カンファレンス: 2011年6月アーカイブ

 

koubunnshokannsemina.jpg

 

県内市町村職員や県職員を対象に、全国歴史資料保存利用機関連絡協議会と沖縄県公文書館が共催で下記のセミナーを開催します。(文責 神谷)

 

タイトル: 「公文書館機能普及セミナーin沖縄 公文書講演会」

日時: 201178日(金)9301630

会場: 沖縄県公文書館 講堂

 

プログラム:

午前の部(9301300

1.基調講演 「公文書管理の現場から―いま、私たちができること」 竹内 啓(札幌市文化資料室)

2.報告 「評価選別―シリーズ評価選別と基準表選別について」 富永一也(沖縄県文化振興会)

3.報告 「公文書館機能について」 新井浩文(埼玉県立文書館)

4.報告 「沖縄県市町村の事例報告」

外間より子(北谷町公文書館)、恩河尚(沖縄市総務部総務課市史編集担当)、泉川良彦(読谷村村史編集室)

 

午後の部(14001630

5.報告「LA連携の可能性―公文書館機能と図書館資源」呉屋美奈子(恩納村教育委員会・沖縄国際大学講師)

6.報告「実践的保存~まずは始めて見る!~」 柳下宙子(外務省外交資料館)

7.パネルディスカッション

 

オプショナル・プログラム お申し込み期限は6/30(木)。

8. 沖縄県公文書館見学(希望者のみ)

9.懇親会(希望者のみ/参加費2,000円)

 

お申込み詳細は:

http://www.archives.pref.okinawa.jp/stff/2011/06/in.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

information2011618internationa.jpg

 

タイトル:国際シンポジウム「未来へつなぐ世界遺産のあり方―東アジアの場合―」International Symposium 'How the World Heritage Should Be Toward the Future- in the cases of the East Asia-'

日時:2011618日(土) 14:0016:00

場所:国士舘大学世田谷キャンパス34号館B302教室

講演者:姜 大一(国立韓国伝統文化大学校 韓国) 

                    「韓国における保存と活用」

     杜 暁帆(ユネスコ北京事務所 中国) 

                    「中国世界遺産の現状と課題」

     沢田 正昭(国士舘大学 日本) 

                    「日本における世界遺産と観光」

 

お申込み詳細は、国士舘大学 アジア・日本研究センター:

http://www.a-jrc.jp/2011/05/information2011618internationa.html

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

   

51.jpg

 

東日本大震災で被災した茨城県内の文化財や歴史資料の救済と保全のための緊急集会です。県内外の研究者が情報や意見交換のシンポジウムを開催。第Ⅱ部の情報交換会には参加者が情報やデータを持ち寄り、配布することができます。入場無料、先着120名。申込等は不要です。

 

日時 :201172日(土) 13001700

会場 :茨城大学理学部インタビュースタジオ

内容 :

 

第Ⅰ部 基調講演

「いま歴史資料救済のために何をすべきか、何ができるのか」

歴史資料ネットワーク 奥村 弘(神戸大学教授)

 

第Ⅱ部 情報交換会

「茨城県内の文化財・歴史資料の被災状況と救済活動」

県内の文化財関係者や研究者からの報告を予定。(参加者が情報やデータを持ち寄り、報告や意見交換も可能。レジュメや写真データなどは、会場で印刷もできます。)

 

主催 :茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク準備会

共催 :茨城大学人文学部 茨城大学中世史研究会 近代茨城地域史研究会

後援 :茨城県教育委員会

問合せ :茨城文化財・歴史資料救済・保全ネットワーク準備会事務局

茨城大学人文学部 高橋 修研究室 FAX 029-228-8199(宛先明記)

 

ふくしま歴史資料保存ネットワークのブログに案内が掲載されています。

http://blog.ap.teacup.com/fukushimanet/51.html

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事