資料保存の現場から: 2015年2月アーカイブ

saigaitobunnkazai.jpg 

本書は、2011年に発生した東日本大震災を契機とした文化財レスキュー活動をもとに書かれたものです。著者は、国立民族学博物館の准教授です。ご専門は保存科学、民俗学です。

 

主な内容は、

はじめに

序章 災害による文化財レスキュー事業は必要か

1節 はじめに

2節 文化財保護法の観点にたった文化財レスキューの意義

   3節 被災地に文化財を残すための文化財レスキューの意義

   4節 小結

1章 災害発生時の文化財の支援活動-救出から応急措置まで

1節 はじめに

2節 文化財等レスキュー事業の概要

   3節 救出活動

   4節 一時保管と整理・記録

   5節 応急措置

   6節 小結

2章 被災文化財から文化財へ-保存修復および恒久保管

1節 はじめに

2節 民俗文化財の保存処理

  3節 能登半島地震で被災した穴水町指定文化財「明泉寺台燈籠」の保存修復

   4節 東日本大震災で被災した民俗文化財の脱塩処理

   5節 一時保管場所の環境改善-気仙沼市旧月立中学校での取り組み

6節 小結

3章 被災文化財を再生する-研究・活用

1節 文化財再生の試み

2節 能登半島地震で被災した穴水町指定「明泉寺台燈籠」の研究

   3節 被災文化財を活用し地域文化の理解を促す試み

4節 被災地における無形民俗文化財への眼差し

5節 博物館展示と被災文化財

6節 小結

終章 終章 未来へ-災害の経験をどのように活かし、どのように伝えるのか

1節 文化財の防災と減災

   2節 ミュージアムの危機管理に関する研究活動

   3節 被災した民俗文化財の応急措置ワークショップの取り組み

4節 結びにかえて

あとがき

 

『災害と文化財―ある文化財化学者の視点から』 

著者: 日髙真吾(国立民族学博物館 准教授)

発行: 一般財団法人 千里文化財団

http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/publication/other/gaibu/150227hidaka

発行日: 2015227

判型: A5判、248

価格: 1,800円(税別)

(文責 神谷)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexab150225.jpg

 

書籍や紙資料、紙作品などの保存修復処置を行っている㈱Conservation for Identity(埼玉県さいたま市)がSmithsonian American Art Museumのダゲレオタイプ写真に対する簡易保存容器の作り方を紹介しています。容易に誰にでも作れそう、小さくて軽い書籍にも使えそうと言っています。

 

詳細は:

http://www.cfid.co.jp/2015/02/25/daguerreotype-box/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

10150225.jpg

 

安井建築設計事務所(東京都千代田区)が設計に携わった「東京国立近代美術館の相模原分館 映画保存棟Ⅱ」を自社サイトの広報リーフレット『対話力は設計力』10号ほかで紹介しています。

 

映画保存棟Ⅱでは、脆弱な映画フィルムを保存。温湿度を235%RHに安定させるため、保存庫を地下にして、建物の構造を魔法瓶のような2重構造にしています。間に空気の層があるため外気の変化が内部に伝わりにくくなっています。普段はなかなか見ることのできないバックヤードを豊富な写真を載せて紹介しています。

 

デジタル技術が進歩して、現在、映画館の上映の90%はデジタル機器によるものだそうですが、オリジナルの保存はフィルムでおこなわれています。映画のデジタルデータでの保存は格段にコスト高になるためです。フィルムメーカーから長期保存用のフィルムも発売されています。温湿度や光などから作品を保護すれば500年は持つということです。

 

安井設計事務所『対話力は設計力』10号:

http://www.yasui-archi.co.jp/ys/design/10.html

安井設計事務所TODAY!

http://www.yasui-archi.co.jp/ys-today/20150225.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

project-partners-needed.jpg

 

米国の画像工学研究所(IPIImage Permanence Institute)は機械システムの最適化のための新しい方法を開発するための協力機関を求めています。対象は米国内の非連邦政府機関3機関とのことです。IMLS(The Institute of Museum and Library Services:博物館図書館サービス振興機構)の助成によるプロジェクトです。

 

実験は保存環境の包括的なガイドラインを作成するためのものです。協力者には、IPIが開発した環境データ管理や分析のためのツール"eClimateNotebook"や温湿度を連続的に測定・記録できる"PEM2®data loggers"USBフラッシュドライブなどが無償提供されます。

 

詳細は(英語):

https://www.imagepermanenceinstitute.org/environmental/project-partners-needed

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  20150219.jpg

 

エジプトのギーザに建設中の大エジプト博物館は20158月に完成予定です。新たな博物館は、ツタンカーメンの黄金のマスクなどエジプトのカイロにあるエジプト考古学博物館の収蔵品などを引き継ぐそうです。日本は、総工費のうち3億米ドルの円借款と文化財データベース構築支援、保存修復家の育成などを行っています。

 

エジプトでは20102012年にかけて発生した騒乱「アラブの春」でも多数の文化財が傷つけられました。破れたパピルスの補強には日本の和紙が使われています。修復の様子や美術梱包輸送の訓練などを動画で観ることができます。

 

"Lending a Helping Hand"(英語):

http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/news/culturesports/20150219.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

3-846c.jpg 

 

山形文化遺産防災ネットワークの展示会と報告会が下記の通り開催されます。

 

■山形県における東日本大震災文化財レスキューパネル展 

日時: 201537日(土)~24日(火) 9001900 月曜日と15日休館

開催場所: 山形県生涯学習センター遊学館1Fロビー

入場無料です。

主催: 山形文化遺産防災ネットワーク

後援者: 山形県、山形県立博物館、山形県立図書館、山形県博物館協議会、

東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター、山形県生涯学習文化財団ほか

 

主な展示内容(パネル展示)

東日本大震災文化財レスキューの概要(山形文化遺産防災ネットワークを中心に)

山形県内で取り組まれた文化財レスキューの事例

被災地の声、そしてこれからの備えへ

 

■山形文化遺産防災ネットワーク2014年度報告会・研修会 

日時: 2015314日(土) 13:00開会(開場 1230) 16:30閉会

場所: 山形県生涯学習センター遊学館 特別研修室

 

講  演 :

演題1『過酷気象条件下の文化遺産の保存』

講師 澤田正昭氏(東北芸術工科大学文化財保存修復研究センター)

演題2『災害と復興の文庫(ふみくら)をつくる~長岡市立中央図書館文書資料室10年の取り組み~』講師 田中洋史氏(長岡市立中央図書館文書資料室)

 

申し込み: 定員(50人)になり次第締め切り(当日参加可能)

(会場、資料の都合上なるべくお申し込みください)

参加費: 無料

 

詳細は:

http://yamagatabunkaisan.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/3-846c.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

  ?p=6265.jpg

 

東京大学経済学部資料室が特任専門職員2名を公募しています。

雇用期間は、 1201541日~2018331日(1名)、2201541日~2015731日(1名)。職務内容は、1)資料の修復・保存・公開に関する業務、2)その他、東京大学経済学部資料室の運営に関する諸業務です。勤務時間は16時間、週5日。

応募締切りは201536日(金)です。

 

詳細は:

http://www.lib.e.u-tokyo.ac.jp/?p=6265

(文責 秋田)

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

 

page4_0010031.jpg

 

 

外務省外交史料館(東京都港区)が日本外交文書編纂の補助を業務内容とした非常勤職員を1名募集しています。勤務日数は週3日、任用期間は201541日~2016331日までで、勤務成績などにより更新可能とのことです。

希望者は2015227日(金)必着で履歴書を送付。

 

詳細は:

http://www.mofa.go.jp/mofaj/ms/da/page4_001003.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

dejitaruakaibunosaizennsenn.png

 

著者は、東京大学総合教育研究センター非常勤講師、愛知大学非常勤講師です。

インターネットの時代に入って年月が経ちますが、本書は、ネットには大量の情報があふれており、直ちに消費され消滅していっているという現状を危惧して書かれたものです。このままでは現代の記録は残らず、後世から見て記録や歴史遺産が何もない時代になってしまう恐れがあるといっています。

デジタルの時代に入って歴史的記録やテレビのニュース、ホームページなどをはじめとして映画や家族写真、音の保存、芸術作品のアーカイブなど幅広い分野で記録が残らない可能性があるのです。

 

海外のアーカイブの事例や日本における著作権などの法制の問題なども取り上げています。図書館や博物館などが個々に立ち上げているデジタル・アーカイブを統合した欧州のユーロピアーナや日本国内で動き出した「アーカイブ立国宣言」など最近の話題も取り上げています。

 

主な内容・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

はじめに

第1章      歴史を記録するアーカイブ

東日本大震災とアーカイブ

テレビニュースを保存しよう

昔のホームページはどこに

第2章      文化を記録するアーカイブ

映画を消滅から救う

家族の写真を保存する

音を保存しよう

芸術作品のアーカイブ

第3章      活字を記録するアーカイブ

本をアーカイブする

新聞記事で歴史をひもとく

作られなかった議事録

アカデミズムのアーカイブ

第4章      アーカイブの技術

デジタルデータの技術

アーカイブのネットワークで世界がつながる

第5章      これからのアーカイブ

アーカイブに立ちふさがる壁

デジタルヒューマニティーズのすすめ

エピローグ

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

『デジタル・アーカイブの最前線 知識・文化・感性を消滅させないために』

ブルーバックス B-1904

著者: 時実象一(ときざねそういち)

発行所: ㈱講談社     

http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062579049

発行日: 2015220

判型: 新書判、224

定価: 860円(税別)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

sending_staff150218.jpg

 

国立国会図書館は毎年、各図書館等に向けた資料保存の研修講師の派遣をしていますが、今年も派遣先の募集を開始します。募集期間は平成2739日(月)~320日(金)です。

研修の所要時間は13時間程度で派遣の日程などは応相談とのことです。

 

詳細は:

http://www.ndl.go.jp/jp/aboutus/preservation/coop/sending_staff.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

indexc150216.jpg

 

214日・15日に神戸で開催された全国史料ネット研究交流集会は2日間で250名の参加があり、「『地域歴史遺産』の保全・継承に向けての神戸宣言」を採択したとのことです。

 

詳細は:

http://siryo-net.jp/info/201502-kobe-declaration/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index150216.jpg

 

IPI (Image Permanence Institute:画像工学研究所)211日にオンラインセミナーを実施しました。セミナーの記録はpdfと動画(you Tube)で観ることができます。

 

主な内容は、保存とエネルギー削減のバランスをとることや、温湿度による資料の劣化事例、過去数十年の保存環境の基準と近年の研究成果による新たな環境基準の策定、極端に脆弱な資料の保存環境などです。

 

IPIは、NEH(The National Endowment for the Humanities:全米人文科学基金)IMLS(Institute of Museum and Library services:博物館図書館サービス機構)の助成により"Sustainable Preservation Practices for managing storage environments"という研究プロジェクトをすすめています。

 

オンラインセミナーの記録(英語):

http://www.ipisustainability.org/series-iii/webinar-recordings/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

?p=1#1423815265-278863.jpg

 

下記の通り開催されます。

 

日時: 201536日(金) 16001730

場所: 東京文化財研究所 地下1階セミナー室

題目: 「文化財を取り巻く環境と保存特に水に関わる諸問題について

 

お問い合わせ詳細は:

http://www.jcpnpo.org/news/?p=1#1423815265-278863

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index150212.jpg

 

今週末、神戸国際会館にて開催の「全国史料ネット研究交流集会」の模様が下記のページでインターネット中継される予定です。配信予定時刻と配信URLは以下の通りです。

 

2015214日(土) 13:00-18:00(日本時間)

https://plus.google.com/events/cg15lcba8tvmd50uljmhmgt4trk

2015215日(日) 9:30-13:00(日本時間)

https://plus.google.com/events/c7hbfjqljocee7u3l326fjcr12o

 

詳細は:

http://siryo-net.jp/event/201502-koryushukai-live/

(文責 秋田)

 

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

kokudo150210.JPG

 

同書は、東日本大震災の際に過酷な災害対応を行った国土交通省の東北地方整備局が記したもの。首都直下地震や東海・東南海・南海地震の発生が危ぶまれる中、各地方整備局の指揮官向けに、災害対応の行動規範となる具体的な指針を整理している。(サイトより転載)

日本語版と英語版があります。どちらもダウンロード無料ですが、無料ソフト「Kindle」が必要です。

 

紹介サイト(INTERNET Watch)

http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150210_687662.html

日本語版:

http://www.amazon.co.jp/dp/B00S8UXG9G

英語版:

http://www.amazon.co.jp/dp/B00S8UXFU6

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

sanitize150209.jpg

 

紙や写真からデジタルデータまで、広い範囲の長期保存を研究している米国議会図書館(LC)PRTD(The Preservation and Testing Division)が、図書館などの公共機関に設置されている手指の消毒剤の紙資料への影響を調べました。

 

実験に使った消毒剤は大別してアルコール系(2種)と非アルコール系(3種)の2タイプ5種類です。実験方法はTAPPI544(紙パルプ試験方法、紙または板紙の湿潤鉄処理および熱処理による強制劣化試験)に沿って行われました。用紙の種類は1)新聞紙、2)艶出し加工した紙もしくはコート紙、3)ワットマン濾紙、4)高級便箋用紙でした。

 

9050%RHの温湿度環境で劣化促進試験を行ったところ、アルコール系の消毒剤のほうが非アルコール系の消毒剤より、紙を黄変させたことがわかった、ということです。

 

詳細は:

http://www.loc.gov/preservation/scientists/projects/sanitize.html

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

陸高展示チラシ最終版.jpg

東京都立中央図書館では下記の通り「大津波からよみがえった郷土の宝 - 陸前高田市立図書館 郷土資料の修復展 - 」が開催されます。

これは、当館が行っていた岩手県陸前高田市立図書館郷土資料の本格修理の第一次51点が完了し、3月20日の返還を前に行われるものです。

展示の内容は、震災後、1年にわたり車庫跡に山積みにされていた資料を救い出し、汚泥を除去する様子、水で紙の汚れを取る工程やページの破れ、欠損、カビでボロボロになった紙の補修、製本の様子などを写真とパネルで紹介するそうです。

修復が終了した郷土資料の展示が行われる他、使用した道具類の一部も展示されます。

入場料は無料です。

 

会期: 2015年2月20日(金)~3月11日(水) ※3月5日(木)は休館日

会場: 東京都立中央図書館 1階入口 ロビー

     〒106-8575 東京都港区南麻布5-7-13(有栖川宮記念公園内)

 

詳細は:

http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=1060

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

tml20150203.jpg

 

 

東京都立図書館では平成27年度一般職非常勤職員として資料修復専門員の募集をしています。

 

 職務内容: 和装本及び洋装本の資料修復、資料保存に関する業務補助等
 募集人員: 1
 勤務場所: 東京都立中央図書館(東京都港区南麻布5-7-13
 申込期限: 平成27212日(木)

 

その他、整理業務支援員、協力業務支援員、図書館サービス支援員、施設管理支援員も募集しています。

職種により、応募資格や選抜方法、勤務地や申込期限が異なりますのでご注意下さい。

 

詳細は:

http://www.library.metro.tokyo.jp/home/news/tabid/2287/Default.aspx?itemid=1058

(文責 秋田)

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index150202b.jpg

 

書籍や紙資料などの修復をしている株式会社conservation for Identity(CFID、埼玉県さいたま市)が展示会で配布していた「資料の何をどう残すのか?-保存修復事例集-」が好評のため増刷、希望者に無料送付しています。

 

内容は下記の通りです。

 

・西洋古典籍の保存修復処置

・和装本の保存修復処置

・ステープル綴じ本の保存修復処置

・近現代紙資料の保存修復処置

・企業アーカイブズの保存修復処置

・学校アーカイブズの保存修復処置

・浮世絵版画の保存修復処置

・西洋版画の保存修復処置

・博物館資料の保存修復処置

・西洋古版地図の保存修復処置

 

お申込み詳細は:

http://www.cfid.co.jp/2015/02/02/jirei/

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

index150202.jpg

 

東京国立博物館では、2015217日(火)~315日(日)まで、本館特別1室において特集展示「東京国立博物館コレクションの保存と修理」を開催します。展示に合わせ、下記の通りギャラリートークが行われます。

 

2015224日(火) 14001430 本館特別1

「絵画・書跡修理の現場から」 保存修復室主任研究員 沖松健次郎

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=3&id=7679

 

201533日(火) 14001430 本館17

「予防保存と修理保存」 環境保存室長 和田 浩

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=3&id=7680

 

2015310日(火) 14001430 本館11

「愛染明王の事と、その修理前後」 調査研究課主任研究員 鷲塚麻季

http://www.tnm.jp/modules/r_event/index.php?controller=dtl&cid=3&id=7681

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

survey-use-japanese-paper-western-paper-conservation.jpg

 

オーストラリアの修復家団体AICCM (The Australian Institute for the Conservation of Cultural Material)が洋紙の修復に使う和紙についてアンケートを募集しています。タイトルは" Survey on use of Japanese paper in Western paper conservation"で、アンケート結果は大英博物館ほかで紙の修復をされている水村 恵さんが20154月に行われるカンファレンスで報告することになるそうです。

 

詳細は(英語):

http://www.aiccm.org.au/events/survey-use-japanese-paper-western-paper-conservation

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)

20150201.jpg

 

下記の通り開催されます。対象は研究者、参加費無料、事前申し込み不要で、定員は先着50名です。

 

日時: 2015220日(金) 13:30 - 18:00

場所:国立民族学博物館 第5セミナー室

 

プログラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

13:30 - 13:40 趣旨説明 園田直子(国立民族学博物館)

13:40 - 14:00 「温度・湿度分析システム・スモールパッケージ試作版の概略」 

河村友佳子(元興寺文化財研究所)

14:00 - 17:00「考古・歴史・民俗資料の保存環境分析」 

小瀬戸恵美(国立歴史民俗博物館)

         「典籍・文書資料の保存環境分析」 青木 睦(国文学研究資料館)

         「文化財の保存環境分析」 神庭信幸(東京国立博物館)

 (休憩)

         「写真資料の保存環境分析」 山口孝子(東京都写真美術館)

         「地方博物館での保存環境分析」 芳賀文絵(東北歴史博物館)

ディスカッション

17:10 - 17:30「生物生息調査分析システム・スモールパッケージ試作版の概略」 

和髙智美(文化創造巧芸)

17:30 - 18:00

総括・今後の展望 園田直子(国立民族学博物館)

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お問い合わせ詳細は:

http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20150220

 

(文責 秋田)

 

 

 

 

| | コメント(0) | トラックバック(0)
株式会社TTトレーディング
デジタルもんじょ箱トップへ

最近のトラックバック

過去の記事