カンファレンス: 2011年4月アーカイブ

shuuhukugakkai110426.jpg

 

2011年6月4日(土)・5日(日)に行われる、文化財保存修復学会 奈良大会のセカンドサーキュラーがサイトにアップされました。研究発表が28本、ポスターセッションが120本予定されています。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsccp/data/event/con33_nara_sc.pdf (pdf 824KB)

 

関連イベントで、展覧会観覧・文化財関連施設・現場の見学会も開催されます。

下記7つのイベントです。

A大和文華館の特別企画展 

B奈良文化財研究所の施設見学

C橿原考古学研究所見学と博物館の展示観覧

D元興寺文化財研究所の施設見学

E正倉院正倉の施設見学

F興福寺金堂 再建事業現場の見学

G奈良国立博物館 文化財保存修理所の施設見学

Gは6/4(土)、その他は6/3(金)です。

 

お申し込みは往復はがきで、締め切りが5/12(木)です。

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsccp/data/event/con33_nara_event.pdf (pdf 299KB)

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20110423.jpg

「博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)の被災・救援情報」サイトは15人の有志によって、震災一カ月後の2011411日に、各施設の被災情報や救援情報を集約するために立ち上げられました。

 

saveMLAKプレスリリース:

http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9/20110411

 

(ご注意)参加者多数が予測されるため事前申込をした方を優先することに。

2011年4月21日

http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:Ev/20110423

 

saveMLAKは下記の通り、初のイベント 緊急討議「東日本大震災 被災支援とMLAK―いまわたしたちにできることは」を開催します。学習院大学では日本アーカイブズ学会2011年度大会が4/23(土)と24(日)に行われます。

 

日時: 2011423日(土) 1300-1430

会場: 学習院大学(目白)南3号館203教室

http://www.gakushuin.ac.jp/mejiro.html

 

スケジュール・登壇者

発言1 MLAKの展開 岡本 真(ARG)

発言2 Mからの報告 山村真紀(ミュージアム・サービス研究所)

発言3 Lからの報告 常世田良(日本図書館協会事務局次長)

発言4 Aからの報告 青木 睦(国文学研究資料館研究部准教授)

発言5 Kからの報告 神代 浩(国立教育政策研究所教育研究情報センター長)

発言6 文化財レスキューから 栗原祐司(文化庁文化財部美術学芸課長)

司会 水谷長志(東京国立近代美術館情報資料室長)

各発言は8分程度、その後、フロアを交えて自由討議。

 

詳細は、saveMLAKイベント/20110423

http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/20110423

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

chihoushikennkyuu.jpg

 

日時 : 201164日(土) 13001700

会場 : 駒沢大学1号館 1-301教場

内容 : 報告1 地方史研究の現状と課題 

地方史研究協議会 桜井昭男

      報告2 全国アンケートからみえてきた地域資料の保存状況 

全史料協関東部会 福島紀子

      報告3 自治体史編さん事業後の動向と自治体史の再検証 

北区立中央図書館地域資料専門員 保垣孝幸

      報告4 広域ネットワークによる地域資料の保存と地方史研究 

―県境を越えた結びつきから― 

徳島県松茂町歴史民俗資料館主任学芸員 松下師一

      全体討論 

司会 新井浩文(地方史研究協議会)、長谷川伸(全史料協関東部会)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当日、資料代を徴収します。

 

下記、それぞれのサイトにシンポジウムの案内が載っています。(文責 神谷)

地方史研究協議会:

http://wwwsoc.nii.ac.jp/chihoshi/index.html

全国歴史資料保存利用機関連絡協議会関東部会:

http://www.edu.gunma-u.ac.jp/~shozawa/zensikan.html

 

文献「歴史資料の保存と地域史研究」(200910月刊行):

http://www.tokushu-papertrade.jp/digimon/mon-blog/mt-search.cgi?search=%E5%9C%B0%E6%96%B9%E5%8F%B2&IncludeBlogs=1

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

blog-post.jpg

 

Museum Career Development Network(MCDN、代表 岩淵潤子)が慶應義塾大学で全2回の公開講座を開催します。入場無料、予約不要です。

 

被災ミュージアムの取材報告や文化庁文化財部学芸課長 栗原祐司氏による「文化財レスキュー」に関する特別報告、海外の例で「ドレスデン国立美術館の水害被災と諸外国の対策」(MCDN 岩淵潤子代表)などの報告が予定されています。

日時は416日(土)15001700430日(土)15001700です。(文責 神谷)

 

講座概要など詳細はMCDNサイトで:

http://www.mcdn.jp/2011/04/blog-post.html

MCDNは「美術館に力を!」を合言葉に、ミュージアムや文化施設を目指す人や携わっている人たちを支援しています。

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

index110412.jpg

 

新潟大学は、1969年に理学部附属地盤災害研究施設(地すべり研究分野)を設立。2006年に災害・復興科学センターを設置し、20114月に災害・復興科学研究所を開所しました。

http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/

 

研究所の開所記念シンポジウムを下記の通り開催します。

参加費無料、事前申込不要、閉会後の意見交換会は有料です。

 

日時: 2011423日(土)13301745

会場: 新潟大学 総合教育研究棟260番階段教室

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開会 13301340 

新潟大学学長開会挨拶 下條文武学長

研究所紹介 13401410 

災害・復興科学研究所 丸井英明所長「災害・復興科学研究所の目指す事業」

質疑 14101420

 

基調講演 14201450 

UNESCO防災部 バダウイ・ルーバン部長 「自然災害の軽減に向けたUNESCOの役割と戦略」

質疑 14501500 

(休憩)

特別報告 

東北大震災に関する緊急報告 

15201630 司会 災害・復興科学研究所 川邉 洋教授

特別講演 

産業技術総合研究所活断層地震センター 岡村行信センター長 「東北巨大地震の全体像」

東京大学地震研究所災害科学系研究部門 纐纈一起教授 「東北太平洋沖地震の発生メカニズム」

災害・復興科学研究所 田村圭子教授 「超広域災害への対応-内閣府Emergency Mapping Teamの目指すもの-

 

パネルディスカッション 

防災・減災における国際連携の強化

16301740 モデレーター 新潟大学 浮田甚郎教授、丸井英明教授

パネリスト 中国駐新潟総領事館 王 華総領事

        クロアチア国スプリット大学 オグニエン・ボナッチ教授

        京都大学防災研究所総合防災研究グループ 寶 馨教授

        国連大学 スリカンサ・ヘラート教授

        UNESCO防災部 バダウイ・ルーバン部長(コメント担当)

閉会 17401745 新潟大学副学長閉会挨拶 仙石正和副学長

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

意見交換会 18002000 災害・復興科学研究所開所意見交換

 

災害・復興科学研究所 シンポジウムのお知らせ:

http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/news/176/

シンポジウムプログラム(pdf 109KB):

http://www.nhdr.niigata-u.ac.jp/wp-content/uploads/2011/04/kickoff_sympo.pdf

 

(文責 神谷)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

1301470793.jpg

 

アートドキュメンテーション学会のデジタルアーカイブサロンが番外編を開催します。

タイトルは、「緊急討論! デジタルアーカイブの震災対策・今後の対応 東北関東大震災、各地の被災状況と今後の対策」 当日参加者の持ち寄りで発表という形式になります。

 

日時: 201148日(金) 18302200

場所: 科学技術館 6F 第2会議室(予定)

http://www.jsf.or.jp/map/

会費:1,000円(飲食代、資料代)

主な内容は、

・今回の震災の経緯(名前の変遷)

・地震、津波、原発 の大波

・福島県新地町を例に現地視察と救援から見えてきたこと

・各団体の被災報告・被災状況

・美術館、博物館、文書館、図書館などの被災状況と対応

・放射能が美術作品、図書、文化財に与える影響

・文化庁、文部科学省などの対応

・世界からの応援・支援申し入れ

・今後の対応

詳細は:

http://d.hatena.ne.jp/JADS/20110330/1301470793

(文責 神谷)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック