カンファレンス: 2015年11月アーカイブ

post_7.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申し込みは不要です。シンポジウム終了後に常設展示室の見学会があります。

 

タイトル: 南山アーカイブズ常設展示室オープン記念シンポジウム

「展示を利用した自校史教育の可能性」

日 時:  20151219日(土)13:0016:30

会 場:  南山アーカイブズ多目的室 [学校法人南山学園法人事務局ライネルス館]

 

内 容

報告:

水越 建太(南山大学附属小学校教諭)

中尾 浩康(南山高等・中学校男子部教諭)

永井 英治(南山大学人文学部教授、南山アーカイブズ)

黒沢 浩 (南山大学人文学部教授、南山大学人類学博物館)

 

コメント: 杉浦泰也(聖霊高等学校・中学校副校長)

討論:ネルディスカッション

司会:林 順子(南山大学経済学部教授)

 

見 学 12:0012:50 常設展示室III(自由見学)

 

当日は休館日ですが、特別に開館します。

 

詳細は:

http://www.nanzan.ac.jp/archives/news/post_7.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc151129.jpg

 

9月に発生した台風18号による」関東・東北豪雨で被災した常総市の水損行政文書レスキュー活動の報告会です。下記の通り開催されます。定員50名程度で参加費は無料ですが、事前申し込みが必要です。お申込み締め切りは127日(月)です。

 

タイトル: 「緊急支援報告会! 常総市水損行政文書の救助と復旧」

日時: 20151214日(月) 13301600

会場: 常総市役所 第一分庁舎 1階に集合

303-8501 茨城県常総市水海道諏訪町3222-3  常総市役所敷地内

※関東鉄道常総線 守谷駅下車 徒歩約7

主催:

常総市

筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター

茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク

共催(予定を含む):

茨城県立歴史館、茨城地方史研究会、茨城大学、筑波大学図書館情報メディア系

人間文化研究機構基幹研究「人命環境アーカイブズの予備的調査研究」(国文学研究資料館)

国文学研究資料館基幹研究「民間アーカイブズの保存活用システム構築に関する基礎研究」

 

内容:

1300   第一分庁舎1階開場、受け付け開始

1330   開会・あいさつ

報告1:常総市における古文書・公文書の水損被害とレスキュー活動の開始

      茨城史料ネット、茨城県立歴史館、常総市

      報告2:水損行政文書の救助・復旧活動について

国文学研究資料館准教授 青木睦氏

      質疑応答

1500 現地視察:2班編成(30分程度で交替)

国立公文書館による水損文書の洗浄・乾燥作業などの見学と質疑応答

永年保存文書庫・有期限文書庫などの見学と質疑応答

1600 終了、解散

 

お申込み詳細は:

http://siryo-net.jp/event/20151214-joso/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

010108.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申し込み不要、定員100名(先着順)です。

 

タイトル: 「イタリアのアーカイブズと文書保護局」

日時: 20151211日(金) 15001700

会場: 中京大学名古屋キャンパス 16号館6階 アネックスホール

講師: ディアーナ・マルタ・トッカフォンディ氏(トスカーナ文書保護局局長)

通訳: 湯上 良氏(人間文化研究機構 国文学研究資料館特任助教) 

 

通訳の湯上 良氏はマリア・バルバラ・ベルティーニ著『アーカイブとは何か石板からデジタル文書まで、イタリアの文書管理』(2012)の翻訳をされています。

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/2012/01/post-171.html

 

講演会の詳細は:

http://www.chukyo-u.ac.jp/event/2015/11/010108.html

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  indexa151124.jpg

 

下記の通り開催されます。入場無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 20151128日(土) 10001730

会場: 学習院大学北2号館10階 大会議室

主催:

学習院大学東洋文化研究所プロジェクト「ベトナム・阮朝アーカイブズに関

する基礎的研究」学習院大学大学院アーカイブズ学専攻

共催: 学習院大学文学会

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

10:00-10:10 開会挨拶

(安藤正人、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻主任教授)

10:10-10:30 趣旨説明

(武内房司、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻教授)

〔司会 武内房司、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻教授〕

10:30-11:20

VU THI PHUNG

(ベトナム国家大学ハノイ校人文社会科学大学アーカイブズ・文書管理学部教授)

"A Review of Recent Research in Vietnam on Archives under the Nguyen

 Dynasty"

(ベトナム語:【通訳】宮沢千尋、南山大学人文学部准教授)

11:20-12:10

NGUYEN THU HOAI(ベトナム国家第一アーカイブズセンター・ハンノム部門主

任研究員)

"Formation and Management of Chau Ban in the System Records and

  Archives of Nguyen Dynasty"(英語)

〔司会:高埜利彦、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻教授〕

13:30-14:00

上條静香(学習院大学大学院史学専攻博士課程)

"The Archival Policy of Shogun YOSHIMUNE in Tokugawa Era"(英語)

14:30-15:00

VUONG DINH QUYEN(ベトナム国家大学ハノイ校人文社会科学大学アーカイブズ

・文書管理学部教授)・

DAO DUC THUAN(同大学同学部主任)

"Emperor Minh Menh and the Archives of the Nguyen Dynasty"(ベトナム語

・英語)

〔司会:保坂裕興、学習院大学大学院アーカイブズ学専攻教授〕

15:20-15:50

NGUYEN V AN HAM(ベトナム国家大学ハノイ校人文社会科学大学アーカイブズ・

文書管理学部教授)

CAM ANH TUAN(同学部副主任)

"Utilizing and Promoting the Values of the Vermillion Records of the

 Nguyen Dynasty"

(ベトナム語・英語)

15:50-16:20

NGUYEN V AN THAM

(ベトナム国家大学ハノイ校人文社会科学大学アーカイブズ・文書管理学部教

)

LE TUAN HUNG(同大学大学院)

"The Archival Organization under the Nguyen Dynasty and the Lesson

 Learnt for the Archives of Contemporary Vietnam"

16:20-16:50

嶋尾稔(慶應義塾大学言語文化研究所教授)・

北川香子(学習院大学非常勤講師)

「フランス・ギメー美術館所蔵文書より見た阮朝地方アーカイブズの世界」

(日本語・ベトナム語)

16:50-17:10

山本英史(慶應義塾大学文学部教授)

コメント(日本語・ベトナム語【通訳】松尾信之

(名古屋商科大学コミュニケーション学部教授)

17:10-17:30 討論

17:30- 懇親会

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

詳細は:

http://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/index.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

pressa20151118-02.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 平成28111日(月・祝) 13001630

会場: 東北大学災害科学国際研究所棟 1階多目的ホール

(宮城県仙台市青葉区荒巻字青葉468-1

共催: 東北大学災害科学国際研究所・国立国会図書館

定員: 200名(事前申し込み、先着順です)

参加費: 無料

 

プログラム:

1)開会の挨拶 13:00-13:10

今村 文彦(東北大学災害科学国際研究所所長)

2)特別講演 13:10-14:10

「博物館における教育・研究活動と災害アーカイブの統合

-アチェ津波博物館におけるアチェ津波デジタルアーカイブ(DATA)-」

トミー・ムリア・ハサン (アチェ津波博物館館長)

休憩 14:10-14:20

3)事例報告 14:20-15:05

・「青森震災アーカイブについて」

 漆戸 啓二 (八戸市防災危機管理課主事)

・「東日本大震災アーカイブ宮城について」

 菊地 正 (宮城県図書館副館長)

・「浦安震災アーカイブについて」

 白沢 靖知(浦安市立中央図書館奉仕第2係係長 )

4)進捗報告 15:05-15:35

・「岩手県における震災アーカイブの現状」

 柴山 明寛 (東北大学災害科学国際研究所准教授 )

・「ポータル(入口)としての国立国会図書館東日本大震災アーカイブ「ひなぎく」」

 諏訪 康子 (国立国会図書館電子情報部主任司書)

・「社会の減災を指向する災害アーカイブと災害伝承

 『みちのく震録伝』と震災発生から5年目の災害科学的アプローチ-」

  佐藤 翔輔 (東北大学災害科学国際研究所助教)

休憩 15:35-15:45

5)パネルディスカッション 15:45-16:25

  「地域の記録としての震災アーカイブ~未来へ伝えるために~」

  【進行】柴山 明寛(東北大学災害科学国際研究所准教授 )

  漆戸 啓二(八戸市防災危機管理課主事)

  菊地 正 (宮城県図書館副館長)

  白沢 靖知(浦安市立中央図書館奉仕第2係係長 )

  佐藤 翔輔 (東北大学災害科学国際研究所助教)

  諏訪 康子 (国立国会図書館電子情報部主任司書)

 

6)閉会の挨拶 16:25-16:30

諏訪 康子(国立国会図書館電子情報部主任司書)

 

お申込み詳細は:

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/2015/11/press20151118-02.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexa151115.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 2015125日(土) 12:3017:30

場所: 茨城大学人文学部 人文講義棟10番教室(茨城県水戸市文京2-1-1

主催: 茨城大学人文学部、科学研究費補助金基盤研究(S)

「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立―東日本大震災を踏まえて―」(代表・奥村弘)

後援: 茨城県教育委員会、茨城史料ネット、ふくしま史料ネット、

茨城大学地球変動適応科学研究機関(ICAS)、筑波大学知的コミュニティ基盤研究センター

 

・基調講演

田家 康 氏(()農林中金総合研究所客員研究員)「気候で読み解く日本の歴史」

・セッション1 江戸時代の災害・復興と民衆

馬場 章 氏(東京大学)「江戸時代の災害の記録と被災資料」

富澤 達三 氏(松戸市立博物館)「大地震と江戸庶民―ナマズ・鹿島信仰・鯰絵―」

・セッション2 被災の記憶と教訓を未来へ

添田 仁 氏(茨城大学)

「関東・東北豪雨水害から文化遺産を救い出す―茨城大学・茨城史料ネットの取り組み―」

大栗 行貴 氏(国見町教育委員会)

「文化財レスキューから歴史まちづくりへ―福島県国見町の取り組みから―」

白井 哲哉 氏(筑波大学)「原子力災害と避難に関する記録の保全と活用」

 

同じ日には、茨城大学図書館2015年度後学期企画展「東日本大震災と文化遺産―学生と市民が守ったふるさとの記憶―」も開催されています。

 

お問い合わせは:

http://siryo-net.jp/event/ibaraki-univ-20151205/

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

articlea151115.jpg

 

以下の内容で合同シンポジウムが開催されます。資料代300円がかかります。

 

タイトル: 「施行一年の特定秘密保護法―歴史学、アーカイブズ学から考える―」

日時: 2015123日(木) 16:3019:00

会場: 明治大学リバティタワー14階 1143

報告:

      瀬畑源「歴史学から特定秘密保護法を考える―施行後の現状と課題―」

      小川千代子「秘密と公開 記録管理の立場から」

      吉澤文寿「日韓会談をめぐる外交文書の管理と公開」(仮題)

資料代: 300

主催: 日本史研究会・歴史科学協議会・歴史学研究会・歴史教育者協議会・同時代史学会・記録管理学会・日本アーカイブズ学会

 

詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=240

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

article151115.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申し込みは不要、参加費無料です。

 

タイトル: 「写真資料の整理・公開を考える―地域の文化と歴史の継承に向けて―」

1)日時: 2016123日(土)  13001700 申込不要・無料

2)会場: 大阪市 梅田 追手門大学 梅田サテライト

3)プログラム(予定)

      1】開会挨拶

      2】事例報告

         報告1: 尼崎市立地域研究史料館(兵庫県尼崎市)

         報告2: 北摂アーカイブス(大阪府豊中・箕面市)

         報告3: 神戸アーカイブ写真館 (兵庫県神戸市)

         ※正式な報告タイトルは後日発表いたします。

      3】ディスカッション

      4】閉会挨拶

 

詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=239

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  kenkyusyukai01.jpg

 

下記の通り研究集会が開催されます。入場無料、事前申し込みが必要です。

 

日 時: 平成272015)年125() 13001705(開場1230

場 所: 広島大学文学研究科棟(1F)153教室

     〒739-0046 東広島市鏡山1丁目2-3

 

研究報告

テーマ「個人文書の収集・整理・公開に関する諸課題」

報告1 石田 雅春(広島大学文書館助教)

「広島大学文書館における個人文書の所蔵・公開状況について」

報告2 中生 勝美(桜美林大学リベラルアーツ学群(文化人類学専攻)教授)

「アメリカミシガン大学の歴史図書館:所蔵資料と利用の現状」

報告3 永島 広紀(佐賀大学文化教育学部准教授)

「地方国立大学史の編纂と旧制官立高等学校関係資料

─旧制佐賀高校を中心に─」

報告4 東山京子(中京大学社会科学研究所特任研究員)

   「台湾統治関係史資料の現状と今後の課題」

 

お申込み詳細は:

http://home.hiroshima-u.ac.jp/hua/event/kenkyusyukai01.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

ro3mup0000001dz8.jpg

 

慶應義塾大学デジタルメディア・コンテンツ統合研究センター(DMC研究センター)が、下記の通りシンポジウムを開催します。参加費は無料、事前申し込みが必要です。

 

DMC研究センターシンポジウム「-第5回デジタル知の文化的普及と深化に 向けて-」

日時: 20151124日(火) 14:00-17:00(研究交流会を除く)

会場: 慶應義塾大学日吉キャンパス西別館1 

 DMCスタジオ(定員超過の場合は展示室にて中継をご覧いただきます。)

14:00 挨拶 長谷山彰(慶應義塾常任理事)

14:05 挨拶 松田隆美(DMC研究センター所長、文学部教授)

14:15 講演 「オープンなデジタルアーカイブに向けた日米欧の法政策」

 生貝直人(東京大学附属図書館新図書館計画推進室・大学院情報学環特任講師)

15:00 講演 「コンテンツのネットワーク化で広がるミュージアム世界」

 金子晋丈(DMC研究センター研究員 理工学部専任講師)

15:45 パネル・ディスカッション

   「DMCが描くこれからのミュージアム世界」

 松田隆美(同上)

 安藤広道(DMC研究センター研究員 文学部教授)

 石川尋代(DMC研究センター特任講師)

 生貝直人(同上)

 モデレーター 金子晋丈(同上)

17:30 研究交流会

 デモンストレーションコンテンツに触れていただけます。

技術展示:

 日時:1124日(火) 13:00-13:4517:00-19:00

 場所:慶應義塾大学日吉キャンパス西別館1 1階展示室

 

お申込み詳細は:

http://www.dmc.keio.ac.jp/topics/events/ro3mup0000001dz8.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

gyoujiinfo151108.jpg

 

下記の通り開催されます。主に自治体職員を対象にしていますが、一般の方の参加も可。定員先着お申込み50名、参加費無料です。

 

日時: 1126() 11:0016:1012:0013:30 昼休み、15:30~質疑応答)

会場: 北海道庁赤れんが庁舎1号会議室

 

内容

・道立文書館による私文書所在調査とその後(60分)

山田 正(文書館職員)

・民間資料の把握・保存・利用―その意義と実践(120分)

西村慎太郎氏(国文学研究資料館研究部准教授、NPO法人歴史資料継承機構代表理事)

 

お申込み詳細は、北海道立文書館 行事案内から:

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/sm/mnj/gyouji/gyoujiinfo.htm#kensyukai

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1212620_1484.jpg

 

国立国会図書館の第26回保存フォーラム「その展示、本を傷めていませんか?-保存と展示の両立を考える-」が下記の通り開催されます。お申込みは11/11(水)から受付、定員は先着80名。

 

日時: 20151218日(金) 14001700(受付1330

会場: 国立国会図書館 東京本館 新館3階大会議室

内容: 「その展示、本を傷めていませんか?-保存と展示の両立を考える-」

1   講演「紙資料の展示環境」(仮題)

  加藤雅人氏(東京文化財研究所文化遺産国際協力センター国際情報研究室長)

2   実例報告

  一橋大学附属図書館   福田名津子氏(一橋大学附属図書館研究開発室助手)

  印刷博物館   石橋圭一氏(印刷博物館学芸員)

  熊本県菊陽町図書館   松本和代氏(熊本県菊陽町図書館司書)

  国立国会図書館   山口佳奈(収集書誌部資料保存課副主査)

3   質疑応答・意見交換

 

お申込み詳細は11/11(水)以降に下記ページから:

http://www.ndl.go.jp/jp/library/news/1212620_1484.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2015-11-20-1.jpg

 

大分県歴史資料保存活用連絡協議会(会長:大分県公文書館長)が、別府大学(アーカイブズセンター)との共催で「平成27年度 記録史料保存セミナー」を下記の通り開催します。参加費は無料、事前申込制です。

 

開催日時: 20151120日(金) 1300

開催場所: 大分県立図書館 2階 視聴覚ホール

内容:

1 開会(1300

2 講演

講演1 13101410

演題: 開館から2年を経て―太宰府市公文書館の利活用への取り組み」

講師: 藤田理子氏(太宰府市公文書館)

~休憩~

講演2 14201520

演題:地域史料の保存・活用と博物館―佐伯市歴史資料館の事例から―

講師:甲斐玄洋氏(佐伯市歴史資料館)

~休憩~

3 意見交換(15301610

コーディネーター別府大学文学部史学・文化財学科針谷武志教授

 

お申込み詳細は:

http://www.pref.oita.jp/site/346/2015-11-20-1.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事