カンファレンス: 2012年4月アーカイブ

bunnkazaidokuta.jpg

 

東日本大震災から一年経過し、文化庁が昨年5月以降に実施している「文化財ドクター派遣事業」の活動報告会が開催されます。参加費無料、事前申し込み不要です。(文責 神谷)

 

日時: 2012512日(土) 13001700

会場: 文部科学省東館3階講堂(東京都千代田区霞が関3-2-2

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

13001310 主催者挨拶 近藤誠一(文化庁長官)

13101315 事業概要説明 村田健一(文化庁文化財部参事官)

13151415 被害報告

          今回の地震と建造物被害の特徴 豊城浩行(文化庁文化財部参事官付

主任文化財調査官)

          東北地方の被害報告と復旧経緯 永井康雄(山形大学域教育文化学部

                                     教授)

関東地方の被害報告と復旧経緯 山崎鯛介(千葉工業大学建築都市

                           環境学科准教授)

土木遺産の被害報告 阿部貴弘(日本大学理工学部社会交通工学科

                     准教授)

14151515 行政と専門家の連携

          宮城県のとりくみ 関口重樹(宮城県教育庁文化財保護課

                            保存活用班技術主査)

                      永井康雄(山形大学域教育文化学部教授)

茨城県のとりくみ 田村和浩(前茨城県教育庁文化課文化財保護主事)

            藤川昌樹(筑波大学システム情報系社会工学域

                   教授)

近畿二府四県からの支援 鶴岡典慶(京都府教育庁指導部文

                       化財保護課副課長)

15151530 休憩

15301600 技術支援の事例

          栃木県真岡市の事例 上野勝久(東京藝術大学大学院

                              文化財保存学専攻教授)

          社団法人日本建築家協会(JIA)の取り組み 

篠田義男(㈱篠田義男建築研究所代表取締役)

16001645 パネルディスカッション

          コーディネーター 後藤 治(工学院大学建築学部教授)

16451655 まとめ 阪神淡路大震災の教訓から 

          村上裕道(兵庫県教育委員会文化財課長)

16551700 閉会挨拶 石野利和(文化庁文化財部長)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

文化庁報告会案内(pdf 610KB):

http://www.bunka.go.jp/ima/press_release/pdf/doctor_haken_120426.pdf

文化庁トップページ:

http://www.bunka.go.jp/

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

symposium1204.jpg

 

2011311日に発生した東日本大震災から1年余り経過し、被災地における資料保存の現状と課題、災害対策や歴史資料の保存について報告と討議が行われます。(文責 神谷)

 

テーマ: 「災害と歴史資料の保存―何のため・誰のために遺すのか―」

日時: 201269日(土)13001700

場所: 駒澤大学駒沢キャンパス 1-204教場

参加費:資料代を当日支払い。

主催: 地方史研究協議会

 

内容:

基調報告 「地域・ふるさと、そして歴史資料」 大阪電気通信大学教授 小田康徳氏

報告1  「震災後1年、被災地における資料保存の現状と課題」 

      福島県歴史資料館 本間 宏氏

報告2  「歴史資料の調査と自治体の役割」 大分県立先哲史料館長 平井義人氏

全体討論

 

詳細は:

http://chihoshi.jp/symposium.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック