメント:中大輔 ・神谷正昌

 

中世史部会 移行期の社会と富・貨幣 

  ・中世成立期の社会編成と富の生成・分配の構造

  ....................................守田逸人

 ・ 1517世紀海域アジアの交流と日本の貨幣

  ..........................................川戸貴史

 

近世史部会 近世日本の「開国」と政治・社会-新たな国家像の模索-  

 ・ 幕末外交と日本近海測量..........................................後藤敦史

「開国」と国学的世界観...........................................三ツ松誠

 

近代史部会 大戦間期における社会意識の変容―人びとにとっての科学と文化-

  ・戦間期アメリカ合衆国における優生学と大衆文化

  ....................................小野直子

  ・デモクラシー・モダニズム・ファシズムと日本の音楽文化

  ....................上田誠二

    コメント:松原宏之・高岡裕之

 

現代史部会 軍事・社会空間の形成と変容-米軍との「接触」を中心に- 

 ・ 戦後日米関係史断章-行政協定/地位協定という接触面-

  ..................明田川融

  ・1990年代のグアムにおける米軍用地問題とチャモロ・ナショナリズム

   ...長島怜央

   コメント:木戸衛一・ロメロ イサミ

 

合同部会 

3-8世紀における地中海世界を中心とした政治的コミュニケーションの断絶と継受  

 ・クルスス・プブリクスとポイティンガー図

  -後期ローマ帝国時代の街道とその図示-

  .......................................南雲泰輔

・カロリング期の政治的コミュニケーションにおける書簡の機能について

 .....菊地重仁

・初期イスラーム時代における政治的コミュニケーションの構造とその変化

 .....亀谷学

 

特設部会 歴史研究の成果を社会にどう伝えるのか-「社会的要請」と歴史学-

 ・メディアと歴史学-『週刊金曜日』編集の現場から-

  ..............................片岡伸行

 ・学術出版と歴史学-書籍編集者の立場から-

 ....................................吉田浩一

・ 歴史研究の可視化・高度化

  - 国立歴史民俗博物館の実践と人間文化研究機構の計画 -

 ............... 平川南

 

詳細は:

http://rekiken.jp/annual_meetings.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

projects160506.jpg

 

「国際博物館の日」を記念してICOM(The International Council of Museums:国際博物館会議)日本委員会が下記のとおりシンポジウムを開催します。

 

日時: 平成28522日(日) 13001730

会場: 東京文化財研究所 地下1階セミナー室

 

プログラム:

13:00~ 開会挨拶

         有松育子(文部科学省生涯学習政策局長)

          銭谷眞美(日本博物館協会会長、東京国立博物館長)

13:15~ 第1部 講演会

       「ヨーロッパにおける都市博物館と文化的景観について」(仮)

         Marlen Mouliou ICOM-CAMOC委員長)

       「シンガポールにおける都市博物館と文化的景観について」(仮) 

         Rosa Daniel ICOMシンガポール委員長)

       「香港における都市博物館と文化的景観について」(仮)  

         香港古物古蹟事務所長 蕭麗娟氏

15:20~ 休憩

15:40~ 第2部:鼎談「博物館と文化的景観」

         青木 保(ICOM日本委員長、国立新美術館長)

         陣内秀信(法政大学教授)

         吉見俊哉(東京大学大学院教授)

17:10~ 報告「ICOM京都大会の準備状況について」

         半田昌之(日本博物館協会専務理事)

17:20~ 閉会挨拶

         佐々木丞平(京都国立博物館長)

参加費: 無料

定員: 100名 (先着順、ICOM会員を優先)

 

お申込み詳細は:

https://www.j-muse.or.jp/02program/projects.php?cat=8

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事