カンファレンス: 2010年4月アーカイブ

bunnkazainogennzaikakomirai.jpg

 

文部科学省グローバルCOEプログラム「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」(立命館大学)と立命館大学アート・リサーチセンターは、430日(金)・51日(土)に『文化財の現在・過去・未来 ─デジタルとアナログ共存の意義─』のタイトルでシンポジウムを開催します。(参加費無料)

 

「本シンポジウムは、文化を継承する人間を含めたすべての事象を「文化財」として捉える。そして、デジタルとアナログ技術に携わる現在活動中の文化の作り手、担い手、伝い手たちを一堂に招き、それぞれの立場から文化財の現状をお話し頂きながら、文化財保護・継承にまつわる問題点を引き出し、デジタルとアナログが共存していくためにどのような方策を取っていくべきかを検討しながら議論することを目的とする。」(立命館大学アートリサーチセンター サイト「企画について」「はじめに」から引用)

 

プログラム概要は下記の通り。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『文化財の現在・過去・未来 ─デジタルとアナログ共存の意義─』

 

(第1部)文化財の過去そして現在-作る人、伝える人

日 時:430日(金)13001700 (1800より懇親会)

講 演:「伝統色と文化財」吉岡幸雄(染織家・染司よしおか当主)

     「和菓子文化の伝承」中山圭子(株式会社 虎屋)

  「実演・和菓子制作」増戸 稔(株式会社 虎屋)

懇親会:立命館大学末川記念会館レストランカルム

    一般 5,000 円、学生 2,000 円(懇親会は事前申込制)

 

(第2部)文化財の現在そして未来-伝える人、守る人

日 時:51日(土)9001800

講 演:Joe D. Price (日本近世絵画コレクター) The Man Who Painted Light(光を描いた男)」

発 表:関地久治(有限会社 墨仙堂社長)

    山本 修(株式会社 便利堂コロタイプ工房長)

    赤間 亮(立命館大学大学院文学研究科教授・拠点リーダー)

    彬子女王(立命館大学ポストドクトラルフェロー)

 

会 場:立命館大学 創思館1階カンファレンスルーム(12部とも)

お申込み詳細は:http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/GCOE/culturalasset/index.html

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック