資料保存の現場から: 2017年4月アーカイブ

TML-FB170412.jpg

東京都立中央図書館では、東日本大震災の津波で被災した陸前高田市立図書館 郷土資料の修復を平成25年から行っていますが、この度、追加で受け入れていた資料83点についても修復を完了したとのことです。
修復の完了した資料は、中性紙で出来た保存箱に収め陸前高田へ送り出されました。

陸前高田市立図書館は、新館として今年の6月に嵩上げした土地に新たに開館予定。
里帰りした資料の展示会も計画されているそうです。

詳細は:
東京都立中央図書館 facebook

https://www.facebook.com/tmlibrary/posts/1598870993461047

陸前高田市立図書館 facebook

https://www.facebook.com/RikuzentakataCityLib/photos/a.709637592495305.1073741827.709330319192699/1167723430020050/?type=3&theater


(文責 秋田)
| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事