カンファレンス: 2014年12月アーカイブ

e1642.jpg

 

2014125日(金)に国立国会図書館で開催された第25回保存フォーラム「続けられる資料保存」(京都大学文学研究科図書館 古森千尋氏講演)の報告がカレントアウェアネス・ポータルに掲載されました。リンク先には当日のパワーポイントも公開されています。

 

詳細はカレントアウェアネス・ポータル:

http://current.ndl.go.jp/e1642

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20150122sympo.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申込制です。定員300名(先着順)でお申込み締め切りは2015120日(火)です。(日英同時通訳付き)

 

日時: 2015 122() 130017001230開場)

会場: 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂 

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1部 ヨーロッパの現在

・基調講演 「オープンデータの潮流とEuropeana

 東京大学大学院情報学環 特任講師 生貝 直人氏

・特別講演 「Europeanaの今後の展開:戦略計画2015-2020

 Europeana 執行委員、Collections Trust CEO ニック・プール氏

2部 日本の現在

・事例報告I 「国立国会図書館(NDL)サーチの今後の展開」

 国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課 課長補佐 小澤 弘太氏

・事例報告II 「連携機関から見たNDLサーチ:今後への期待」 「まほろばデジタルライブラリー/ゆにかねっとでの連携」

 奈良県立図書情報館 総務企画グループ主査 川畑 卓也氏

「東寺百合文書WEBとオープンデータ化」

 京都府立総合資料館 庶務課兼歴史資料課 福島 幸宏氏

J-STAGENDLサーチの現状と今後の展望」

 科学技術振興機構 知識基盤情報部 研究成果情報グループ 中島 律子氏

CiNiiNDLサーチの現状と今後の展望」

 国立情報学研究所 准教授 大向 一輝氏

3部 パネルディスカッション:「デジタル文化資源の収集・提供・活用の

未来」

・司会  同志社大学 教授 原田 隆史氏

・パネリスト

 Europeana ニック・プール氏

 東京大学大学院 生貝 直人氏

 国立情報学研究所 大向 一輝氏

 国立国会図書館 電子情報部 電子情報サービス課長 木目沢 司氏

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20150122sympo.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  pg75141222.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料ですが、事前申し込みが必要です。

 

日時: 2015124(土) 開場9:30 開演10:00 終了11:30

会場: アルカディア市ヶ谷

102-0073 東京都千代田区九段北4-2-25

   http://www.arcadia-jp.org/top.htm

講演者: 筑波大学逸村裕氏

講演題目: 今ふたたび図書館とデジタル化を語る

 

お申込み詳細は:

http://www.j-dira.com/cn10/pg75.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index141219.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、定員100名、申し込み先着順で申し込み期限は2015130日(金)です。

 

日時: 201524日(水) 13:3016:30(受付開始13 :00~ )

会場: 池袋サンシャイン文化会館7階 710号室

 

テーマ: 「木村伊兵衛の写真原板は...」

講師:田沼武能(公益社団法人 日本写真家協会 会長)

 

「写真の保存方法―包材を中心に―」

講師:吉田成(東京工芸大学芸術学部写真学科教授)

 

「包材メーカーと商社関係者による講習」

講演:()コスモスインターナショナル、(株)資料保存器材、()TTトレーディング(旧社名:特種紙商事())、日本無機()、フォト・ギャラリー・インターナショナル、ラーソン・ジュール・ニッポン ()

中性紙の包材とはどんなものか、どこで購入できるのかなど聞きたい内容について、国内の主要なメーカー、輸入業者の担当者が現物を手に紹介します。

 

詳細は:

http://www.jps.gr.jp/20150204-2/

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index141217.jpg

 

1210日のブログでお知らせした、大津波被災文化財 保存修復技術連携プロジェクトのうち東京会場で開催されるワークショップのプログラムが決定しました。参加費無料、定員30名(このほかに10名まで傍聴可)で事前申し込みが必要です。

 

開催日: 2015130日(金)

会場: 東京藝術大学 美術学部 中央棟 第4講義室

 

プログラム:

1000~ 開会挨拶(神庭信幸)

1015~ 拓本など和紙資料の安定化処理について(鈴木晴彦)

1115~ 水彩画など洋紙資料の安定化処理について(米倉乙世)

1215~ 休憩

1330~ 文書資料の安定化処理について(及川甲子)

1600~ 質疑応答(稲葉政満、赤沼英男、熊谷 賢)

1645~ 閉会挨拶(半田昌之)

 

お申込み詳細は:

https://www.j-muse.or.jp/index.php#news

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

2015katari-tsunagu.jpg

 

東北大学災害科学国際研究所では、201535日(木)に東日本大震災アーカイブ語りべシンポジウム「かたりつぎ」~朗読と音楽の夕べ~を開催します。シンポジウムはUstreamでも配信されます。定員1,100名、入場無料ですが事前申し込みが必要です。

 

日時: 201535日(木) 18002010(開場17:30

場所: 多賀城市文化センター 大ホール

主催: 東北大学災害科学国際研究所、宮城学院女子大学、多賀城市、

かたりつぎ仙台実行委員会、復興支援コンサート実行委員会(神戸)

後援: 宮城県、仙台市、多賀城市教育委員会、世界国連防災会議実行委員会、

NHK仙台放送局、TBC東北放送、KHB東日本放送、ミヤギテレビ、 

仙台放送、河北新報社、読売新聞東北総局、毎日新聞仙台支局、

産経新聞社東北総局、朝日新聞仙台総局、FM仙台、

(公財)仙台市市民文化事業団

協力: アーツエイド東北

協賛: 積水ハウス株式会社(予定)、凸版印刷株式会社(予定)、

石窯パン工房ばーすでい(予定)

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

司会:六華亭 遊花(落語家)

 

18001805 (1)ご挨拶   多賀城市長 菊地 健次郎氏

18051815 (2)合 唱   宮城県多賀城高等学校合唱部のみなさん

18151840 3)講 演   富田 博秋(東北大学教授)

18401845 (4)報 告   柴山 明寛(東北大学准授)みちのく震録伝の活動紹介

18451900     休 憩  (15分)

19002010 (5)かたりつぎ ~朗読と音楽の夕べ~

語り  竹下 景子(俳優)

演奏  神谷 未穂(仙台フィルコンサートマスター)

高塚美奈子(ピアニスト)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://shinrokuden.irides.tohoku.ac.jp/symposium/2015katari-tsunagu

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index141215.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 2015111日(日) 1330-1700

会場: 一橋大学職員集会所 (JR 国立駅南口歩10 分)

主催: ネットワーク・市民アーカイブ

 

当日は、ネットワーク・市民アーカイブの運営委員が市民活動資料について論じた『大原社会問題研究所雑誌』666号(20144月)を素材にして、皆さんと考えます。発行元は同研究所、販価1000+送料またはHPからpdfを無料でダウンロードできます。 

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/oz/666/index.html

 

内容:

 【コメンテーター】 石居人也さん

 (一橋大学大学院社会学研究科教員)

 町村敬志

 (ネットワーク・市民アーカイブ運営委員

 一橋大学大学院社会学研究科教員)

 【パネラー】

 荒井容子(法政大学社会学部教員)

 安東つとむ(フォーラム色川代表幹事)

 江頭晃子(市民活動サポートセンター・アンティ多摩)

 杉山 弘(町田市立自由民権資料館)

 中村 修(藤沢市文書館)

 平川千宏(元 市民・住民運動資料研究会)

 山家利子(市民活動サポートセンター・アンティ多摩)

 

http://homepage3.nifty.com/simin-siryo/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index141210a.jpg 

 

阪神・淡路大震災を機に設立された歴史資料ネットワーク(略称:史料ネット)は来年20周年を迎えます。これを記念して下記の通り「全国史料ネット研究交流集会」を開催します。参加費は無料、事前申込制です。(申し込み受付は準備中とのこと)申し込み受付開始しました。 終了後の懇親会は有料です。

 

日 時: 2015214日(土)13:0018:00

215日(日)9:3013:00

会 場: 野村證券神戸支店アネックスホール(神戸市三宮・神戸国際会館3階)

主 催: 歴史資料ネットワーク(構成学会:大阪歴史科学協議会、大阪歴史学会、

神戸史学会、神戸大学史学研究会、日本史研究会)、

独立行政法人国立文化財機構

共 催: 神戸大学大学院人文学研究科地域連携センター

後 援(決定分): 芸予地震被災資料救出ネットワーク愛媛、地域史料保全有志の会、

                        千葉歴史自然資料救済ネットワーク、新潟歴史資料救済ネットワーク

協 力: 科学研究費補助金基盤研究(S)「災害文化形成を担う地域歴史資料学の確立

―東日本大震災を踏まえて―」(研究代表者:奥村弘)研究グループ

 

プログラム:

【記念講演】

・奥村 弘 氏(歴史資料ネットワーク代表委員)

「史料ネットの20年と資料保全のこれから(仮)」

・未   定(独立行政法人国立文化財機構)

「文化財防災ネットワーク推進事業について(仮)」

・木下尚子氏(日本学術会議、熊本大学教授)

「日本学術会議提言について(仮)」

 

【各地資料保全ネットワークからの報告】

 報告団体(決定分・50音順)

・茨城文化財・歴史資料保全・救済ネットワーク

 ・芸予地震被災資料救出ネットワーク愛媛

・山陰歴史資料ネットワーク

 ・地域史料保全有志の会

・千葉歴史・自然資料救済ネットワーク

 ・新潟歴史資料救済ネットワーク

 ・ふくしま歴史資料保存ネットワーク

 NPO法人宮城歴史資料保全ネットワーク

 ・山形文化遺産防災ネットワーク

 ・歴史資料保全ネットワーク・徳島

 

【懇親会】

 日時:2/14(土) 18:00

 会場:東天紅 神戸三宮センタープラザ店

 会費:5000

 

詳細は:

http://siryo-net.jp/event/zenkoku_shukai/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  141210.jpg

 

津波により被災した文化財の保存修復技術の構築と専門機関の連携に関するプロジェクト実行委員会(連絡先 日本博物館協会)が下記の通り今年度のイベントを開催します。

 

■展覧会

宮崎会場 

"文化財"を守り伝える力 大災害と文化財レスキュー

2015110日(土)~222日(日)

会場: 宮崎県総合博物館

http://www.miyazaki-archive.jp/museum/

 

兵庫会場

災害と歴史遺産 -被災文化財等レスキュー活動の20年―

2015110日(土)~315日(日)

会場: 兵庫県立歴史博物館

http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/

 

東京会場

特別展 「3.11大津波と文化財の再生」

2015114日(水)~315日(日)

会場: 東京国立博物館 本館特別2室・特別4

http://www.tnm.jp/

 

■ワークショップ 被災資料の安定化処理技術

三重会場 20141121日(金)→終了しています。

三重県立美術館

http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/

 

兵庫会場

2015116日(金)

会場: 兵庫県立歴史博物館

http://www.hyogo-c.ed.jp/~rekihaku-bo/

 

宮崎会場

2015123日(金)

会場: 宮崎県総合博物館

http://www.miyazaki-archive.jp/museum/

 

東京会場

2015130日(金)

会場: 東京芸術大学

お問い合わせは日本博物館協会へ

 

■シンポジウム

「文化を守る絆―津波被災文化財再生への挑戦―(仮)」

2015311日(水)

会場: 東京文化財研究所

お問い合わせは日本博物館協会へ

 

日本博物館協会:

https://www.j-muse.or.jp/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

fuminkouza141208.jpg 

 

シンポジウム『乙訓(おとくに)地域の史料を守り、伝える』 は下記の通り開催されます。定員約100名、入場無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 201412月21日(日) 13:016:00 (予定)

場所: 向日市文化資料館2階研修室(向日市寺戸町南垣内40-1)

内容: 

1部 地域における活動の事例報告

 ○ むこうまち歴史サークルの活動(むこうまち歴史サークル 佐藤兼司氏)

○ 地域史としての漢詩(チーム乙訓 鵜野高資氏)

○ 歴史資料館と大山崎ふるさとガイドの会(大山崎ふるさとガイドの会 加藤文則氏)

○ 乙訓の文化遺産を守る会・古文書部会の歩み

(乙訓の文化遺産を守る会・古文書部会 長谷川澄夫氏)

 

2部 第1部報告者及び京都府立総合資料館職員によるディスカッション

その他

○ 発表4団体の活動内容を紹介するパネル掲示や地域史研究団体出版冊子

の展示コーナーを設置

 ○ 会場で「雑誌論文記事検索」(資料館所蔵地域研究誌の論文記事DB)を紹介

 

詳細は:

http://www.pref.kyoto.jp/shiryokan/fuminkouza.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index141205A.jpg

 

国連防災世界会議は、国際的な防災戦略について議論する国際連合が主催する会議です。第1回は1994年に横浜で、第2回は2005年に神戸で開催されました。第3回は宮城県仙台市で開催予定です。本体会議には、国連加盟国、国際機関、NGOなど首脳、閣僚級を含む政府関係者など5,000人以上の参加を見込んでいるそうです。

 

会議の目的は、神戸会議で採択された、2005年以降10年間の国際社会おける防災活動の基本指針である「兵庫行動枠組」の後継枠組となる次代の世界防災戦略です。会議の関連事業として、フォーラムやシンポジウム、セミナーなど多数のイベントが予定されています。

 

日程: 2015314日(土)~18日(水)

会場: 仙台国際センター(会議棟、展示棟)

主催: 国際連合

 

3回国連防災世界会議の詳細は:

http://www.bosai-sendai.jp/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

gakujutsu.jpg

 

下記の通り開催されます。定員100名ですが、事前申し込みは不要。

 

2014年度 学術講演会「イタリアの地方文書館の多様性と特色」

 

日時: 2014129日(火) 16401830

会場: 中京大学 名古屋キャンパス アネックスホール(16号館6階)

主催: 中京大学社会科学研究所

講師: ドリット・ライネス 氏 (ヴェネツィア大学人文学科 准教授)

 

http://www.chukyo-u.ac.jp/research/irss/gakujutsu.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

article141202.jpg

 

下記の通り開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。

 

日時: 2014 12 20 日(土) 13301700

会場: 学習院大学 中央棟 301 (JR 山手線目白駅下車3分)

主催: 日本アーカイブズ学会、学習院大学人文科学研究所共同研究プロジェクト

「情報基盤としてのアーカイブズ制度を構築する戦略的研究」

協力: ARMA International 東京支部、記録管理学会、

          全国歴史資料保存利用機関連絡協議会

 

1 部: 記念講演(60 分) 高山正也 先生(独立行政法人国立公文書館フェロー)

" アーキビストの養成と記録・文書管理学の確立 "

2 部: パネルディスカッション

"法5年見直しの課題と焦点"(120 分)

パネリスト: 古賀 崇(天理大学)、小高 哲茂(群馬県立文書館)、

                西川 康男(ARMA International 東京支部)、早川 和宏(桐蔭横浜大学)

                 パネリスト報告とディスカッション(一部でフロアを含む)による

 

詳細は:

http://www.jsas.info/modules/news/article.php?storyid=198

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  index141202a.jpg

 

下記の通り開催されます。事前申込制、参加費無料、定員300名です。

 

日時: 20141214日(日)13001630(開場1200

会場: 国立民族学博物館講堂

主催: 一般社団法人文化財保存修復学会

共催: 国立民族学博物館

後援: 文化庁・日本文化財科学会・独立行政法人国際協力機構(JICA)・一般社団法人国宝修理装こう師連盟・読売新聞社

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

1200開場

1300-1305開会挨拶(理事長)

1305-1345基調講演「エジプト文明の壁画を保存する」吹田浩(関西大学)

1345-1355休憩

1355-1415報告「GEM-CCへの技術支援プロジェクト」末森薫(国立民族学博物館)

1415-1435報告「民博の資料管理技術をエジプトで活用する」日髙真吾(国立民族学博物館)

1435-1455報告「エジプト文明の金属製品を科学する」藤澤明(帝京大学)

1455-1515報告「エジプト文明の染織品を保存する」石井美恵(東京文化財研究所)

1515-1525休憩

1525-1625パネルディスカッション「日本の保存技術が古代エジプト文明の秘宝を救う」

コーディネーター:園田直子(国立民族学博物館)

パネラー:吹田浩、末森薫、日髙真吾、藤澤明、石井美恵

1625-1630閉会挨拶(副理事長)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お申込み詳細は:

http://jsccp.or.jp/sympo_minpaku/index.php

 (文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事